ニュース

千葉雄大&大杉漣が親子役 FFプレイヤーのブログ原作ドラマ『光のお父さん』

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 ©2017『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会
『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 ©2017『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会

ドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が4月からMBS、TBS系で放送される。

同作の原作は、マイディによるブログ『一撃確殺SS日記』に掲載された実話をもとにした記事『光のお父さん』。ゲームに熱中するサラリーマンのアキオと、60歳を超えてオンラインゲームに夢中になった父・博太郎が、オンラインゲームの世界で互いを理解して距離を縮め、親子の絆を取り戻す、というあらすじだ。

相手が父と知りながら素性を明かさず、父と共にゲームの世界で冒険を続けるアキオ役を演じるのは千葉雄大。相手が息子と知らずにゲームの中で大胆な挑戦をしていく父・博太郎役を大杉漣が演じる。

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 ©2017『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会
『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 ©2017『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会
『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 ©2017『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会
『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 ©2017『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)