前澤友作の月周回プロジェクト「dearMoon」クルーを発表。スティーヴ・アオキやBIGBANGのTOPら

前澤友作(スタートトゥデイ 代表取締役社長)によるプロジェクト「dearMoon」のクルーが発表された。

「dearMoon」プロジェクトは、イーロン・マスクが創業した宇宙開発企業スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズが開発しているロケット「Starship」に乗り、民間人で初めて月を周回するというもの。2023年に月に向けて打ち上げが予定されている。2021年3月から前澤と共に月に行くクルーを募集し、249の国と地域から100万人を超える応募があったという。

今回発表されたのは、8人のクルーと2人のバックアップクルーのメンバー。選考、面談、メディカルチェックなどを経て選抜された。8人は約7日間にわたって月を周回する予定だ。メンバーにはミュージシャンのスティーヴ・アオキ、BIGBANGのメンバーTOPらが含まれる。クルーたちのインタビュー映像も公開された。

8人のクルーメンバーと2人のバックアップメンバー

発表されたメンバーと公式プロフィールは下記の通り。

【クルーメンバー】

リアノン・アダム

Rhiannon Adam

年齢:37歳

国籍:アイルランド

主な活動:ロンドンとNYを拠点に活躍する写真家。ポラロイドカメラを使った作品を得意とする。

スティーヴ・アオキ

Steve Aoki

年齢:45歳

国籍:アメリカ

主な活動:DJ、音楽プロデューサー、兼作曲家。『グラミー賞』を2度受賞。NFT業界でも活躍。

イェミ・A・D

Yemi A.D.

年齢:41歳

国籍:チェコ

主な活動:振付師、クリエイティブプロデューサー。チェコ親善大き使として社会貢献活動にも注力。

ティム・ドッド

Tim Dodd

年齢:37歳

国籍:アメリカ

主な活動:登録者数134万人、宇宙情報を配信するYouTubeチャンネル「Everyday Astronaut」のホスト。

ブレンダン・ホール

Brendan Hall

年齢:28歳

国籍:アメリカ

主な活動:自然をテーマにしたドキュメンタリーを制作する映像作家。Netflix等の映画制作にも携わる。

カリム・イリヤ

Karim Iliya

年齢:32歳

国籍:イギリス

主な活動:映像作家。自然や動物をテーマに火山や水中を泳ぐ鯨などを撮影。これまで45か国以上で制作活動を行なう。

トップ / チェ・スンヒョン

TOP / Choi Seung Hyun

年齢:35歳

国籍:韓国

主な活動:韓国のアーティストグループBIGBANGのラップ担当。俳優としても活躍。

デヴ・ジョシー

Dev D. Joshi

年齢:22歳

国籍:インド

主な活動:3歳から子役としてヒーローシリーズに出演。18歳で国民の名誉を示す「Bal Shakti Puraskar」を受賞。

【バックアップクルー】

ケイトリン・ファリントン

Kaitlyn Farrington

年齢:32歳

国籍:アメリカ

主な活動:スノーボーダー。2014年ソチオリンピック・ハーフパイプで金メダルを獲得。

ミユ

Miyu

年齢:25歳

国籍:日本

主な活動:ダンサー。19歳で世界最高峰のダンスバトルで世界チャンピオンのタイトルを獲得。モデルとしても活躍。

【前澤友作のコメント】

全世界から今回約100万人の応募がありましたが、

厳正なる審査並びに選考させていただいた結果、

今日10名のクルーを発表させていただく運びとなりました。

最終的に僕もお一人お一人とかなり突っ込んだ話をさせていただいて、

幼少期からどういう人生を過ごしてきたのか、そしてなぜ宇宙にロマンを感じ、

どういったチャレンジをされたいか、

その月に行った体験というのを地球に持ち帰って今後の人生にそれをどう生かせるか。

とにかく一言で言うと、みんないい人です。みんな笑顔の人が集まってます。

(彼らに対して)絶対こうしてほしい!っていうのはないけれど、

それなりに責任感を持って地球から出て、月まで行って帰ってくるっていう

この旅を通していろんなことを得て、それを地球に還元して欲しいなっていうのは共通して思います。

dearMoonクルー決定


フィードバック 7

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • 前澤友作の月周回プロジェクト「dearMoon」クルーを発表。スティーヴ・アオキやBIGBANGのTOPら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて