ニュース

プリンス主演映画『パープル・レイン』を東西Zeppで上映、絶叫もOK

『プリンス パープル・レイン』 ©1984 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『プリンス パープル・レイン』 ©1984 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

上映イベント『プリンス1周忌直前、映画「プリンス パープル・レイン」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東阪』が、2月20日に東京・お台場のZepp DiverCity、大阪・Zepp Nambaで開催される。

今年4月に逝去したPrinceが、1984年に初主演した映画『プリンス パープル・レイン』。あるミュージシャンが挫折しながらもスターへの道を歩む姿を描いた自伝的作品となる。同作は『第57回アカデミー賞』で歌曲・編曲賞を受賞し、Prince and The Revolution名義でリリースされたサウンドトラックが『第27回グラミー賞』映画・テレビサウンドトラック部門の最優秀賞に輝いた。

同イベントでは、音楽ライブ用の音響システムと、4Kに対応した映写機、縦9メートル、横15メートルのスクリーンを用いて同作を上映。会場は通常のライブと同様に「絶叫OK」になるという。チケットの抽選先行予約は12月25日まで受付中。一般販売は12月29日15:00にスタートする。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

『プリンス パープル・レイン』 ©1984 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
『プリンス パープル・レイン』 ©1984 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)