コラム

韓国の女性アイドルがフェミニズム小説を読んで「炎上」 渦中の作品とは

韓国の女性アイドルがフェミニズム小説を読んで「炎上」 渦中の作品とは

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)
メイン画像:Red Velvet。中央がアイリーン。

フェミニズム小説を読んだ女性アイドルが巻き込まれた議論

韓国のガールズグループRed Velvetのメンバー・アイリーンが、ある小説を読んだと話したことで議論の渦中に置かれている。

ことの発端は、3月半ばにソウルで行なわれた彼女たちのファンミーティング。そこで最近読んだ本を聞かれたアイリーンはチョ・ナムジュの小説『82年生まれのキム・ジヨン』と答えた。

『82年生まれのキム・ジヨン』は、韓国に生きる30代の女性の日常をリアルに描き、フェミニズム小説ともカテゴライズされている小説。アイリーンがこの作品を読んでいることを知った一部の男性ファンたちが、オンラインフォーラムで「彼女に失望した」「ファンイベントに行くために金を使った男性ファンに中指を立てるのか?」などと書き込み、彼女の写真を燃やしたり、写真を切り裂いたりした画像を投稿し始めるなど、理不尽なバッシング行動に出始めたのだ。

このような反応をしているのは一部のファンだけで、彼女を擁護する声や過剰な反応に出た男性ファンを非難する声が大きいようだが、そもそも騒動の引き金となった『82年生まれのキム・ジヨン』とはどういう本なのだろうか?

Red Velvetの最新曲“Bad Boy”。同性からの支持も厚い。

30代韓国女性のリアルな姿を描く『82年生まれのキム・ジヨン』

チョ・ナムジュの小説『82年生まれのキム・ジヨン』は2016年に刊行された。主人公は1982年生まれ・30代半ばの主婦キム・ジヨン(韓国の1982年生まれの女性に最も多い名前だという)。結婚3年目で、娘と夫と暮らしている。同書は、突然自分の母親や友人の人格になったように振る舞い始めた彼女の人生を淡々と回顧する。

日本語訳が刊行されてないため、日本ではあまり知られていないこの本だが、韓国の現代作家を紹介する「新しい韓国の文学」シリーズなどを発行する翻訳出版社「クオン」が手掛ける、東京・神保町のブックカフェ「チェッコリ」では原書を取り扱っている。(販売ページを見る

チェッコリの店主・金承福氏はこの本を次のように評する。

82年生まれのジヨン氏、上には姉が下には弟がいる。家でも露骨的な差別を受けながら小学校、中学、高校、大学を出て社会に出る。もちろん学校でも会社でも女性であることで差別がある。しかしそれが差別なのかどうか大人―特に男の人は認識してない。

広告会社でバリバリ働いていたジヨン氏は結婚と出産で会社を辞める。育児も大変。子どもが幼稚園に入ったので再就職をトライするがなかなか難しい。女性であるがゆえに息苦しい場面になることが多い。

これは35歳の多くのジヨン氏たちの話であり今を生きるワーキングママたちの話でもある。いやジヨンのお母さんオ・ミスク氏の時代ともさほど変わってない。

著者のチョ・ナムジュは1978年生まれ。ドキュメンタリー番組『PD手帳』『不満ゼロ』などの構成作家を10年にわたって務めていた経歴を持っており、金氏は「小説もまるでテレビのドキュメンタリー番組を見た感じがし、新しいスタイルの作品といえそうです」と語る。

『82年生まれのキム・ジヨン』はジヨンの人生をドキュメントのように綴ることで、学生時代や受験、就職活動、職場、結婚、出産、子育てなど人生の様々な局面で韓国の女性が受ける性差別や不平等を生む社会の構造を描いて女性の共感を呼び、本国ではベストセラーになった。

結婚と出産で仕事を諦める、再就職にも困難が立ちはだかる、学校や会社で女性が受ける差別を男性が差別と認識してない、といった描写はそのまま日本にも当てはまりそうだ。

「意見を持つ女性」への恐れ? 幻想を押し付ける身勝手なファン心理

韓国で女性が置かれている状況をリアルに描いた本書を、女性アイドルが読んだということが、なぜ一部の男性ファンにとって非難の対象になるのか。それは「アイドル」という職業の持つ特殊な性質とも関係があるのかもしれない。

アイリーンの写真を燃やしたり、「失望した」などと言う男性ファンたちの過剰な行動からは女性(少なくとも女性アイドル)が知識や意見を持つことへの恐れのようなものを感じる。彼らが女性アイドルに求めるものは、かわいく歌って踊り、愛嬌をふりまく人形のような存在であって、意見を持ち、発言するような存在ではないということだろうか。

「意見を持つ女性」というのは男性優位の社会に甘んじたい彼らの「脅威」であり「敵」なのだろう。一方的な幻想をアイドルに押し付け、それが裏切られたから彼女の写真に火をつけて騒ぎ立てるというのはあまりにも身勝手で短絡的な行動だ。

チェッコリが勧める韓国フェミニズム小説、10年来の恋人の求婚を断る女性の物語

一方で、一部のファンとはいえこうした考えが大声で発される社会だからこそ、男女問わず本を読み、知識を得ることの大切さを思い知らされる。

最後に『82年生まれのキム・ジヨン』のほかにチェッコリがおすすめする韓国のフェミニズム小説を聞いた。

『현남 오빠에게(ヒョンナムさんへ)』(原題)

7人の若手有名女性作家によるフェミニズム小説集『현남 오빠에게(ヒョンナムさんへ)』は圧巻で、『82年生、キム・ジヨン』を書いたチョ・ナムジュさんの表題作、短編「ヒョンナムさんへ」は、10年以上お付き合いしていた家父長的な男性からのプロポーズを見事にお断りするお手紙スタイルの作品です。

その他、최은영(チェ・ウニョン)、김이설(キム・イソル)、최정화(チェ・ジョンファ)、손보미(ソン・ボミ)、구병모(ク・ミョンモ)、김성중(キム・ソンジュン)さんの作品が収録されています。(チェッコリのサイトで見る

『82年生まれのキム・ジヨン』『ヒョンナムさんへ』はどちらも日本語訳は未刊だが、原書はチェッコリのウェブサイトで販売中だ。

なおRed Velvetは、3月28日、29日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで日本初の単独公演を控える。また5月から6月にかけては全国6都市を巡る日本ツアーも予定されている。

Red Velvet“Peek-A-Boo”のPV。ダークでホラー風の独特の世界観を持つ
Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと