コラム

渋谷シネパレスが70年の歴史に幕。元支配人に閉館理由と思い出を訊く

渋谷シネパレスが70年の歴史に幕。元支配人に閉館理由と思い出を訊く

佐伯享介

渋谷シネパレスが5月27日をもって閉館する。同館は1948年に渋谷パレス座として誕生し、70年間にわたって運営されてきた。戦後間もない時期から脈々と続いてきた長い歴史に、幕を下ろすことになった。

映画館の閉館が各地で相次いでいる。2月に閉館した東京・TOHOシネマズ日劇、3月末に閉館した京都の京都みなみ会館、5月31日で閉館する千葉・イオンシネマ ユーカリが丘、6月1日に閉館する神奈川・横浜ニューテアトルなど枚挙にいとまがない。

中でも渋谷シネパレスはエンターテイメント密集地帯の渋谷にあって、独自の存在感を放つ映画館だ。レトロで清潔感のあるロビー、落ち着いた雰囲気が漂う場内は、密やかな娯楽としての映画の魅力を豊かに伝える。

このたびCINRA.NETでは渋谷シネパレスの元支配人で、同館を運営する葉興業株式会社の営業部長・飯田氏にメール取材を行なった。「長い歴史の中で記憶を辿りながらの回答となり、全てを語ることはできない」としながらも、以下のご回答をいただいた。

渋谷シネパレス外観
渋谷シネパレス外観

閉館理由は「コストパフォーマンスに見合わなくなった」から。再オープンするシネクイントへのエールも

閉館にいたった経緯や理由について単刀直入に質問すると、以下のご回答。

90年代中盤からシネマコンプレックスの普及とその後のチケットのインターネット販売の普及によりコストパフォーマンスに見合わなくなった。

渋谷シネパレスと入れ替わるかたちで、2016年に渋谷パルコ建て替えの影響から一時閉館となっていたシネクイントが新たに入居。7月6日にオープンする予定だ。シネクイントに期待している点を問うと、

渋谷地区の映画文化が過去の輝きを取り戻す布石となってもらえればと思います。

シネパレスは今後、渋谷もしくはそれ以外の場所で復活する可能性があるのか、という問いには、「あったらいいですね」とのこと。

長い歴史。思い出の映画は?

これまで数々の作品を上映してきた渋谷シネパレス。特に思い出深い作品を伺うと、懐かしい作品を3つ挙げられた。

『ライフ・イズ・ビューティフル』1999年4月17日~
『NIGHT HEAD』1994年11月3日~
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』2009年10月30日~
この3作品は興行的に大成功したのはもちろんですが、劇場の熱気が凄かったです。

同館のオフィシャルサイトでは「閉館のお知らせ」として、前身の渋谷パレス座からのこれまでを振り返ったページを公開中。これまでの主なヒット作品として、上記3作品に加えて2003年の『座頭市』、2011年の『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』、2006年の『武士の一分』、2005年の『チャーリーとチョコレート工場』、2003年の『ファインディング・ニモ』、2006年の『DEATH NOTE 後編』、1992年の『ゆりかごを揺らす手』、2014年の『あと1センチの恋』が挙げられている。

劇場がパニックになった、忘れられない出来事。

日々、様々な人が訪れる映画館。思い出深い出来事を伺った。

過去に当館がパニックに至ったことが2度あり、83年上映のフランシス・フォード・コッポラ監督作品『アウトサイダー』にデビュー前の少年隊が来場して、一帯が少女で溢れ返り、スタッフは訳も分からずパニックに。
94年11月3日『NIGHT HEAD』公開初日に豊川悦司さんと武田真治さんの舞台挨拶があり、一帯は人で埋め尽くされ警察が出動した。

「名前が変わっても、また続いて参ります」

取材の最後に、閉館にあたって来場者に伝えたい言葉があればお教えください、と向けると、以下のコメントをいただくことができた。

「渋谷パレス座」及び「渋谷シネパレス」で観たことを忘れている映画でも、それらの作品がお客様の人生のエッセンスになっていることが願いです。
70年間で1千万程のお客様をお迎えできたスクリーンは名前が変わっても、また続いて参ります。

来場者との思い出は数えきれないほどあったのでは? と問うと、

お客様との思い出は私共の心に大切にファイルしております。

5月27日まで営業

現在、最終営業日となる5月27日まで特別興行『70年に感謝ワンコイン(500円)でお別れです』を実施中。500円という破格な料金で、角川映画の名作が上映されている。特別興行外の最終上映作品は、『ダンガル きっと、つよくなる』応援上映になる模様だ。この機会にぜひ駆けつけてほしい。

※記事掲載時、事実に誤認がありました。訂正してお詫びいたします。

Page 1

イベント情報

『70年に感謝ワンコイン(500円)でお別れです』

2018年5月19日(土)~5月27日(日)
会場:東京都 渋谷シネパレス
上映作品:
『犬神家の一族』(監督:市川崑)
『戦国自衛隊』(監督:斎藤光正)
『人間の証明』(監督:佐藤純彌)
『時をかける少女』(監督:大林宣彦)
『探偵物語』(監督:根岸吉太郎)
『セーラー服と機関銃』(監督:前田弘二)
『Wの悲劇』(監督:澤井信一郎)
『里見八犬伝』(監督:深作欣二)
『復活の日』(監督:深作欣二)
『野性の証明』(監督:佐藤純彌)
料金:各回500円
※上映スケジュールは渋谷シネパレスのオフィシャルサイトで要確認

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化