ニュース

『マジンガーZ』が映画化 ブレストファイヤーが燃えるビジュアル公開

『劇場版 マジンガーZ(仮)』イメージビジュアル
『劇場版 マジンガーZ(仮)』イメージビジュアル

アニメ『マジンガーZ』の映画化が決定。あわせてイメージビジュアルが公開された。

1972年に放送が開始された永井豪原作の『マジンガーZ』。多数の兵器を内蔵した巨大ロボット・マジンガーZを操縦する兜甲児らが、悪の天才科学者であるDr.ヘルの手から地球を守るというあらすじだ。

公開されたイメージビジュアルは、マジンガーZが放つ熱線「ブレストファイヤー」をモチーフにしたもの。劇場版の制作は東映アニメーションが担当する。公開日などの詳細は後日発表される予定だ。なお『マジンガーZ』は1970年代に『東映まんがまつり』内で複数の短編映画が制作されているが、長編映画化は今回が初となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)