特集 PR

誰もが手に入れられる一流のデザイン「ANDO'S GLASS」の秘密

誰もが手に入れられる一流のデザイン「ANDO'S GLASS」の秘密

「ANDO'S GLASS」
テキスト
上條桂子
撮影:相良博昭

世界でも権威のある国際的なデザイン賞『ドイツデザイン賞2016』の結果が先日発表され、世界的なデザイナー、ジャスパー・モリソンがデザインし、日本のギャラリスト、安東孝一がプロデュースした「ANDO'S GLASS」が『金賞』を受賞した。

この「ANDO'S GLASS」、日本の雑貨店、インテリアショップで取り扱われているが、パッケージデザインにはアートディレクターの葛西薫も携わっており、一つひとつが職人による手作りの型吹きガラスで作られているなど、デザインを知る人には豪華な組み合わせでありながら、お値段は1,800円とリーズナブル。

じつは2014年の『グッドデザイン金賞』も受賞していた「ANDO'S GLASS」。しかしそのことも含めて、あまり大々的に打ち出していなかったこともあり、なぜこんな豪華デザイナー陣の組み合わせが実現したのか? プロデューサーの安東孝一とは何者なのか? など、デザインに詳しい人でも知らない人は多い。そこで、今回はその誕生の経緯について、ジャスパー・モリソン、そして安東孝一それぞれに話を伺った。この究極なまでに「普通のグラス」に込められた哲学とは?

「ANDO'S GLASS」のルーツは、デザイナー、建築家から絶大な支持を集めるカレンダーだった

国内外の現代アートを扱うANDO GALLERYのギャラリストを本業とする安東孝一が、「ANDO'S GLASS」のような、シンプルなオリジナルプロダクトの制作に携わりはじめたのは2002年のこと。最初は仕事場で使うカレンダーを探したのがきっかけだったと言う。

安東:知人が配っていた、シンプルなデザインのカレンダーを毎年使っていたんですけど、急にそのカレンダーがいただけなくなったんです。困って他を探してみたけど、市販のカレンダーはデザイナーのエゴが出たものが多くて好きじゃないものばかり。だったら自分で作ってしまえと、仕事で付き合いのあったアートディレクターの葛西薫さんに電話しました。そのときはそこまで親しいわけでもなかったんだけど(笑)、文字を扱うシンプルなデザインなら葛西さんが1番だと思ったので。話をしてみると、葛西さんも市販のカレンダーは好きではなく、自分でデザインをしたものをプリントアウトして使っているとのことでした。

ANDO GALLERY(東京都 清澄白河)
ANDO GALLERY(東京都 清澄白河)

安東孝一
安東孝一

葛西と意気投合した安東は、さっそく自分が使いたいと思えるカレンダーをリサーチすべく、銀座・伊東屋に出向きカレンダーのサイズや価格を調査。サイズはA3、価格はほとんどのものが1,000円前後だったので、それに近い金額にできるよう試算した。そこでこだわったポイントは3つ、「普通の人が普通に使えること」「1,200円以内で買えること」「2種類以上のバリエーションを作ること」。特に価格の面はこだわった。特別なカレンダーであってほしいが、1,200円を超えるものでは「作品」になってしまう。そのギリギリのラインを狙った。上記の条件を葛西に伝え、デザインがあがってくるのを待った。

安東:打ち合せをした後は、完成するまで1回もデザインをちゃんと見せてもらえなかった(笑)。でも、葛西さんはこちらの意図を完全にわかってくれていたので、書き込みがしやすいようにと普通の紙を選んでくれたし、結果的にすべてがうまくいきました。

ステーショナリー業界に伝手があるわけでもない安東が、突然オリジナルのカレンダーを葛西薫のデザインで作った。種類は罫線ありとなしの2種、それは2つ並べることで、売り場で他のカレンダーに埋もれないようにするための工夫でもあった。価格は1,200円。部数は、まったく認知されていない初年度にもかかわらず、原価調整のため5千部ずつ刷ったという。

「葛西薫カレンダー」
「葛西薫カレンダー」

安東:最初はもちろん赤字でしたよ(苦笑)。でも、僕の本業はギャラリストなので仕方がない。地道に売っていこうとショップに飛び込みで営業に行ったりもしました。その甲斐もあって5年くらい前から部数は増え続けています。

華美なデザインが一切なく、書体も見やすさを重視。潔いほどシンプルなデザインの「葛西薫カレンダー」は、デザインに敏感な雑貨店やインテリアショップなどから火がつき、現在では多くのショップで販売される人気商品となっている。空間の邪魔にならない、美しくて機能的なデザインのカレンダーは、多くのクリエイターたちからも愛され、デザインや建築事務所などで見かけることも非常に多い。いままでになかった「普通の」プロダクト、第1弾が誕生したのだ。

Page 1
次へ

商品情報

{作品名など}
ANDO'S GLASS

価格:1,944円(税込、ショートタイプ、トールタイプとも)

イベント情報

『アンドーギャラリー 安東孝一さん トークショー』

2015年12月12日(土)15:00~
会場:東京都 目黒 CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店
聞き手:大熊健郎(CLASKA Gallery & Shop "DO" ディレクター)
料金:無料(定員30名、要予約)

プロフィール

ジャスパー・モリソン
ジャスパー・モリソン

1959年、ロンドン生まれのプロダクトデザイナー。ロンドン王立芸術学院を卒業後、ベルリンにてデザインを学び、1986年にデザイン事務所Office for Designを設立。ロンドン・パリ・東京に拠点を置き、世界中の企業とプロジェクトを手がける。「スーパーノーマル」という考え方を掲げ、プロダクトデザイナーの深澤直人と共に展覧会を開催。

安東孝一
安東孝一(あんどう こういち)

1954年宮城県生まれ。1984年アンドーギャラリー設立。アート・建築・デザインのプロデュースを行う。主なプロデュースに、明治100%ChocolateCafe.のインテリアデザイン・グラフィックデザイン、東京都立つばさ総合高等学校のアートワーク、TORANOMON TOWERSのサイン計画、THE TOKYO TOWERSラウンジ・ゲストルームのインテリアデザインなどがある。また、プロダクトとして葛西薫カレンダー、ANDO’S GLASSも手がける。『PRODUCT DESIGN IN JAPAN』『MODERN—art, architecture and design in Japan』『NEW BLOOD—art, architecture and design in Japan』『くうかん』『Graphic』『インタビュー』『構成―TORANOMON TOWERS』など著書多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に