ニュース

富田克也新作『バンコクナイツ』予告編、「娼婦・楽園・植民地」がテーマ

空族の新作映画『バンコクナイツ』の予告編とメインビジュアルが公開された。

2月25日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開される同作は、富田克也が監督・脚本、相澤虎之助が共同脚本を手掛けた作品。「娼婦・楽園・植民地」をテーマに据え、タイの娼婦たちと日本人が織りなす物語が描かれる。富田監督は主人公の娼婦・ラックと5年前に別れた男・オザワ役で出演しているほか、田我流もキャストに名を連ねる。

予告編は、タイに住み着いた日本人の男たちと、彼らから金をせしめようとするタイ人の娼婦たちの姿を映したもの。オザワに「本当に私のこと愛してた?」と尋ねるラックの姿や、ラックの故郷ノンカーイでオザワがラックの家族と交流する場面、メコン川に現れる謎の生物パヤナークの様子などが確認できる。またメインビジュアルにはラックをはじめとする5人の娼婦の姿が写し出されている。

『バンコクナイツ』 ©Bangkok Nites Partners 2016
『バンコクナイツ』 ©Bangkok Nites Partners 2016
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

ハリウッドザコシショウ“ゴキブリ男(Video Edit)”

ハリウッドザコシショウの歌手デビュー曲“ゴキブリ男”のPV。石野卓球が作詞・作曲・プロデュースを手がけたと知って納得。キワモノに聴こえない仕上がりには流石の一言です。コーラスにはピエール瀧も参加しており、電気グルーヴ仕様にも俄然興味が湧く。なお、卓球は「こう言っちゃなんだけど、ゴキブリの歌が売れるわけねえだろ!」とコメント。(山元)