コラム

2019年がはじまって早1か月。残された「平成」の期間もあとわずかとなった。オリンピック開催を来年に控える東京では「あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵」が発見され、世間をざわつかせたことも記憶に新しい。今年はどんなアートイベントが人気を集めるのだろうか? CINRA.NETでは2019年の上半期で注目の展覧会や芸術祭を、現在開催中のものも含めてピックアップしました。

『「ソフィ カル―限局性激痛」原美術館コレクションより』

Sophie Calle, Exquisite Pain, 1984-2003 ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018
Sophie Calle, Exquisite Pain, 1984-2003 ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018

1953年にフランスで生まれた現代美術作家、ソフィ・カル。同展は1999年に原美術館で開催された日本初の個展『限局性激痛』の再現展。カル自身の失恋体験による痛みとその治癒を作品化している。なお会場となる原美術館は2020年12月末をもって閉館する予定。

2月2日からは東京・銀座のギャラリー小柳、六本木のペロタン東京でもソフィ・カルの個展が開催。渋谷スクランブル交差点の街頭ビジョンでは、2月3日から8日の24:00から25:00までの間、カルの映像作品を上映する予定だ。

イベント情報

『「ソフィ カル―限局性激痛」原美術館コレクションより』

2019年1月5日(土)~3月28日(木)
会場:東京都 品川 原美術館

時間:11:00~17:00(水曜は20:00まで開館、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日
料金:一般1,100円 大高生700円 小中生500円
※原美術館メンバーは無料
※学期中の土曜は小中高生無料

『石川直樹 この星の光の地図を写す』

石川直樹『DENALI』(1998)
石川直樹『DENALI』(1998)

1977年に生まれた写真家の石川直樹。22歳で北極から南極までを人力で踏破し、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功。その後も各地を縦横に旅して撮影を続けている。

同展では、北極、南極、ヒマラヤ8000m峰といった極地を撮影した各シリーズやポリネシア地域に浮かぶ島々を巡った『CORONA』、世界各地の洞窟壁画を訪ねた『NEW DIMENSION』、そ日本列島の南北に広がる島々を探索する『ARCHIPELAGO』など、石川の初期から現在に至るまでの活動を紹介している。

イベント情報

『石川直樹 この星の光の地図を写す』

2019年1月12日(土)~3月24日(日)
会場:東京都 初台 東京オペラシティアートギャラリー

時間:11:00~19:00(金、土曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜)、2月10日(全館休館日)
料金:一般1,200円、大高生800円
※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

『イケムラレイコ 土と星 Our Planet』

イケムラレイコ『頭から生えた木』2015 年 テラコッタ、釉薬 30x37x24cm 個人蔵、ドイツ
イケムラレイコ『頭から生えた木』2015 年 テラコッタ、釉薬 30x37x24cm 個人蔵、ドイツ

ヨーロッパを拠点に絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真など多岐にわたる表現を行なうイケムラレイコ。スイスで本格的に画家としての活動を開始し、1983年にドイツに移った。

『イケムラレイコ 土と星 Our Planet』展では、展示室に加えて野外展示場も使い、イケムラが手掛けてきた全てのメディアを網羅した約210点の作品群を展示。初期のドローイング約40点や表現主義風の大型の絵画、最新作『うねりの春』なども含まれる。

イベント情報

『イケムラレイコ 土と星 Our Planet』

2019年1月18日(金)~4月1日(月)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室1E

時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜
料金:一般1,000円 大学生500円
※2月24日は天皇陛下御在位30年を記念して、入場無料
※高校生、18歳未満無料
※障害者手帳提示で本人と付添者1名無料

『第11回恵比寿映像祭』

三宅唱『ワイルドツアー』 ©Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]
三宅唱『ワイルドツアー』 ©Yamaguchi Center for Arts and Media[YCAM]

東京・恵比寿を舞台に展示や上映をはじめ、ライブ、シンポジウム、地域との連携プログラムなどを展開する『恵比寿映像祭』。「トランスポジション 変わる術」をテーマにした今回は、26の国と地域からデヴィッド・オライリー、3RENSA、市原えつこ、地主麻衣子、三宅唱、草野なつか、大野松雄、さわひらき、曽我大穂、牧野貴ら76人の作家およびゲストが参加する。

イベント情報

『第11回恵比寿映像祭』

2019年2月8日(金)~2月24日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場ほか

時間:10:00~20:00(最終日は18:00まで)
休館日:2月12日、2月18日
料金:無料(定員制プログラムは有料)

『クマのプーさん展』

『クマのプーさん展』ビジュアル
『クマのプーさん展』ビジュアル

A・A・ミルンと、挿絵を担当したE・H・シェパードによって1926年にイギリスで発表された児童文学『クマのプーさん』。これまでに50以上の言語に翻訳されると共に、全世界で5千万部以上のシリーズ本が出版されている。

同展は昨年にイギリス・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で開催。シェパードのオリジナル鉛筆素描画を世界最大規模で所蔵する同館が贈る日本初の展覧会となる。

イベント情報

『クマのプーさん展』

2019年2月9日(土)~4月14日(日)
会場:東京都 渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム

時間:10:00~18:00(金、土日は21:00まで、入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,500円 大高900円 中小600円 親子券1,600円

『六本木クロッシング2019展:つないでみる』

目『Elemental Detection』2016年 展示風景:「さいたまトリエンナーレ2016」旧埼玉県立民俗文化センター 撮影:衣笠名津美 ※参考図版
目『Elemental Detection』2016年 展示風景:「さいたまトリエンナーレ2016」旧埼玉県立民俗文化センター 撮影:衣笠名津美 ※参考図版

『六本木クロッシング』は日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、森美術館が2004年から3年に1度開催しているシリーズ展。6回目となる今回は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターのみで共同キュレーションを実施し、1970年から80年代生まれを中心とした日本人アーティスト約25組を紹介する。

出展作家は森永邦彦によるアンリアレイジ、青野文昭、万代洋輔、土井樹+小川浩平+池上高志+石黒浩×ジュスティーヌ・エマール、毒山凡太朗、榎本耕一、花岡伸宏、林千歩、平川紀道、ヒスロム、飯川雄大、今津景、磯谷博史、川久保ジョイ、前田征紀、前谷開、目、佐藤雅晴、杉戸洋、竹川宣彰、田村友一郎、土屋信子、津田道子、佃弘樹、山内祥太。

イベント情報

『六本木クロッシング2019展:つないでみる』

2019年2月9日(土)~5月26日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館

時間:10:00~22:00、火曜10:00~17:00(火曜以外の入館は21:30まで、火曜は16:30まで)
料金:一般1,800円 高校・大学生1,200円 4歳~中学生600円 シニア(65歳以上)1,500円
※4月30日は22:00まで会館(入館は21:30まで)、5月25日は翌朝6:00まで(最終入館 5:30)

『クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime』

1944年に生まれたフランスの現代美術家クリスチャン・ボルタンスキー。歴史の中で消えていく記憶の再生や、匿名の個人および集団の生と死を表現した作品を発表している。日本では『瀬戸内国際芸術祭』『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』などに参加したほか、2016年には東京都庭園美術館で個展を開催した。

『クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime』展は、ボルタンスキーの初期作品から最新作までを紹介する、国内初の大規模回顧展。2月9日から大阪・国立国際美術館で開催されるほか、6月12日から東京・国立新美術館、10月18日から長崎県美術館を巡回する。

イベント情報

『クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime』

2019年2月9日(土)~5月6日(月・休)
会場:大阪府 中之島 国立国際美術館
時間:10:00~17:00(金、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜、2月12日(祝祭日は開館)
料金:一般900円 大学生500円 高校生、18歳未満無料
※障がい者は証明書提示で付添者1名まで無料
※金、土曜17:00~20:00は夜間割引適用
※2月24日は入場無料

2019年6月12日(水)~9月2日(月)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室2E
時間:10:00~18:00(毎週金・土曜、6月は20:00まで、7・8月は21:00まで。入場は閉館の30分前まで)
料金:当日 一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円
※中学生以下は入場無料

2019年10月18日(金)~2020年1月5日(日)
会場:長崎県 長崎県美術館

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる