特集 PR

世界が絶賛するドラマ『ハウス・オブ・カード』を楽しむ5つの鍵

世界が絶賛するドラマ『ハウス・オブ・カード』を楽しむ5つの鍵

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
テキスト
島貫泰介
編集:野村由芽

世界最大級のオンラインストリーミングサービス「Netflix」は、現在190以上の国で8100万人の会員を抱え、様々な映像作品を月額定額制で配信している。マーベルとの制作による『デアデビル』や、人気ドラマ『フルハウス』の20年ぶりの続編『フラーハウス』、アメリカンコメディー界のドンであるジャド・アパトーの新作ラブコメディー『LOVE』などのオリジナル作品を含めて、名作・良作がなんと1日に1億2500万時間以上も配信されているのだ。

そんなNetflixで、ついに全シーズンの日本配信が始まったのが『ハウス・オブ・カード 野望の階段』だ。権力を手に入れるためにはどんな汚い手段を選ぶこともためらわない豪腕政治家を主役にした同作は、初のNetflixオリジナル作品として制作され、海外で配信開始すると同時に圧倒的な人気を獲得。今の時点でシーズン4まで制作され、シーズン5の配信も決定している。次の展開が気になる練り込まれたストーリー、連続ドラマとは思えないハイクオリティーな映像……よくある惹句はもちろん当てはまる。だが、何よりも『ハウス・オブ・カード』の人気を強力に牽引するのは、主役である豪腕政治家=フランシス・アンダーウッドの底知れないカリスマ性によるだろう。「新時代のダークヒーロー」と呼んでさしつかえないフランシス・アンダーウッドの魅力を、5つのキーワードとともに読み解いていこう。

※本記事は一部『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

血も涙もなければ、容赦も慈悲もない。主人公の「怪物性」

フランシス・アンダーウッド(愛称はフランク)は冷酷非道な大悪党である。時は2013年の新大統領就任直前。当選に大きく貢献したフランクだったが、約束されていたはずの国務長官のポストを反故にされ、自分をないがしろにしたかつての仲間たち、つまりは大統領、要職に就いた政権スタッフたちへの復讐を決意する。

その復讐は残虐かつ熾烈である。自分にかわって国務長官に就いたスポーツマンタイプのハンサム政治家は、35年も前の大学時代に起こした瑕疵(かし)を責め立て、完全なでっち上げ記事で辞職へと追い込む。

 
本作の主人公であるフランシス・アンダーウッド © Netflix. All Rights Reserved.

また、理想的な教育法案の可決に燃えるリベラル系議員には、彼の善良さにズル賢くつけ込んで、法案を骨抜きにし、その成果を横取り。政権における自分の評価を不動のものにしてしまう。

そして、それらの謀略を確固たるものにするため、上昇志向に取り憑かれた女性新聞記者と、アルコールやドラッグ依存から抜けられない若手政治家を手なづけ、数々の汚れ仕事を強要。利用価値がないと見るや、躊躇なく捨て去る。血も涙もなければ、容赦も慈悲もない。それがフランシス・アンダーウッドという名の怪物なのだ。

もしフランクが上司だったらデキる先輩かも? トラブルを楽しむ余裕すら見せる「仕事論」

フランクは、同時に誰よりも働くワーカホリックな男でもある。アニメや映画に登場する多くの悪の首領が部下に理不尽な指示を出すばかりで、実際にはほとんど働いているように見えないのはよくある話。だが、フランクは違う。

先に述べた教育法案を改案するために、優秀な法学家たちを率いてたった数日間でかたちにしてしまうし、その草案を通すための会議に電話で参加しながら、サウスカロライナ州の選挙区で起きたトラブルを自ら解決するという聖徳太子もビックリな有能さを何度も発揮する(聖徳太子には、同時期に10人の話を聞いてそれぞれに的確な助言をしたという伝説がある)。

仕事ができる男、フランシス・アンダーウッド © Netflix. All Rights Reserved.
仕事ができる男、フランシス・アンダーウッド © Netflix. All Rights Reserved.

予定していた慈善パーティーを政敵の妨害で当日キャンセルされても、急ごしらえのカジュアルな野外パーティーにプランを変更。愛妻クレアとともに、数時間で大量の料理やDJセットを手配してしまう。ホワイトハウス内で繰り広げられるドロドロの政治闘争と比べれば、同エピソードはずっとかわいげのあるものだが、当事者間の行き違いや、不徹底な根回しで起こるトラブルに翻弄されがちな私たち一般的な社会人にとって、これは感情移入しやすい屈指の名シーンだろう。

急ごしらえとは思えない、野外パーティーでのシーン © Netflix. All Rights Reserved.
急ごしらえとは思えない、野外パーティーでのシーン © Netflix. All Rights Reserved.

つまらない仕事でもイヤな顔一つせず、むしろトラブルを楽しむ余裕すら見せるフランクが上司だとしたら「自分、一生ついていくっす!」と誓ってしまうのも無理はない。きっと、フランクの爪の垢を煎じて呑んでほしいような職場の先輩や上司を思い浮かべてしまう人も、大勢いるのではないだろうか?

Page 1
次へ

作品情報

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シーズン1~4

Netflixで配信中

サービス情報

Netflix

世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で8100万人のメンバーが利用している。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴可能。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開