古着ブーム再熱!? 福岡女子が愛するレディース古着店5選

コーディネートに古着を取り入れる“ヴィンテージミックス”が、福岡の高感度な女性に今人気! 約20年前、大名・今泉エリアを中心に盛り上がった古着ブームから一周し、今はストレートなアメカジだけではなく、どこか品があったり、モードな空気を漂わせていたりと、幅広いテイストからお気に入りを選べるお店が増えています。特にレディースの古着店は、有名モデルや芸能人が来福時にプライベートで訪れるほど、セレクトがいいと評判! そんな注目度が高いヴィンテージショップの中から、絶対に行っておくべき5軒をクローズアップします。

あわせて読みたい>> 福岡から世界へ!福岡でおすすめのセレクトショップ5選

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

フレンチポップな気分を楽しめる『poupee de son』

かれこれ30年以上古着店を営む『poupee de son(プペ・ド・ソン)』は、福岡のアパレルシーンでも古株的存在。福岡ではアメカジ専門の古着店が多い中、こちらは国にこだわらず独自の視点でセレクトし、オープン当初から変わらない緩やかな空気感で他にはない魅力を放っています。

ここで取り扱うアイテムの特徴を例えるなら、フランスの古い映画に出てくる女の子や、70年代のレコードのジャケットの可愛い女性みたいな雰囲気。水玉や幾何学、花柄、チェック柄など、サイケデリックな佇まいのシャツやワンピースが充実しています。甘いムードの古着を「LEVI'S」のデニムと組み合わせて、サラッと自分テイストに着こなすのが福岡っ子のおしゃれの流儀!

デザイナーズのヴィンテージ家具とともにウエアがディスプレーされた店内には、年代物のレコードの数々も! それもそのはず。店主・藤田知康さんは、インテリアコーディネーターやレコードのセレクターとしても活躍している方なので、『poupee de son』ではいろんな側面を一緒に楽しめるのです。

また古着以外にも、福岡発ブランド「ZAPP!」の塩ビ×工業素材のバッグや、お店に立つデザイナーの重松愛さんが手がける洋服も販売しています。

ちなみに、2階へ上がれるのは週末だけ。2階では金曜~日曜限定でカフェ&バー『coffee Bar maribron』をオープンし、海外の家にいるような空間でゆるりとブレイクタイムを過ごせますよ。

『poupee de son』
住所:福岡県福岡市中央区今泉1-16-12
営業時間:12:00~20:00
定休日:水曜
電話番号:092-722-0087
Webサイト:https://www.instagram.com/pou_pee_de_son_fukuoka/

今っぽい感度とスタイリングが女性のツボ!『push “me” harder』

大名の細い路地裏にある『push “me” harder』は、メンズの古着店『YT CLOTHING』の姉妹店として2017年にオープンしました。コンパクトな空間に洗練されたウエアが並び、もしかすると「古着屋っぽくない!」「セレクトショップ?」と思う人も多いかも。

「大人っぽいセレクトとか、古着好きのためにとか、そんな先入観を抱かず見てほしいですね」と話すのは、オーナーの谷井康さん。レディースファッションのトレンドを加味しながら、着こなし次第で甘くもシックにも表情を変えられるアイテムをセレクトしています。今ならモノトーン系、レオパード柄、ワンポイントのカラーアイテムがおすすめ。デザインはもちろん、着心地とプライス、サイズ感にこだわって厳選しているので、若い女性も気軽に手に取ることができます。

店内のレイアウトが頻繁に変わり、来るたびに新鮮な気持ちでショッピングできるのもポイント。アースカラーやアメリカンネイティブな空気を纏う、女性らしいヴィンテージ商品ばかりかと思いきや、一角にはロゴデザインのTシャツやカラフルなウエアなど、“古着らしい”アイテムも並び、昔ながらの古着探しができるのも楽しいところ。

中でも、今の時代感を汲み取った、店長・草野渚さんの着こなしにも注目を! 「シンプルなファッションが好きだけど、オリジナティや刺激もほしい」という女性に、ぜひ覗きに行ってほしいショップです。

『push “me” harder』
住所:福岡県福岡市中央区大名1-3-5 ark cubeⅡ 1F
営業時間:12:00~20:00
定休日:不定
電話番号:092-707-1140
Webサイト:https://www.instagram.com/pushmeharder2017/

福岡のアパレルスタッフや美容師たちも通う『THE MONDAYS』

福岡の中でもおしゃれなお店がひしめきあう大名エリア。そんな中で、ファッション感度が高い女性行きつけのショップが『THE MONDAYS』。同じ紺屋町通りにある人気のヘアサロン『VendllMAN(ベンドルマン)』のオーナー・荻野友彰さんが手掛けるお店で、他のアパレルショップとは少し違う観点を持ったユニークな存在です。そもそも荻野さん自身、大名のファッション&カルチャーシーンを牽引する1人とあって、その抜群のセンスと、時代に左右されない独自のスタンスが『THE MONDAYS』にしっかり反映されています。

アメリカでセレクトされたトレンドのアイテムから、味のあるヴィンテージのアイテムまで店中にぎっしり! 「2ヶ月に1度に買い付けに行って、アメリカの様々なエリアを回り、ピンときたものを仕入れてきます」と話すのは荻野さん。『THE MONDAYS』のInstagramにアイテムを投稿すると、一瞬にして全国各地から反響があるとのこと……!

“何系”とも括ることのできないノージャンルのラインナップは、自分だけのお気に入りを“ディグる(掘る)”のに打ってつけ。ファッションに敏感な同業種のショップ店員や美容師たちも足繁く通い、今や古着店の枠を飛び越えて、福岡を代表する人気レディースショップとしても名を馳せています。

そしてつい先日、2018年9月には姉妹店の『Are You Different』がオープン! 同じ大名にあり、こちらではレディースとメンズの古着を2フロアで展開。ぜひ『THE MONDAYS』とハシゴして行ってみてください。

『THE MONDAYS』
住所:福岡県福岡市中央区大名1-14-23 2F
営業時間:12:00~20:00
定休日:不定
電話番号:092-791-3657

オーナーのセレクトが光る、今泉・警固エリアの人気古着店『Babb』

オーナーのセレクト眼が光る個人店が多い今泉・警固エリアに、女性に大人気の古着店『Babb(バブ)』はあります。オーナーの綱分雄一さん・亜由美さん夫妻は、『Babb』がある上人橋通り(しょうにんばしとおり)で、メンズの古着店『Figueroua(フィゲロア)』と、ネイルサロン『THE PANTY』の計3店舗を営み、この界隈の「顔」のような存在。ご主人の雄一さんがアメリカで買い付けてきたアイテムが到着し、『Figueroua』の前に無数のダンボールが山積みされる光景は、上人橋通りの風物詩にもなっています。

『Babb』では、デイリーに使えるカジュアルラインの洋服はもちろん、ドレッシーなウエアやシューズ、アクセサリー類まで揃う豊富なラインナップが魅力。

「あえてカテゴリーを決めずに、直感を大切にして買い付けています」と、オーナーの綱分雄一さんが話すように、『Babb』のアイテムは、オリジナリティとトレンドが程よくミックスされています。中でも奥さまの亜由美さんが着こなす、ボヘミアンテイストのルックスは要注目! 抜け感のある大人っぽいスタイリングだから、新しい古着の取り入れ方として参考になるはずでしょう。

その他にも、希少なUSA規格のスニーカーや、シルエットが絶妙なヴィンテージのパンプス、コーディネートのアクセントになるハットやアクセサリーなど、小物の数々も目が離せません。「自分らしいファッションを楽しみたい」という方には、まさにぴったりのお店です。

『Babb』
住所:福岡県福岡市中央区警固1-5-34
営業時間:12:00~21:00
定休日:不定
電話番号:092-714-6923
Webサイト:http://babb-japan.blogspot.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/babb_babb/

ここでしかない一点ものを探して。個性をプラスできる『Ace in the Hole』

HereNow福岡版のキュレーターでもお馴染み、宮野秀二郎さんが展開するレディース専門のヴィンテージショップ『Ace in the Hole』。店内へ一歩入ると別世界の空間が広がり、アメリカで買い付けられたハイエンドなインテリアやたくさんのオブジェとともに、色とりどりの古着がズラリと並びます。宮野さんの審美眼が冴え渡る、店全体のスケール感は福岡随一です!

広々とした店内の奥には、希少価値が高いアイテムをディスプレーしたヴィンテージルームと、その隣に特別な佇まいのフィッティングルームを完備。空間ごとの演出が凝っていて、まるでアメリカのヴィンテージショップにいるような気分に浸れて気分がグッと盛り上がります。

服や小物の買い付けは、オーナー・宮野さんと店長・宮崎さんが担当。1900~80年代のアイテムを中心に、ディテールが凝ったものや、配色や柄で個性を表現できるもの、パンチのあるデザインからひとひねりあるシルエットまで、女心を刺激するものをセレクト。派手な一点モノを狙って訪れる若年層が多い一方で、落ち着いた雰囲気のヴィンテージアイテムを探す30~40代の女性もいて、年齢層の幅広さも『Ace in the Hole』の特徴と言えます。

「最後の切り札(=Ace in the Hole)」という店名の通り、アイテムも着こなしも、他の人と被りたくないという個性派のおしゃれさんは、必ず立ち寄りたい個性的なショップです。

『Ace in the Hole』
住所:福岡市中央区大名1-15-30 天神MIEZビル2F
営業時間:11:00~20:00
定休日:なし
電話番号:092-724-3958


フィードバック 2

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 古着ブーム再熱!? 福岡女子が愛するレディース古着店5選

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて