特集 PR

『GREENROOM FES』が他フェスと違う立ち位置を確立できた訳

『GREENROOM FES』が他フェスと違う立ち位置を確立できた訳

『GREENROOM FESTIVAL』
テキスト
黒田隆憲
編集:川浦慧

「子供たちに大切なビーチを残していきたい」という思いから始まったフェス

毎年5月に横浜赤レンガ倉庫にて開催される、音楽とアートのカルチャーフェスティバル『GREENROOM FESTIVAL』。「海やビーチのライフスタイルやカルチャーを伝え、子供たちに大切なビーチを残していきたい」という思いから、「Save The Beach、Save The Ocean」をコンセプトに掲げたこのフェスは、サーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ音楽やアート、映画を中心に多彩なラインナップを集め、2005年の初回から徐々に規模を拡大してきた。昨年の来場者数は2日間でのべ11万人を超え、都市型フェスの代表格として高い人気を誇っている。

『GREENROOM FESTIVAL』が、多くのフェス好きに支持される理由

『GREENROOM FESTIVAL』の発起人は、釜萢直起(かまやちなおき)。サーフブランドを扱う広告代理店に勤めていた彼が2004年、カリフォルニアのラグーナビーチにて開催された、サーフカルチャーの発展を目的とするイベント『The Moonshine Festival』を目撃し、大きな感銘を受けたことが全ての始まりだったという。翌年の2月には、早くも第1回『GREENROOM FESTIVAL』を開催。

初回はサーファーやスケーター、ヒッピースタイルの人たちが中心の、かなり尖ったフェスだったという。以降、徐々に客層も変化していったが、サーフカルチャーやヒップホップ、エコなどを愛する来場者が現在でも多い。さらに、横浜の夜景が一望できるシチュエーション、音楽だけでなくアートやヨガも同時に楽しめるところから、ここ数年はとくに女性の支持を増やし続けている。

『GREENROOM FESTIVAL'17』に来日したVANSレジェンドスケーター Steve Caballero
『GREENROOM FESTIVAL'17』に来日したVANSレジェンドスケーター Steve Caballero

『GREENROOM FESTIVAL'17』アートギャラリーコンテナの様子
『GREENROOM FESTIVAL'17』アートギャラリーコンテナの様子

『GREENROOM FESTIVAL'17』の様子
『GREENROOM FESTIVAL'17』の様子

『GREENROOM FESTIVAL』が愛される理由の1つとして、過ごしやすい気候の5月に、都内近郊で開催されるというのも挙げられるだろう。アウトドアグッズなどの装備が必要な野外フェスや、汗が滴り落ちる猛暑の夏フェスとは違い、オシャレを楽しみながら、電車に乗って気軽に行けるところも、多くの人たちを魅了してきたポイントである。

さらに、「かながわ海岸美化財団」とパートナーシップを組んで、ゴミの回収に力を入れたり、託児施設を充実させることで家族連れも参加しやすくしたりするなど、参加者が快適に過ごせるような工夫を随所に凝らしつつ、ビーチや海への意識を高められるのも魅力の1つだ。

『GREENROOM FESTIVAL'17』の様子
『GREENROOM FESTIVAL'17』の様子

『GREENROOM FESTIVAL'17』の様子
『GREENROOM FESTIVAL'17』の様子

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『GREENROOM FESTIVAL'18』
『GREENROOM FESTIVAL'18』

2018年5月26日(土)、5月27日(日)
会場:神奈川県 横浜 赤レンガ地区野外特設会場

出演:
5月26日(土)
Jimmy Cliff
Vintage Trouble
ハナレグミ
EGO-WRAPPIN'
THE King ALL STARS
平井 大
MONKEY MAJIK
GLIM SPANKY
never young beach
Nulbarich
SOIL&"PIMP"SESSIONS
七尾旅人
KNOWER
スガ シカオ(solo)
藤原さくら
SANABAGUN.
WONK
小袋成彬
Port of Notes
King Gnu
DATS
LUCKY TAPES
DJ HASEBE
高木完
リベラル
Rude-α
DJ TOGA
DJ NORI
Kenichiro Nishihara
Dazzle Drums
5月27日(日)
Sublime with Rome
The Wailers
ASIAN KUNG-FU GENERATION
UA
大橋トリオ
サンボマスター
在日ファンク
GRAPEVINE
水曜日のカンパネラ
MONDO GROSSO
D.A.N
HYUKOH
The Babe Rainbow
Nick Moon
手嶌葵
MOROHA
Ovall
KANDYTOWN
高野寛
武藤昭平withウエノコウジ
THE CHARM PARK
大比良瑞希
DAISHI DANCE
DISCO MAKAPU'U
Gakuji “CHABE” Matsuda
Chip Tanaka
JUN “JxJx” SAITO
高木完
NOEL&GALLAGHER
YonYon

料金:1日券11,730円 2日券19,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く