音楽業界4団体の生稲晃子ら支持に「SaveOurSpace」が抗議声明。賛同人は2,000人超え

メイン画像:「SaveOurSpace」のオフィシャルサイトより

元「おニャン子」と元「SPEED」、音楽業界が候補者を支援

7月10日に投開票が行なわれる第26回参院議員選挙に、自民党公認で東京選挙区から生稲晃子氏、比例代表に今井絵理子氏が立候補した。両者は元「おニャン子クラブ」のメンバー、元「SPEED」のメンバーと、ともに若くして芸能界で活躍したという共通点がある。

そんな2人を、音楽業界4団体(日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンサートプロモーターズ協会、日本音楽出版社協会)が、支持を表明。6月30日には永田町の自民党本部で、音楽業界4団体が主催する決起大会を開催し、2人を激励した。生稲氏によると、音楽業界が一丸となり候補者を支援するのは、今回が初めてだという。

「ORICON NEWS」が配信した決起大会の様子

「SaveOurSpace」が抗議の声明

音楽業界4団体が2人の支持を表明すると、すぐさま多数の音楽関係者、業界関係者がSNSなどで反対の意思を明らかに。7月2日には、「SaveOurSpace」がこの支持表明に抗議する声明を発表した。発起人は、ライブハウス店主で音楽家のスガナミユウさん、ミュージシャンの後藤正文さん、音楽家の高木完さんなど11名。

声明では「音楽業界内において大きな影響力を有する4団体が連携して特定の候補者の支持を公に表明するという事態は極めて異例であり、音楽業界全体が当該候補者を支持するというメッセージとして社会に受け取られかねません」とこの支持表明を批判。そして、今回の表明に至るプロセスが不透明であるとし、「これらの候補を支援する明確な理由および支援するに至った経緯を公に説明する義務があると考えます」と訴えた。

また同声明では、候補者の資質や自民党の姿勢にも疑問を呈している。音楽文化は多様性や少数者を包摂する営みのなかで育まれてきた歴史的経緯があるにも関わらず、生稲氏は「同性婚の法制化」に反対しており、自民党も「同性婚の法制化」や「LGBT平等法」に反対する唯一の主要政党だと述べた。

さらに自民党はインボイス制度の導入を推進しており、これにより音楽関係のフリーランスや小規模事業者に大きな経済的ダメージが予想されると主張。「一個人としてではなく、団体として両氏の支持を表明することは、このような人たちの生活を脅かし多様な音楽文化を破壊することにつながると考えます」と訴えかけた。

同声明では音楽関係者、業界関係者の賛同人を募集しており、7月3日15時時点ですでに賛同人は2,000人を超えている。

<UPDATE 2022/7/7>「SaveOurSpace」は7月7日、賛同者の一部に偽名や成りすましがあることが判明したとして、賛同人募集を終了、一覧を非公開にしたことを発表した。「偽名や成りすましの可能性を想定した賛同人一覧の信頼性の担保をはかる体制を充分に構築できておりませんでした」と説明している。

サイト情報
SaveOurSpace「音楽業界4団体による今井絵理子氏と生稲晃子氏の支持表明への抗議」


フィードバック 34

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • 音楽業界4団体の生稲晃子ら支持に「SaveOurSpace」が抗議声明。賛同人は2,000人超え

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて