漫画連載:『美術のトラちゃん』

トラちゃんたち、ポーラ美術館へ行く。パピヨン本田が描くピカソの「ブルーピリオド」

世の中には、さまざまなコンセプトの美術作品が存在します。理解できないものもあるけれど、少しでもヒントを得られれば、美術を楽しむスタートラインには立てるはず。トラの親子とともに、美術の見方や面白さを学んでいきましょう。

2022年9月17日から箱根のポーラ美術館で開催されるポーラ美術館開館20周年記念展「ピカソ 青の時代を超えて」。美術に対する臆病な自尊心と尊大な羞恥心をこじらせ、トラになってしまったトラちゃんと父さんも、巨匠・ピカソの展示を見にきました。ピカソの「ブルーピリオド」(青の時代)の作品紹介や、それにまつわるエピソード、そして父さんの嫉妬具合をお楽しみください。

イベント情報
ポーラ美術館開館20周年記念展「ピカソ 青の時代を超えて」

会期:2022年9月17日(土)~ 2023年1月15日(日) ※会期中無休
主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館、公益財団法人ひろしま美術館
特別協力:バルセロナ・ピカソ美術館、カタルーニャ美術館、アート・ギャラリー・オブ・オンタリオ
後援:スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京

※展覧会はこの後、2023年2月4日(土)〜5月28日(日)までひろしま美術館(広島県)で開催されます。
プロフィール
パピヨン本田 (ぱぴよん ほんだ)

1995年生まれの作家。2021年5月よりTwitterに漫画をアップし始める。静けさや、岩をも砕くパワフルパンチ。セミをも超えた令和セミ、寿命が千年。亀は満点通信講座。よろしくお願いします。



フィードバック 123

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • トラちゃんたち、ポーラ美術館へ行く。パピヨン本田が描くピカソの「ブルーピリオド」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて