ニュース

星野源の新刊『いのちの車窓から』3月刊行、『逃げ恥』撮影の裏側も綴る

星野源の新刊『いのちの車窓から』が、3月30日に刊行される。

本日12月20日に出演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が最終回を迎える星野。『いのちの車窓から』は雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年から連載されている同名エッセイを書籍化したもの。新たな書き下ろしも加えられており、『逃げるは恥だが役に立つ』撮影現場のエピソードや、念願だったという『NHK紅白歌合戦』への出場について、楽曲“SUN”“恋”の制作の裏側、さらに別人としてTwitterを使用していたエピソードなどが綴られている。

星野源のコメント

星野源のエッセイ集が3月に発売になります。自分の中で、年々書くことが楽しくなってきていて、その最中に生まれた文章が一冊にまとまると思うと、とても嬉しいです。『いのちの車窓から』には、この2年間自分が見つめてきた景色と、それによって心が動いた瞬間の両方が詰まっています。言葉にできない想いを言葉にする為に向き合う文筆の作業は、とても面白いです。是非読んでいただきたいです。よろしくお願いします。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

ハリウッドザコシショウ“ゴキブリ男(Video Edit)”

ハリウッドザコシショウの歌手デビュー曲“ゴキブリ男”のPV。石野卓球が作詞・作曲・プロデュースを手がけたと知って納得。キワモノに聴こえない仕上がりには流石の一言です。コーラスにはピエール瀧も参加しており、電気グルーヴ仕様にも俄然興味が湧く。なお、卓球は「こう言っちゃなんだけど、ゴキブリの歌が売れるわけねえだろ!」とコメント。(山元)