コラム

英ハイドパークに出現した巨大な「墳墓」 クリストの新作パブリックアート

英ハイドパークに出現した巨大な「墳墓」 クリストの新作パブリックアート

テキスト
後藤美波
メイン画像:Christo and Jeanne-Claude, The London Mastaba, Serpentine Lake, Hyde Park, 2016-18 Photo: Wolfgang Volz ©2018 Christo

7506個のドラム缶でできたパブリックアート

イギリス・ロンドンの公園・ハイドパークに、巨大な構造物が出現した。

クリストの新作パブリックアート『The London Mastaba』。公園内の池サーペンタイン・レイクに浮かぶ巨大な台形の立体作品だ。

Christo and Jeanne-Claude, The London Mastaba, Serpentine Lake, Hyde Park, 2016-18 Photo: Wolfgang Volz ©2018 Christo
Christo and Jeanne-Claude, The London Mastaba, Serpentine Lake, Hyde Park, 2016-18 Photo: Wolfgang Volz ©2018 Christo

この台形は水平に積み上げられた7506個のドラム缶で構成されている。大きさは高さ20メートル、幅30メートル、奥行き40メートル。使われているのは、1つ55ガロンの一般的なサイズのドラム缶で、赤や青のペイントが施されている。建設は今年4月から行なわれており、6月18日にお披露目。9月23日まで約3か月にわたってハイドパークの池の水面に鎮座する。

Christo and Jeanne-Claude, The London Mastaba, Serpentine Lake, Hyde Park, 2016-18 Photo: Wolfgang Volz ©2018 Christo

Christo and Jeanne-Claude, The London Mastaba, Serpentine Lake, Hyde Park, 2016-18 Photo: Wolfgang Volz ©2018 Christo

ハイドパークの池に浮かぶ巨大な「墳墓」

タイトルに冠された「Mastaba(マスタバ)」は古代エジプトで作られた巨大な墳墓の一種を指す言葉だ。その建築様式は後のピラミッドの建設にも影響を与えたとされているが、確かに都市の自然の中に佇むシンプルな塊は、砂漠にそびえるピラミッドのような荘厳な存在感を湛えており、どこか宗教的なシンボルのようでもある。20メートルの高さはギザのスフィンクスと同じ大きさとなる。

一方で水鳥が泳ぎ、公園を訪れた人々のボートが行き交う水の上に浮かぶカラフルな立体からは、古代エジプトの墳墓よりも明るく、軽い印象を受ける。また太陽の光や水の反射など環境に拠る表情の変化も楽しむことができる。

Christo and Jeanne-Claude, The London Mastaba, Serpentine Lake, Hyde Park, 2016-18 Photo: Wolfgang Volz ©2018 Christo

「この3か月、『The London Mastaba』はロンドンの中心にあるハイドパークの環境の一部になる」と話すクリスト。本作の公開にあわせて、サーペンタイン・ギャラリーではクリストと2009年に亡くなった妻ジャンヌ=クロードの創作の軌跡を建築やドローイング、写真、コラージュなどでたどる展覧会が同時開催されている。

Christo and Jeanne-Claude, The London Mastaba, Serpentine Lake, Hyde Park, 2016-18 Photo: Wolfgang Volz ©2018 Christo

Christo and Jeanne-Claude, The London Mastaba, Serpentine Lake, Hyde Park, 2016-18 Photo: Wolfgang Volz ©2018 Christo

クリストは今回の展示について「日の光の変化によって作品の色はうつり変わり、サーペンタイン・レイクの水面の反射は抽象絵画のような姿を見せるだろう。王立公園と共に『The London Mastaba』を実現させ、サーペンタイン・ギャラリーの友人たちと共に、私とジャンヌ=クロードが作品にドラム缶を使用してきた60年間の歴史を紹介する展覧会を作ることができてとても光栄だ」と語る。

Christo The Mastaba (Project for London, Hyde Park, Serpentine Lake)
Collage 2018 8 1/2 x 11
Christo The Mastaba (Project for London, Hyde Park, Serpentine Lake) Collage 2018 8 1/2 x 11" (21.5 x 28 cm) Pencil, wax crayon, enamel paint, color photograph by Wolfgang Volz, technical data, map, mylar and tape Photo: André Grossmann ©2018 Christo

Christo, The Mastaba (Project for London, Hyde Park, Serpentine Lake)
Drawing 2017 in two parts, 30 1/2 x 26
Christo, The Mastaba (Project for London, Hyde Park, Serpentine Lake) Drawing 2017 in two parts, 30 1/2 x 26" and 30 1/2 x 12" (77.5 x 66.7 cm and 77.5 x 30.5 cm) Pencil, charcoal, pastel, enamel paint, hand-drawn technical data, map on vellum and tape Photo: André Grossmann ©2017 Christo

公的資金やスポンサーの援助は受けない

これまでも世界各地で恒久的に存在しない「一時的」なプロジェクトを行なってきたクリストとジャンヌ=クロード。

セーヌ川にかかるパリ最古の橋ポン・ヌフや、ベルリンの旧ドイツ帝国議会議事堂を「梱包」するプロジェクト、アメリカ・カリフォルニアと日本の茨城に千本を超える傘を設置した『アンブレラ・プロジェクト』をはじめ、2005年にはニューヨークのセントラルパークに7千本もの布の門を立てた『ザ・ゲーツ』を実現させた。

2018年5月の『The London Mastaba』建設風景。作業員がドラム缶を積み上げている。 Workers installing barrels on the vertical side of the London Mastaba, May 2018, Photo: Wolfgang Volz
2018年5月の『The London Mastaba』建設風景。作業員がドラム缶を積み上げている。 Workers installing barrels on the vertical side of the London Mastaba, May 2018, Photo: Wolfgang Volz

これまでクリストとジャンヌ=クロードが自ら公的機関などと交渉を重ね、資材や資金の準備を行ない、長年の月日をかけて計画を現実のものにしてきた。『The London Mastaba』の制作は2年間という彼らの仕事にしては短い期間で実現したそうだが、本作の制作にあたってもスポンサーや公的資金からの援助は受けておらず、クリストが自身の作品を売った資金で制作費をまかなっているという。

『The London Mastaba』建設風景。浮いた土台にフレームを取り付けている。On top of the floating platform, workers install the steel frame of the London Mastaba April 2018 Photo: Wolfgang Volz
『The London Mastaba』建設風景。浮いた土台にフレームを取り付けている。On top of the floating platform, workers install the steel frame of the London Mastaba April 2018 Photo: Wolfgang Volz

ドラム缶が積み上げられていく様子。Barrels being installed on the slanted wall of the London Mastaba, May 2018 Photo: Wolfgang Volz
ドラム缶が積み上げられていく様子。Barrels being installed on the slanted wall of the London Mastaba, May 2018 Photo: Wolfgang Volz

アブダビに41万個のドラム缶使った世界最大の彫刻『The Mastaba』を計画中

『The London Mastaba』はクリストとジャンヌ=クロードが1970年代後半から計画している、アラブ首長国連邦の首都アブダビに建設予定の進行中のプロジェクト『The Mastaba』の縮小バージョンだ。

『The Mastaba』でも『The London Mastaba』と同じく55ガロンのドラム缶を積み上げた台形の構造物を作る計画だが、使用するドラム缶の数は41万個。高さ150メートル、幅300メートル、奥行き225メートルの作品となり、実現すれば世界最大の彫刻であり、クリストとジャンヌ=クロードにとって唯一となる恒久の大型作品になる。

アブダビで計画中の『The Mastaba』イメージ図 The Mastaba of Abu Dhabi (Project for United Arab Emirates) Scale model 1979 32 1/2 x 96 x 96
アブダビで計画中の『The Mastaba』イメージ図 The Mastaba of Abu Dhabi (Project for United Arab Emirates) Scale model 1979 32 1/2 x 96 x 96" (82.5 x 244 x 244 cm) Enamel paint, wood, paint, sand and cardboard Photo: Wolfgang Volz ©1979 Christo

アブダビの『The Mastaba』建設候補地 The proposed site for The Mastaba Photo: Wolfgang Volz
アブダビの『The Mastaba』建設候補地 The proposed site for The Mastaba Photo: Wolfgang Volz

クリストは本作の発表に際して行なわれた「Dezeen」のインタビューで、その規模や制作にかかる時間、公共空間での許可取りといったプロセスから、自身の作品と高層ビルや橋、高速道路の建築の類似点を認めつつも、「自分たちの作品は建築ではない」と言明。

「多くの人が私たちの作品を読み解くのに苦労しているようだ。一般的な彫刻ではないし、ペインティングでもない。私たちの作品はただ見たとおり。完全にアート作品である。私たちの作品は、私とジャンヌ=クロードがその作品が存在することを望んだから存在している」と語っている。

クリストによる新作パブリックアート『The London Mastaba』は、9月23日までロンドン・ハイドパークのサーペンタイン・レイクで公開中。クリストとジャンヌ=クロードの展覧会『Christo and Jeanne-Claude: Barrels and The Mastaba 1958-2018』は、サーペンタイン・ギャラリーで9月9日まで開催されている。

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年