エリザベス女王が死去。ロンドン五輪ではジェームズ・ボンドと共演、ヘリから飛び降りる驚きの演出を振り返る

イギリスのエリザベス女王が9月8日、滞在していたスコットランド・バルモラル城で亡くなった。96歳だった。イギリス史上最長となる70年にわたり在位した女王の訃報を受け、各地から追悼の声が相次いでいる。エリザベス女王といえば、2012年に開催されたロンドンオリンピック開会式での映像と演出が記憶に残っている人も多いのではないだろうか。

『トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督が監督、舞台裏は

映画『007』シリーズのダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドと共演した女王は、バッキンガム宮殿でボンドにエスコートされ、ヘリコプターからパラシュートでスタジアムに舞い降りる大胆な演出を披露。実際に飛び降りたのはもちろんスタントダブルだったが、ユーモアを織り交ぜたイギリスらしいパフォーマンスが大きな反響を呼んだ。

映像を手がけたのは『トレインスポッティング』や『スラムドッグ$ミリオネア』で知られ、開会式の芸術監督を務めたダニー・ボイル監督だ。

このコラボレーションの舞台裏を、エリザベス女王の専属スタイリストだったアンジェラ・ケリーが自身の著書で明かしている。ケリーの手記によると、ボイル監督から『007』とのコラボの提案を受けた女王は、アイデアを「すごく面白がり、すぐに快諾した」という(*1)。

また、セリフがあることが問題ないか問われた女王は、「もちろん、私は何か言うべきでしょう。彼は私を助けに来てくれるんですから」と答え、「こんばんは、ミスター・ボンド」というセリフを選んだという。

イギリスカルチャーとの関わりも

イギリスカルチャーとの関わりも深かったエリザベス女王。半生を描いたNetflixのオリジナルドラマシリーズ『ザ・クラウン』は日本でも人気を博しており、11月にシーズン5を配信予定。シーズン6の制作も予定している。

パンクバンドのSex Pistolsの代表曲の一つ、”God Save The Queen”をめぐるエピソードも有名だ。1977年、エリザベス女王の在位25周年を記念してリリースされたが、「女王は人間ではない」などと痛烈に批判する内容が物議を醸し、BBCで放送禁止となった(*2)。

The Beatles時代に楽曲”Her Majesty”(女王陛下)を書いたポール・マッカートニーは自身のTwitterで追悼のメッセージを投稿している。

ポール・マッカトニーも追悼コメント発表。

*1 The Queen ‘demanded speaking part’ in 2012 Olympics James Bond sketch with Daniel Craig | The Independent | The Independent(外部サイトを開く

*2 Sex Pistols to re-release God Save the Queen ahead of Jubilee - BBC News(外部サイトを開く

メイン画像:YouTubeに公開された公式動画「James Bond and The Queen London 2012 Performance」より

記事を読んでくださった方へアンケートのお願い
いつもCINRAメディアをご愛顧いただき、ありがとうございます。 今後のメディアの運営のために、読者のみなさまのご意見を伺いたく、簡単なアンケートにご協力いただけますと幸いです。


フィードバック 36

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • エリザベス女王が死去。ロンドン五輪ではジェームズ・ボンドと共演、ヘリから飛び降りる驚きの演出を振り返る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて