ディズニープラスで手塚治虫『火の鳥』が原作の『PHOENIX: EDEN17』など配信

メイン画像:© Beyond C.

ウォルト・ディズニー・カンパニーが公開予定の劇場作品と動画配信作品を紹介する『ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022』が11月30日に開幕。ディズニープラスで配信予定の日本アニメーションラインナップが発表された。

手塚治虫『火の鳥』が原作の『PHOENIX: EDEN17』などがラインナップ

配信予定作品は『PHOENIX: EDEN17』『SYNDUALITY』『村井の恋』『Project BULLET/BULLET(仮)』『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』。

2023年に配信される『PHOENIX: EDEN17』は、手塚治虫の漫画『火の鳥』をもとにした作品。終末を迎えつつあった地球を離れた主人公ロミとそのパートナーは、新たな生活を始めるべく惑星エデン17に向かうが、その惑星の生命は既に絶滅しており、ロミはさらなる苦労を強いられることになるというあらすじだ。制作はSTUDIO4℃。PVとキービジュアルも到着した。

2023年配信の『SYNDUALITY』は『アクエリオンEVOL』などの山本裕介が監督。4月に実写ドラマ版が放送された『村井の恋』は島順太の同名漫画が原作のラブコメディーだ。『Project BULLET/BULLET(仮)』は朴性厚が率いるE&H productionが制作。『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』は2023年1月から配信される。

【公式】Disney+(ディズニープラス) 日本|入会はこちら


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ディズニープラスで手塚治虫『火の鳥』が原作の『PHOENIX: EDEN17』など配信

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて