ニュース

星野源が「先輩」役、森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』アニメ映画化

森見登美彦の小説『夜は短し歩けよ乙女』がアニメーション映画化。4月7日から全国で公開される。

2006年に刊行された『夜は短し歩けよ乙女』は、『第20回山本周五郎賞』を受賞し、累計売上120万部を記録している作品。京都を舞台に、後輩である「黒髪の乙女」に想いを寄せる「先輩」が、彼女の目に留まろうと日々奮闘しながら様々な騒動に巻き込まれる様を描く。

後輩との距離を一向に進展させることができない先輩の声を演じるのは星野源。監督を森見原作のアニメ『四畳半神話大系』や映画『マインド・ゲーム』などを手掛けた湯浅政明が務める。

さらに脚本の上田誠(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案の中村佑介、主題歌を担当するASIAN KUNG-FU GENERATIONといったアニメ『四畳半神話大系』のクリエイター陣が再集結。アニメーション制作はサイエンスSARUが担当する。今回の発表とあわせて公開された中村佑介によるキービジュアルには、京都の四季を背景に先輩の姿が描かれている。また特報映像も公開された。

星野源のコメント

湯浅政明監督からある日、直筆の手紙が送られてきました。お会いしたこともないのになぜ?と思いながら封を開けると「星野源さんに主人公を演じていただけたら、絶対に面白い作品になります」と直筆にてオファーの言葉がありました。映画『マインド・ゲーム』を観た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした。
“先輩”役、とても楽しみです。何卒よろしくお願いします。

湯浅政明監督のコメント

森見登美彦先生の御長女「夜は短し歩けよ乙女」待望のアニメ映画化です!
「四畳半神話大系」のスタッフが再び集結して張り切って制作いたしました!映画はタイトル通り、乙女が一晩歩き続けながら進行します!森見先生が構想しながら使わなかったアイディアも実現!以前読んだ時は気づかなかった、思わぬキャラクターの関係も読み解きました!
先輩の声を、なんと星野源さんが担当という事も皆が張り切る理由に!!
面白いこと請けあいなので、ぜひ劇場でご覧になってください!!

森見登美彦のコメント

これまでの長い紆余曲折を振り返れば感無量。
湯浅監督をはじめ関係各位のご尽力に深く感謝しつつ、「黒髪の乙女」と銀幕で出会える日を楽しみにしております。

『夜は短し歩けよ乙女』キービジュアル ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
『夜は短し歩けよ乙女』キービジュアル ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
星野源が声を演じる「先輩」キャラクタービジュアル ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
星野源が声を演じる「先輩」キャラクタービジュアル ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)