今、台湾で注目を浴びるインディーズバンド5組

台湾は、さまざまな文化が交錯する場所。型に捉われないからこそ、多種多様な音楽を生み出せれます。特に近年、台湾のインディーズシーンが熱い! 音楽を通して、さまざまな社会問題にフォーカスし、若者の共感と支持を得ています。今回は、数多くいる台湾のインディーズバンドの中から5組を選出し、台湾の今のインディーズシーンをご紹介します。

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

The Tic Tac

The Tic Tacは2008年に結成されたロックバンド。ステージごとに異なる演出をするのが特徴で、曲調もフォークソングからポップスをはじめ、騒ぎ立てるような激しいサウンドもあり、様々。The Tic Tacは、枠にとらわれない楽曲や演出をくりだすことで、自らの自由を表現しています。

016年に、ファーストアルバム『正常的生活Regular』をリリースし、中国主要都市でのライブイベントや、日本の瀬戸内海での音楽祭『shima fes SETOUCHI 2016』、そしてカナダの音楽フェス「Canada Music Week (CMW)」に参加しており、内外から注目を集めています。

また、アルバム発売と同時に、360度で楽しめるVRのミュージックビデオも発表。すべてにおいて制限を設けないその自由な活動は、バンド名のごとく、時間を告げる秒針のように、絶えず変化し続けるバンドであることを表しています。

草東沒有派對 No Party For Caodong

今、台湾で最も勢いのあるバンドとして、必ず名前が挙げられるのが 草東沒有派對No Party For Caodong。2012年、台北の芸大生四人によって結成し、CDデビュー前よりライブで1000人近くの観客を動員してきたバンドです。2016年の台湾におけるアワードでは、「最優秀バンド新人賞」、「最優秀ロックシングル作品賞」を受賞。そんな人気急上昇中な最中、ファーストアルバム『醜奴兒』が発売されました。

このバンドの音楽に耳を傾けるとすぐに飛び込んでくる不協和音は、まるで不公平な社会に対する若者の叫びのようです。同時に美しい歌詞に込められた悲しみと憤りこそが、彼らが伝えたいメッセージです。降り注ぐような韻を踏んだ歌詞、ドラムが生み出すディスコビート、「中国味」とも言える独特な歌唱方法と渋みのある歌声。さらにグランジ・ロック特有のギターの破裂音が、聴く人の魂を揺さぶります。

草東沒有派對 No Party For Caodong
Facebook:https://www.facebook.com/nopartyforcaodong/

棋盤上的空格(Empty Space On a Chessboard)

棋盤上的空格(Empty Space On a Chessboard)は、ベースのNeo、ギターのKoko、ラップトップと即興の映像シミュレーションを担当するTomによって結成されたインテリジェント・ダンス・ミュージックバンド。

しばしばエレクトロニカにも括られる彼らは、2011年に結成し、現在までアルバム2枚とシングル3枚をリリース。2014年に出した2枚目のアルバム『innerSpace』は、多種多様な音楽を織り交ぜながらもミックスされた独自スタイルで、多くの評価を得ました。

静かなアンビエントミュージックのような楽曲から、時にはテンポ感溢れる激しい曲まで、様々なエレクトニカサウンドを展開。そんな型にはまらないサウンドを展開する棋盤上的空格(Empty Space On a Chessboard)こそ、台湾のインディーズシーンを突き破る存在なのです。

棋盤上的空格(Empty Space On a Chessboard)
Facebook:https://www.facebook.com/esoac/

大象體操 (Elephant Gym)

大象體操 (Elephant Gym)は2012年2月、台湾の高雄で結成された、インストゥルメンタルをメインとしたスリーピースバンド。変則的なリズムと鋭角的な不協和音が特徴で、バンド名の「象(Elephant)」はベースを、「体操(Gym)」は曲中の独特なリズムを意味しており、これらを合わせたバンド名は「ベースを軸にしたマスロックバンド」であることを意味しています。

これまでにも変拍子と不規則なリズムで展開するシングル『平衡(バランス)』(2013年5月)とアルバム『角度』(2014年6月)をリリース。

2016年にリリースされた2枚目のシングル『工作(仕事)』では、ベースの紅一点・凱婷が作詞作曲をつとめた“中途Midway”など、これまで以上に高いスキルを感じさせる楽曲へ進化。台湾の新世代とも言えるスリーピースバンドが大象體操 (Elephant Gym)です。

大象體操 (Elephant Gym)

U.TA 屋塔

ボーカル/ギターのUrayn、ベースのGarry 、ギター/キーボードのJohn、ドラム/その他のJC TaoによるバンドがU.TA 屋塔。結成当初は、アコースティックでファンタジックなフォークソングを展開し、現在のメンバーが揃ったのは2013年の夏。2015年12月にファーストアルバム『高速道路クルージング』をリリースしました。

様々な感情が交差する彼らの楽曲は、リスナーの心の深い部分に語りかけてきて、特に女性ボーカルUraynの呟くような歌声は染み渡って響き、聞く者の魂をも揺さぶります。U.TA 屋塔の魅力は、ともかくライブ。見る者を引き込ませる唯一無二のステージを体験すれば、あなたもU.TA 屋塔の虜になるでしょう。

U.TA 屋塔
Facebook:https://www.facebook.com/uta25/


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 今、台湾で注目を浴びるインディーズバンド5組

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて