ニュース

食とアートの芸術祭『Reborn-Art Festival』詳細発表、『ap bank fes』も

左から目黒浩敬(AL FIORE)、小林武史、亀山紘(石巻市長)、中沢新一、和多利恵津子(ワタリウム美術館館長)、増田セバスチャン、鈴木康広
左から目黒浩敬(AL FIORE)、小林武史、亀山紘(石巻市長)、中沢新一、和多利恵津子(ワタリウム美術館館長)、増田セバスチャン、鈴木康広

7月22日から宮城・石巻、松島湾エリア、女川町で開催される『Reborn-Art Festival 2017』の詳細が発表された。

『Reborn-Art Festival』は、実行委員会と一般社団法人APバンクの共催による「アート」「音楽」「食」のイベント。昨年にプレイベントとして『Reborn-Art Festival×ap bank fes 2016』が行なわれた。

今回の発表では、アート部門で新たにファブリス・イベール、カオス*ラウンジ、バリー・マッギー、宮永愛子、田口行弘の参加が判明。アート部門では参加アーティストが地元の人々らとの交流を通して制作した作品や、同イベントのテーマに沿った作品などが展示される。

また7月28日から3日間にわたって宮城・国営みちのく杜の湖畔公園で『Reborn-Art Festival 2017×ap bank fes』が開催。出演者にはBank Bandが名を連ねているほか、今後も追加アーティストが発表される。チケットは本日3月22日から販売開始。「食」の面では、新たに4人のシェフの参加が明らかになった。

イベントの開催に先駆けて、レストラン、食堂・カフェ、インフォメーションセンターなどで構成される「牡鹿ビレッジ」、会員制宿泊研修施設「桃浦ビレッジ」がオープン予定。さらに鹿の解体処理加工施設も登場する予定だ。また作品制作や会期中の運営などをサポートするボランティア「こじか隊」の募集も行なう。こじか隊の宿泊・活動拠点となる「Reborn-Art House」も作られる。詳細は『Reborn-Art Festival』のオフィシャルサイトでチェックしよう。

小林武史
小林武史
増田セバスチャン
増田セバスチャン
鈴木康広
鈴木康広
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)