ニュース

宮沢章夫、風間俊介らによるサブカル史番組の第3弾、テーマは90年代

『ニッポン戦後サブカルチャー史III 90'sリミックス』
『ニッポン戦後サブカルチャー史III 90'sリミックス』

『ニッポン戦後サブカルチャー史III 90'sリミックス』が、5月28日からNHK Eテレで放送される。

同番組は、2014年と2015年に放送された『ニッポン戦後 サブカルチャー史』の第3弾。今回は戦後の日本社会にとって大きな変化を経験した時代である1990年代に注目し、様々なジャンルの変化の正体に迫ると共に、日本の創造力の源泉について考える。

全4回の講師を務めるのは劇作家の宮沢章夫。聞き手は前回に引き続いて風間俊介が担当するほか、大原櫻子も新たに加わる。

第1回は「“渋谷系”とDJカルチャー」をテーマに、「渋谷系」の発信地となった1990年代の渋谷の秘密に迫る。第2回はお笑い、漫画、小説などを取り上げ、第3回では北野武監督作品を中心に、90年代に生まれた映画の新たな表現に注目。第4回では現代にも通じる変化の時代における「リアル」を探る予定だ。

番組情報

『ニッポン戦後サブカルチャー史III 90'sリミックス』

2016年5月28日(土)から毎週土曜24:00~24:50にNHK Eテレで放送

出演:
宮沢章夫
風間俊介
大原櫻子

『ニッポン戦後サブカルチャー史III 90'sリミックス』
『ニッポン戦後サブカルチャー史III 90'sリミックス』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)