コラム

ビヨンセがコーチェラで魅せた「Beychella」の歴史的意義。紋章を解読

ビヨンセがコーチェラで魅せた「Beychella」の歴史的意義。紋章を解読

テキスト
辰巳JUNK
編集:後藤美波

アメリカの野外音楽フェスティバル『コーチェラ・フェスティバル』(『The Coachella Valley Music and Arts Festival』)はストリーミング配信されるようになって、錚々たるメンツのパフォーマンスを世界中の人々が同時に体験できるようになった。2週末にわたって行なわれ、4月22日に幕を閉じた同フェスティバルは、今年も第1週目のライブがYouTubeで生配信された。

今年のハイライトはなんといってもBeyonceの圧巻のパフォーマンス、通称「Beychella」だろう。Destiny's Childのリユニオンも見ることのできた約2時間のステージはライブストリーミングで45万人以上が同時視聴し、YouTubeで生配信された音楽フェスの中で歴代最多の視聴者数を記録したという。見る者を楽しませるだけでなく、随所にブラックカルチャーを体現するメッセージを散りばめたステージは海外メディアで「歴史的偉業」とまで評されている。

本稿ではアメリカのポップカルチャーに造詣の深い辰巳JUNK氏に、このステージでお披露目された衣装のエンブレムに記された4つのモチーフ──エジプトの王妃「ネフェルティティ」、レイズド・フィスト(突き上げられた拳)、ブラックパンサー党、蜂──をBeyonceの歌詞を交えながら考察してもらった。4つのモチーフを紐解いていくと、Beyonceがステージで紡いだ「ブラックカルチャーの歴史」が浮かび上がり、そしてこのステージが「歴史的偉業」である理由に辿り着くはずだ。

メイン画像:BeyonceのInstagramより

エンブレムに記された4つのモチーフ

Beyonceの衣装に描かれた紋章は4つのモチーフで構成されている
Beyonceの衣装に描かれた紋章は4つのモチーフで構成されている。左上から時計回りにネフェルティティ、ブラックパンサー党、蜂、レイズド・フィスト(Beyonceのオフィシャルサイトより)

古代エジプトの王妃・ネフェルティティ

黒人説がある古代エジプトの王妃。マイルス・デイヴィスやマイケル・ジャクソンが作品のモチーフにしており、ポップカルチャーにおける「ブラック・ビューティ」アイコンとされる。2PacとRihannaがタトゥーにしたことでも有名。また、ケンドリック・ラマーの楽曲“HiiiPoWeR”に見られるように、古代エジプト自体がブラック・ミュージックの人気モチーフと言える。これは古代エジプトに黒人の王に統治された時代があったためと考えられる。

Beyonceは自身をネフェルティティに模した姿でコーチェラに登場した。この王妃の名の意味は「美しき者が来たる」。同フェス初の黒人女性ヘッドライナーの開幕において、これ以上にないモチーフだろう。

自由はどこ? 私には自由が必要 私は自らの力で鎖を断ち切る(“Freedom”)
プロテストを象徴するレイズド・フィスト(突き上げられた拳)

黒人人権運動やフェミニズムなど、プロテストの象徴。2016年の『スーパーボウル』においてビヨンセが披露して以降「ブラック&フェミニズム」イメージはより広がったと思われる(2016年の『スーパーボウル』ハーフタイムショーにおけるブルーノ・マーズとBeyonceのパフォーマンス)。

例えば、同年に米軍士官学校の黒人女性生徒たちがレイズド・フィストを掲げた卒業写真の騒動。「反国家」的だと問題になった際、関係者はこのようなコメントを出した──「彼女たちが意識したのは抗議運動ではなくBeyonceです。女性同士の団結と誇りを意味したに過ぎない」。現代アメリカ社会において、Beyonceが抑圧される人々、とくに黒人女性を鼓舞するアイコンであることは説明するまでもないだろう。

私たちはなんだってできる
世界を回しているのは誰? ガールズ!
(“Run The World”)
 

黒人女性のプロテストとして、Beyonceは『コーチェラ』で歴史的な演説を流した。「アメリカで最も軽んじられ、守られず、放置されている女性は黒人女性だ」。この言葉を残したマルコムXが暗殺されたのち、ブラックパンサー党が結成される。

Beyonce“Run The World”

米ポップカルチャーに影響を与え続けるブラックパンサー党

1960年代から70年代にかけて黒人解放闘争を展開した政治組織。反警察を掲げ銃器を持った一方、貧困層児童への支援を行なったことで知られる。2Pacとカニエ・ウェストの親も党員。Beyonceが『スーパーボウル』でオマージュを捧げたことが象徴するように、ブラックパンサー党はアメリカのポップカルチャーに多大な影響を与えている。

まず音楽への影響。「挑発的な言葉を武器としたパンサー党なくしてヒップホップは生まれなかった」とまで語られている。そして、彼らが発信した「皮肉なしに己を誇示するアティチュード」。この姿勢が今なおアメリカ社会で受け継がれていることを示すには、ラッパーやNBA選手など枚挙にいとまが無い。しかし、Beyonceこそがその代表例だというのは『コーチェラ』でパフォームされた楽曲群で一目瞭然だ。

事実を言うわ
札束には飽き飽きしてる、使いきれないから
DIVAの頂点に君臨して長いわ 新聞は読んだ? そこでは誰をクイーンと呼んでた?
(“Diva”)
Beyonce“Diva”

HBCU(歴史的黒人大学)──なぜ「大学風」デザインなのか?

最後のシンボルを紹介する前に「なぜエンブレムが大学風デザインなのか」を説明したい。

Beyonceは、『コーチェラ』公演を「大学カルチャーに捧げた」と明かしている。オマージュされた大学は歴史的黒人大学、通称HBCU。おもに南北戦争以後「黒人への高等教育」を理念として設立された約100校を指す。著名な卒業生はキング牧師やオプラ・ウィンフリーなど。「Beychella」でフォーカスされたように「ブラック・ミュージックをフュージョンし躍動するマーチング・バンド」で今なお有名だ。

蜂──ファンも歴史的パフォーマンスの一部

Beyonceのファンダム「BeyHive」の象徴。Beyonce自身も女王蜂がシンボルだが、紋章に記されたのは働き蜂にあたるBeyHiveだと考察されている。

理由は、第一にフォルム。腹部が短いため女王蜂より働き蜂に近い。第二にパフォーマンスの構成。約2時間にわたる舞台で、ビヨンセは最後の一曲をファンに捧げている。蜂をファンと仮定すると、エンブレムと舞台構成の内容が綺麗に一致する。つまり、我々Beyonceファンも歴史的パフォーマンスの一部なのだ。

古代エジプトからプロテスト運動、ブラックパンサー党、HBCU、そしてBeyHiveまで──ブラック・カルチャーの歴史を辿った舞台は、最後に現在に到着する。公演のラスト、ファンに感謝を述べたBeyonceはこう歌った。

あなたがいれば太陽を感じられる
みんな訊くの どうしていつも笑ってられるの?って
何度も涙を流してきた やっとあなたが私を一番にしてくれたの (“Love On Top”)
Beyonce“Love On Top”ライブ映像

大舞台で表現された「濃密なブラックネス」。「Beychella」が「歴史的」である理由

「歴史的パフォーマンス」──これは、『TIME』や『CNN』などのメディアがこぞって使った「Beychella」への称賛フレーズだ。しかし、その結果とは裏腹に、公演前、ビヨンセの母親ティナ・ノウルズは懸念を示していた。「ここまでブラックカルチャーを表現すると、白人ばかりの観客が困惑してしまうのではないか?」心配する母に娘はこう返したという。「私は“1番人気”ではなく“ベスト”をやる」 。

このやりとりからして、白人観客が多いとされる『コーチェラ』でHBCUや政治運動を含むブラックカルチャー表現はハイリスクだったことが窺える。では、何故その舞台は「歴史的」と評されているのだろうか? 実は、この母娘の会話こそが答えだ。

作家マイルス・E・ジョンソンは、『New York Times』において「ビヨンセは配慮の時代を終わらせた』と論じている。今までアメリカのメインストリームカルチャーにおいて、黒人スターたちはルーツ表現を「白人層が受け入られる程度」に留めなければいけない「配慮」の中にいた。ジョンソンは、その例としてR&Bのかわりにポップ作風を強めていったホイットニー・ヒューストンを挙げている。また、オプラやオバマは権力を手にした一方で「白人層からの支持を獲得する為に黒人文化から離れてしまった存在」とも認識されている。

このような歴史と現状のなか、Beyonceは世界最大級の音楽フェスで「白人受けが悪いとされる濃密なブラックネス」を2時間にわたって表現してみせた。「配慮」しないリスクをとった彼女のルーツ表現は、多くのアフリカ系の人々を歓喜させた。それと同時に、世界中の人々にブラックカルチャーの魅力を知らしめるまでに至った。緻密かつ大胆にブラックカルチャーを表現したBeyonceの『コーチェラ』公演は、そのマス的成功を持って「配慮」の慣習に終止符を打ったのである。これはアメリカのポップカルチャー史において重要な「成功例」であり、ゆくゆくは「転換点」となりえる快挙だ。

『コーチェラ』ではDestiny's Childのリユニオンも

ヒップホップや映画『ブラックパンサー』など、アメリカを発端にブラックカルチャーの国際人気が高まる昨今。Beyonceは音楽界の先頭で「濃密なブラックカルチャー表現」と「大勢が楽しめる舞台」を両立させ、大きな成功を納めた。まさしく、時代を象徴すると共に新たな時代を切り拓く音楽表現。そして、おそらくは彼女にしかできないステージだった。『Billboard』が「マイケル・ジャクソンに比肩する」と評したように、Beyonceは現代のスーパースターだ。

ときどき私はやり過ぎる、思いっきり 自分の物はいただくわ、私はスターだから
フォーメーションを組んで
貴方たちが対等な立場にいると証明して
(“Formation』”)
Beyonce“Formation”
Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも