特集 PR

「アニソン」の枠はさらに自由に。ブンサテ、agraph、fcpなど

「アニソン」の枠はさらに自由に。ブンサテ、agraph、fcpなど

ASCA『PLEDGE』
テキスト
黒田隆憲
編集:矢島由佳子

J-POPの3つの「独自性」とは?

日本のポピュラーミュージック、いわゆる「J-POP」の昨今の世界的な浸透からは、改めて、J-POPにはどれほどの「独自性」があるのかに気づかされる。たとえばBABYMETAL、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅらは、エンターテイメントとしてのユニークさから、海外でのファンベースを着実に広げてきた。その他にも、アニメやゲームに起用されたJ-POPのアーティストが外国で流行するケースや、ピコ太郎のようにYouTubeなどの動画サイトで拡散されるケースもある。

J-POPの持つ「独自の魅力」とは一体なんだろうか。筆者は以前、「大のJ-POP好き」でも知られるWeezerのリバース・クオモに、そのことを尋ねたことがある。そのとき彼は、「スーパー・キャッチーなメロディ。スーパー・ハイエナジーなサウンド。それからコンプレックス(複雑)なコード進行」(RealSound掲載のインタビュー記事より引用)と答えてくれた。非常に核心を突いた答えだと思うが、リバースの言う3つの要素をさらに突き詰め、物凄いスピードで進化してきたのが「アニメソング(アニソン)」と言えるだろう。

今や、ねごと・BOOM BOOM SATELLITES・agraphなども「アニソン」の分野に参加する

どうやら「アニソン」というフィールドには、それ以外ではなかなかやれない「遊び」が自由にできる楽しさがあるようで、昔から優秀なコンポーザーが集まり、チャートを賑わすヒット曲をしばしば作り出してきた。そのため、J-POP界のアーティストたちがアニソンを手掛けるケースも、それこそ古くはゴダイゴから、1980年代に入ると杏里やTM NETWORKなど枚挙に遑がない。

さらにここ数年は、優秀なコンポーザーやJ-POP界のアーティストのみならず、クラブシーンやJ-ROCKシーンなどで活躍するミュージシャンたちも、次々とアニソンを提供するようになり、これまでになかったケミストリーが起きている。

たとえば、ロックバンド「Sound Schedule」のボーカリストとしてキャリアをスタートさせた大石昌良は、アニメ『けものフレンズ』のオープニングテーマ“ようこそジャパリパークへ”(どうぶつビスケッツ×PPP)の作詞・作曲・編曲を手掛け、大ヒットを記録。クラムボンのミトに「これ以上のアンセムはないんじゃないか? っていうくらい秀逸な曲」と言わしめ、大石本人も「この曲はよく『現代アニソンの集大成』と言われるんですけど、まさにその通りだなって思います」と自負する(レポート記事「アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる『アニソン座談会』」より)。

また、シンガー・XAIの歌う劇場版アニメ『GODZILLA 怪獣惑星』の主題歌“WHITE OUT”は、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が作曲を、ねごとの蒼山幸子が歌詞を担当し、BOOM BOOM SATELLITESやねごとの楽曲とはひと味違う魅力が宿った楽曲として話題となった(参考記事:中野雅之も認める、新人アーティストXAI。デビューを語る)。

さらに、“WHITE OUT”が入ったXAIのデビューミニアルバムに“Somewhere in Night”を提供した牛尾憲輔(agraph)は、電気グルーヴが主題歌(“MAN HUMAN”)を歌うNetflix独占配信アニメ『DEVILMAN crybaby』で劇伴を担当し、その音楽と映像の高度な掛け合わせは評判を得ている。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

>ASCA『PLEDGE』初回生産限定盤
ASCA
『PLEDGE』初回生産限定盤(CD+DVD)

2018年2月21日(水)発売
価格:1,728円(税込)
VVCL-1179-80

[CD]
1. PLEDGE
2. 悠遠
3. グラヴィティ with fox capture plan
4. PLEDGE -Instrumental-
[DVD]
1.「PLEDGE」Music Video
2.「PLEDGE」Lyrics Video

ASCA『PLEDGE』期間生産通常盤・アニメ盤
ASCA
『PLEDGE』期間生産通常盤・アニメ盤(CD+DVD)

2018年2月21日(水)発売
価格:1,620円(税込)
VVCL-1182-83

[CD]
1. PLEDGE
2. 悠遠
3. グラヴィティ with fox capture plan
4. PLEDGE –TV size mix-
[DVD]
TVアニメ『グランクレスト戦記』ノンクレジットエンディングムービー

ASCA『PLEDGE』通常盤
ASCA
『PLEDGE』通常盤(CD)

2018年2月21日(水)発売
価格:1,404円(税込)
VVCL-1181

1. PLEDGE
2. 悠遠
3. グラヴィティ with fox capture plan
4. PLEDGE -Instrumental-

プロフィール

ASCA
ASCA(あすか)

愛知県出身、1996年9月5日生まれ。A型。中学生時代よりロックバンドのボーカリストとして音楽活動を開始し、その力強い歌声で注目を浴び始める。第5回『全日本アニソングランプリ』に出場、10,000組以上の中から決勝まで勝ち抜き、ファイナリストとなる。2017年8月、アニメ音楽誌『リスアニ!』誌上にてASCA初となるオリジナル楽曲“RUST”を発表。新曲“KOE”がTVアニメ『Fate/Apocrypha』2ndクールエンディングテーマに決定。11月22日(水)に1stシングル『KOE』でデビュー。2018年1月より放送の『グランクレスト戦記』エンディングテーマに新曲“PLEDGE”が抜擢され、同年2月21日にリリースされることが決定した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開