映画界に進出したラッパー百科。『バッドボーイズ』復活に寄せて

祝『バッドボーイズ』シリーズ復活。俳優も務めるラッパー百科

「アンソニー・アンダーソンの息子が、『ウィル・スミスがラッパーだって本当?』っていっていたらしい」。2018年にラップ専門メディア『ラップ・レイダー(Rap Radar)』のインタビュー中に、ウィル・スミスが語った。アンソニー・アンダーソンは、『ハッスル&フロウ』(クレイグ・ブリュワー監督 / 2005年)などで知られる俳優で、彼の息子の生年月日はわからないが、現在大学生なので20歳そこそこだろう。そう、若い世代は、ウィル・スミスがラッパーだったことを知らない人もいる。『インデペンデンス・デイ』(ローランド・エメリッヒ監督 / 1996年)や『メン・イン・ブラック』(バリー・ソネンフェルド監督 / 1997年)とブロックバスタースターへと成長し、『ALI アリ』(マイケル・マン / 2001年)ではモハメド・アリを演じて「アカデミー主演男優賞」にノミネートされるなど、人気・実力ともに大スターへと成長していったウィル・スミス。そんなウィル・スミスは、DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスというラップデュオで、「フレッシュ・プリンス」を名乗りラッパーとしてデビューしている。『ラップ・レイダー』でのインタビューで、ラップについて語るウィル・スミスは目をキラキラさせ、彼の根本にあるラップ愛の深さ、そして同時に、彼自身のラッパーとしての誇りも感じられるものだった。

そして今回、1995年に大ヒットした『バッドボーイズ』(マイケル・ベイ監督)が、2作目『バッドボーイズ 2バッド』(2003)から17年の月日を経て、2020年に再びウィル・スミスとマーティン・ローレンスの「バッドボーイズ」コンビがスクリーンに戻ってくる! 日本公開を記念して、ウィル・スミスのようなラッパー兼俳優の活躍を追ってみよう。ウィル・スミスの相棒を演じているマーティン・ローレンスはラッパーではないものの、ラップ業界とは切っても切れない関係もある。ラッパー兼俳優の歴史を紐解きながら、ウィル・スミスとマーティン・ローレンス、そして『バッドボーイズ』の新たな魅力を伝えていけたらと思う。

1. アイス・Tとアイス・キューブ

アイス・T『Rhyme Pays』(1987年)を聴く(Apple Musicはこちら

1973年、ニューヨーク・ブロンクスのアパートの一室で、DJクール・ハークがハウスパーティーを開いたことが、ヒップホップの始まりだといわれている。ラッパーが本格的にスクリーンに登場するのは、丁度10年経て完成された『ワイルド・スタイル』(チャーリー・エーハン監督 / 1983年)である。ビジー・ビーやコールド・クラッシュ・ブラザーズなどが出演している半ドキュメンタリー調の作品だが、彼らをラッパー兼俳優と呼ぶのは少し違和感がある。本格的にラッパー兼俳優と呼べるのは、アイス・Tやアイス・キューブだ。『ワイルド・スタイル』の成功によって、ラップやヒップホップに関連する作品が量産されていた。アイス・Tは、LAのブレイクダンスを描いた青春映画『ブレイクダンス』(1984年)にて、クラブでラップするチョイ役でスクリーンデビューを果たした。続いて、マリオ・ヴァン・ピーブルズ(アメリカの映画監督、俳優)がラッパーを演じる『ダウンタウン・ウォーズ』(ジョエル・シルバーグ / 1985年)でも、本名の本人役で出演している。そしてこの映画でマリオ・ヴァン・ピーブルズに出会ったことが、彼の俳優としての運命を大きく変える。マリオ・ヴァン・ピーブルズは、監督としてニューヨークの麻薬汚染を描いた『ニュー・ジャック・シティ』(1991年)を完成させる。この映画で、麻薬密売でニューヨークの裏首領となったニノ・ブラウン(ウェズリー・スナイプス)を追いつめていく現場の刑事役をアイス・Tが演じ、大きな反響と好評を得た。

アイス・キューブ『AmeriKKKa's Most Wanted』(1990年)を聴く(Apple Musicはこちら

同じ1991年、センセーショナルなスクリーンデビューを飾ったのがアイス・キューブである。ロサンゼルスのサウスセントラルが舞台の『ボーイズ'ン・ザ・フッド』(ジョン・シングルトン監督 / 1991年)にて、主人公の仲間のリーダー格となるドウボーイを演じた。ジョン・シングルトン監督は、大学時代にN.W.Aの曲を聴きながら、『ボーイズ'ン・ザ・フッド』の脚本を書き上げたこともあり、ドウボーイはアイス・キューブの為に用意された当て書きのようなキャラクターで、オーディションを受けさせた。しかし、演技のキャリアを全く考えていなかったアイス・キューブは、そのオーディションを投げやりに受けたという。そこでジョン・シングルトンは、3回目となるオーディション時に真剣に怒りながらも、アイス・キューブを切望していることを熱く語り、俳優アイス・キューブを誕生させた。

そんなアイス・Tとアイス・キューブのWアイスが共演しているのが、『トレスパス』(1992年)だ。本作は『ウォリアーズ』(1979年)のウォルター・ヒル監督作品で、2人はセントルイスのギャングのリーダーと弟分を演じ、よそから来て金品を見つけようとしている男たちと争奪戦を繰り広げている。2人のその後の活躍は説明不要だが、「フッド・クラシック」ともいわれるほどカルチャーに影響を及ぼした『friday』(F・ゲイリー・グレイ / 1995年)では、アイス・キューブは脚本も担当し、マルチな才能を発揮している。

2. ラッパーとしてのつまずきをチャンスに変えた、ウィル・スミス

DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス『He's the DJ, I'm the Rapper』(1988年)を聴く(Apple Musicはこちら

本格的な映画デビューはWアイスが先になるが、ウィル・スミスは2人よりも先にテレビで俳優デビューを果たした。それがシットコム『The Fresh Prince of Bel-Air』(1990-1996年)である。ウィル・スミスのラップ名フレッシュ・プリンスがそのまま冠となった番組は、瞬く間に人気番組となった。それ以前のウィル・スミスは、相棒のDJジャジー・ジェフことジェフ・タウンゼントと共にDJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスとして人気者となっていた。とりわけ1988年リリースの彼らのセカンドアルバム『He's the DJ, I'm the Rapper』は、トリプルプラチナ(300万枚)の大ヒットとなり、そのアルバムの曲“Parents Just Don't Understand”が新設された『グラミー賞』のラップ部門で「最優秀ラップパフォーマンス賞」に輝くなど、人気・実力ともに絶頂期を迎えていた。しかし、その次となる3枚目のアルバムが失敗に終わり、手に入れたお金も散財し、税金トラブルで没収となり、人生の紆余曲折を経験していた。どん底の中で、ウィル・スミスはベニー・メンディーナというプロデューサーに出会う。彼の半生をコメディーにしたのが『The Fresh Prince of Bel-Air』で、ベニー・メンディーナはこのプロジェクトをもともとは音楽界の巨人クインシー・ジョーンズに持っていったという。

急きょ行われたオーディションで、流石のウィル・スミスも怖気づいたが、「1週間後でもいいけど、多分その頃には別の予定が入るだろうね。今やるか、永遠にやらないか?」とクインシー・ジョーンズにいわれ、俳優ウィル・スミスが誕生した。ウィル・スミスの映画キャリアの続きは書くまでもないが、ウーピー・ゴールドバーグと共演した『メイド・イン・アメリカ』(リチャード・ベンジャミン / 1993年)、ドナルド・サザーランドと共演した『私に近い6人の他人』(フレッド・スケピシ / 1993年)などで着々と俳優としてのキャリアを積んでいき、『バッドボーイズ』で、初主演となったのである。

3. 2パック

2パック『2Pacalypse Now』(1991年)を聴く(Apple Musicはこちら

偶然の巡り合わせで俳優になったWアイスとウィル・スミスであるが、それとは対照的に最初から「俳優としてもラッパーとしても大成する」という断固たる目的を持った若者も現れた。それが、2パックことトゥパック・シャクールだ。ボルチモアにいた高校時代は芸術学校に通い、シェイクスピアの舞台にまで立っていた本格派。そのクラスメイトの1人が、後にウィル・スミスと結婚する女優のジェイダ・ピンケット・スミスである。それは2パックを描いた自伝映画『オール・アイズ・オン・ミー』(ベニー・ブーム / 2017年)でも描かれている。そんな2パックは、スパイク・リー作品の撮影監督をしていたアーネスト・ディッカーソンの監督デビュー作『ジュース』(1992年)に出演。主人公の親友の1人ながら、後に対立していくビショップ役は、その結末といい、世間に大きなインパクトを残した。続く『ポエティック・ジャスティス/愛するということ』(ジョン・シングルトン監督 / 1993年)では、ジャネット・ジャクソンの相手役に抜擢されるなど、映画でも話題を欠かせなかった。作品数こそ少ないけれど、スクリーンでも常に唯一無二な強烈な印象を残してくれた。もっと彼の作品が観たかったと、悔やんでも悔やみきれない。

4. LL・クール・J

LL・クール・J『Radio』(1985年)を聴く(Apple Musicはこちら

若干16歳でラッパーとしてデビューを果たしたLL・クール・Jは、映画進出も早い。アイス・Tと同じくLL・クール・Jも「ラッパー役」にて映画デビューしている。LL・クール・J所属のレーベル「デフ・ジャム・レコーディングス」誕生を描いた『クラッシュ・グルーブ』(1985年)や、ウェズリー・スナイプス映画デビュー作のアメリカンフットボールを描いたコメディ『ワイルドキャッツ』(1986年)に出演している。本格的なスクリーンデビューは、マイケル・J・フォックス主演のコメディー『ハード・ウェイ』(ジョン・バダム / 1991年)での刑事役。コメディー映画の出演が続いたあとに出演した、サメと格闘する『ディープ・ブルー』(1999年)でのコック役では強烈な印象を残した。またドラマの『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』(2009年~現在)では、10年も続く長寿番組の主演として、俳優としても申し分のないキャリアを着実に積み上げている。

5. クイーン・ラティファ

クイーン・ラティファ『All Hail the Queen』(1989年)を聴く(Apple Musicはこちら

他にも、自身の自伝映画的に主演として出演した『8 Mile』(2002年)のエミネムや、『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』(2005年)の50セント、『トレーニング デイ』(2001年)や『ルディ・レイ・ムーア』(2019年)に出演したスヌープ・ドッグ、『BELLY 血の銃弾』(1998年)や『ロミオ・マスト・ダイ』(2000年)のDMXなど、名前を上げたらキリがないほどに、ラッパーたちは現在スクリーンで活躍している。ただし、それは男性に限ってのことになる。女性ラッパーで成功したのは、クイーン・ラティファとローリン・ヒル、イヴ、MCライト、もっといえば、今でもコンスタントに活躍しているのはクイーン・ラティファとMCライトくらいだ。時代を彩ったリル・キムやフォクシー・ブラウンなども、映画に出演していたことはあるがゲスト扱いでの出演が多かった。

女性ラッパーとしては、『シカゴ』(ロブ・マーシャル監督 / 2002年)で『アカデミー助演女優賞』にまでノミネートされたクイーン・ラティファの独り勝ちが続いているが、『ハスラーズ』(ローリーン・スカファリア監督 / 2019年)にてスクリーンデビューを果たしたカーディ・Bとリゾというニューカマーが出てきた。カーディ・Bには、人気シリーズ『ワイルド・スピード』の最新作に出演するという噂もある。ニューカマーたちが、クイーン・ラティファの牙城を崩せるのか、期待したい。

6. ドレイクとチャイルディッシュ・ガンビーノ

ドレイク『Thank Me Later』(2010年)を聴く(Apple Musicはこちら

ラッパーになる前に俳優として既に有名だった変わりものもいる。それがチャイルディッシュ・ガンビーノことドナルド・グローヴァーと、ドレイクの2人だ。ドレイクは元々地元カナダのティーン向け番組『Degrassi: The Next Generation』(2001~2015年)に出演していた。カナダの番組だが、アメリカでも放送していた時期もあるので、車いすに乗っていた少年役のドレイクを覚えている人は少なくない。カナダ時代はテレビドラマシリーズやテレビ映画に出演していたが、ラッパーとして成功してからは、俳優としての活動はしていないようだ。

チャイルディッシュ・ガンビーノ『Camp』(2011年)を聴く(Apple Musicはこちら

逆に今でもどちらも精力的なのが、チャイルディッシュ・ガンビーノことドナルド・グローヴァー。名門ニューヨーク大学を卒業したドナルド・グローヴァーは、大学時代の仲間と共にインディペンデント映画『Mystery Team』(ダン・エックマン監督 / 2009年 / 日本未公開)を主演・脚本・製作で完成させている。TV番組『コミ・カレ!!』(2009~2014年)で俳優として注目を集めるようになり、現在では『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(ロン・ハワード / 2018年)に出演するほどの活躍ぶりとなっている。

7. RZA

RZA『Birth of a Prince』(2003年)を聴く(Apple Musicはこちら

活躍するラッパー兼俳優の中で、映画監督デビューを果たしたRZAの存在も大きい。元々、ウータン・クランという、あの個性派軍団をまとめ上げたリーダーとしての手腕も大きいが、RZAはカンフー映画マニアの間でも話題になる程に、カンフーやカラテ映画に詳しい。そんなRZAは、ジム・ジャームッシュ監督のサムライ映画『ゴースト・ドッグ』(1999年)にてスクリーンデビューし、同映画の音楽も担当している。1970年代のニューヨークのギャングリーダーを描いたデンゼル・ワシントン主演『アメリカン・ギャングスター』(リドリー・スコット / 2007年)では刑事を演じるなど、俳優としても多彩な作品で活躍中だ。そんなRZAが初監督に挑戦したのが、『アイアン・フィスト』(2012年)。RZAの好きなカンフーの世界をそのまま描いた作品はカルト人気となった。RZAは多忙だったため監督はしていないが2015年には続編も作られている。また、お騒がせラッパーのアジーリア・バンクスが主演した『愛・ビート・ライム/愛はラップに勝る』(2017年)というヒップホップ映画の監督も務めている。同じウータン・クランのメンバーであるメソッド・マンの映画での活躍も記すべきだろう。

歴史から振り返る、スターを迎え入れるハリウッドの懐の深さ

これほど、ラッパーが俳優を兼任する、その背景にあるものはなんだろう。CD売り上げの不振などもあり、活躍の場を広げる必要性が生じたことなども一因だろう。また歴史を振り返ると、新しい活躍のをハリウッドに広げたのは、ラッパーに限ったことではない。昔から、映画界には別の世界で活躍する人気スターを受け入れてきた歴史がある。一番わかりやすい例だと、1970年代の元アメリカンフットボール選手である。大学から鳴り物入りでNFLに入団し、様々な記録を塗り替え、1964年にはチームをチャンピオンにまで導いたジム・ブラウンは、絶頂期に俳優へと転身した。彼の鍛え上げれた肉体は、その時代を席巻した黒人が主役のアクション映画ジャンル「ブラックスプロイテーション」のヒーローにピッタリであった。そして、同じくNFL選手だったフレッド・ウィリアムソンやカール・ウェザースやO・J・シンプソンなどが、俳優の道に進み、そして成功した。更に溯ること1950年代には、メジャーリーグの人種の壁を破ったジャッキー・ロビンソンや、ボクシングのヘビー級王者ジョー・ルイスなどが、自伝映画に主演の本人役で多数、出演していた。その流れは、先に書いた50セントやエミネムの映画に繋がっていく。

彼らラッパー兼俳優で活躍している人々は、音楽と演技、両方の才能に恵まれていた。偶然にしろ必然にしろ、与えられたチャンスを物にできたからこそ、今の彼らの活躍はある。ウィル・スミスは、“He's the DJ, I'm the Rapper”という曲で、「俺の才能を疑う奴は本当に大嫌いだ。優れていることを証明してやらなきゃならない」とラップしている。そして、今はもう証明する必要すらない。ウィル・スミスにとって『バッドボーイズ』は自らの才能を証明し、勝ち取った最初の主演映画だ。この作品で彼はマーティン・ローレンスという、DJ ジャジー・ジェフに次ぐ最高の相棒を手に入れた。マーティン・ローレンスは、元々コメディアンで、マイク1本で笑いを取るスタンダップコメディアンとして活躍していた。スパイク・リーの『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989年)や、エディ・マーフィ主演『ブーメラン』(1992年)などで名脇役として活躍していたが、アメリカで絶大な人気を得たのは、『Def Comedy Jam』(1992~1997年)からだ。HBOという有料チャンネルが製作で、毎週数名のスタンダップコメディアンのライブを見せるという番組である。タイトルから察する人もいるかもしれないが、ラップ専門レコードレーベル「デフ・ジャム」創設者の1人、ラッセル・シモンズがプロデュースした番組なのだ。この番組をきっかけに有名になった著名人には、ほかに『ラッシュアワー』(ブレット・ラトナー / 1998年)のクリス・タッカーもいる。

ウィル・スミス『Born To Reign』(2002年)を聴く(Apple Musicはこちら

マーティン・ローレンスはこの番組の総合司会を担当し、冒頭で観客を弄り、そしてコメディアンの紹介、最後には会場にいるラッセル・シモンズを弄り倒した。すると、このスタイルが若者に非常にウケた。そして同時期に、自身が主演のテレビシットコム『Martin』(1992~1997年)が始まり、こちらも若者を中心に大人気となり、ウィル・スミスの『The Fresh Prince of Bel-Air』とともに、1990年代のお茶の間を席巻した。そんな勢いのある2人が出会ったのが『バッドボーイズ』だった。爆発王マイケル・ベイ監督のスタイリッシュな演出も見どころの1つだが、なによりもウィル・スミスとマーティン・ローレンスの絶妙な掛け合いが人気を博した。スムーズなウィル・スミスに怒りながら突っ込むマーティン・ローレンス。漫才のような、ラップのバトルのような、2人らしい掛け合いだ。今回、3作目となる『バッドボーイズ フォー・ライフ』は、「フォー・ライフ」という副題がついている。「一生死ぬまでバッドボーイズ」ーーそこまで銘打った彼らのコンビネーションを見届けたい。Bad boys, bad boys, Whatcha gonna do, whatcha gonna do When they come for you……(バッドボーイズ、奴らがやってきたらどうするんだ?)

『Bad Boys for Life Soundtrack』(2020年)を聴く(Apple Musicはこちら

『バッドボーイズ フォー・ライフ』予告編

作品情報
『バッドボーイズ フォー・ライフ』

2020年1月31日(金)全国ロードショー
監督:アディル・エル・アルビ、ビラル・ファラー
出演:ウィル・スミス
マーティン・ローレンス



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 映画界に進出したラッパー百科。『バッドボーイズ』復活に寄せて

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて