コラム

『カメラを止めるな!』キャストをおさらい。『金曜ロードSHOW!』で初放送

『カメラを止めるな!』キャストをおさらい。『金曜ロードSHOW!』で初放送

佐伯享介(CINRA.NET編集部)

映画『カメラを止めるな!』が、本日3月8日の日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送される。

『カメラを止めるな!』は、俳優映画監督養成スクールのENBUゼミナールによる企画『シネマプロジェクト』の第7弾。とある山奥の廃墟で撮影されたゾンビ映画を巡る物語で、劇中には約37分間におよぶワンシーン・ワンカットの映像が使用されている。メガホンを取ったのは、同作が長編デビュー作となる上田慎一郎。東京2館での公開から全国300館以上に拡大上映され、興行収入30億円を超えるヒットを記録した。

さんざん驚かれたサクセスストーリー。だが、もっと驚かれるべき。

驚きのサクセスストーリーだった。超低予算で製作されたほぼ無名キャストたちによる新人監督の長編作品が、その年の邦画興行収入で上位に食い込み、『日本アカデミー賞』各部門で優秀賞も受賞する。そんな荒唐無稽な夢物語が現代日本で実際に起こったというのは、これまでもさんざん驚かれていることだが、もっと驚かれてもいいことだ。きわめつけが、地上波プライムタイムでの全国放送である。

『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール
『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール

『金曜ロードSHOW!』で昨年放送された実写邦画は40本中9本だけ

たとえば今回放送される『金曜ロードSHOW!』。30年以上続くこの放送枠は普段映画を進んで観ない層にもよく見られるし、SNSでも時折バズを生み出している。地上波テレビの視聴率が低下している現在だが、お茶の間への影響力はいまだ健在だ。

その『金曜ロードSHOW!』で2018年に放送された映画は40本。うち23本が邦画だが、スタジオ・ジブリや細田守監督作品、劇場版『名探偵コナン』などのアニメ映画が過半数以上を占め、実写の邦画は9本(『DESTINY 鎌倉ものがたり』『謝罪の王様』『斉木楠雄のψ難』『海賊とよばれた男』『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』『るろうに剣心 伝説の最期編』『るろうに剣心 京都大火編』『ちはやふる-下の句-』『ちはやふる-上の句-』)。

『ちはやふる』『るろうに剣心』はそれぞれ2本ずつ放送されているので、作品タイトルとしては7本とすることもできる。今年の同番組の放送スケジュールが今後どうなるのかわからないが、実写の邦画が『金曜ロードSHOW!』で放送される機会は、それほど多くはないのだ。その1本として、大半の民放ドラマ1話分の製作費にも満たないであろう、約300万円ともいわれる低予算で作られた『カメラを止めるな!』が放送される。これはやはり、驚くべきことだ。

『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール
『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール

「あの人は誰?」が増殖する。新鮮な驚きを生む無名キャスト陣

そうした驚くべきサクセスストーリーが実現した理由については、これまでも多く分析されてきたが、この記事ではとくにキャスト陣に注目し、プロフィールを紹介したい。出演者たちがほぼ無名だったからこそ生み出せた、なにか新しいものに触れたときのみずみずしい感覚。「こんなに個性的な役者がいたんだ」という発見。それがこの作品の持つ「驚き」の源泉の1つであることは間違いない。そして地上波放送によって、そんな「あの人は誰?」が日本全国でさらに増殖するのは確実だろう。

『カメラを止めるな!』©ENBUゼミナール
『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール

冒頭約40分間ノーカット。監督&キャストの副音声解説も

なお『金曜ロードSHOW!』では、本編がノーカットで放送されるほか、冒頭約40分間はCMなしで放送予定。加えて副音声では上田慎一郎監督とキャスト陣による映画解説を生中継する。

監督・日暮隆之役 濱津隆之

監督・日暮隆之役の濱津隆之 ©ENBUゼミナール
監督・日暮隆之役の濱津隆之 ©ENBUゼミナール

1981年生まれ。30歳を前にして役者活動を開始。事務所に所属せず、野鳩の舞台公演など演劇を中心に活動していた。主演を務めた『カメラを止めるな!』で注目を浴び、CMの仕事なども出演。アニモプロデュースに所属となった。『第42回日本アカデミー賞』で優秀主演男優賞を受賞。『金曜ロードSHOW!』副音声解説に参加予定。

監督・日暮隆之役の濱津隆之
監督・日暮隆之役の濱津隆之

娘・​​​日暮真央役 真魚

娘・​​​日暮真央役の真魚 ©ENBUゼミナール
娘・​​​日暮真央役の真魚 ©ENBUゼミナール

1991年生まれ。ドラマや映画のエキストラなどを経て『シネマプロジェクト』第7弾に応募した。フリーで活動していたが、『カメラを止めるな!』後にワタナベエンターテインメント所属へ。CMにも出演。『金曜ロードSHOW!』副音声解説に参加予定。

娘・​​​日暮真央役の真魚
娘・​​​日暮真央役の真魚

妻・日暮晴美役 しゅはまはるみ

妻・日暮晴美役しゅはまはるみ ©ENBUゼミナール
妻・日暮晴美役のしゅはまはるみ ©ENBUゼミナール

1974年生まれ。柄本明が座長を務める劇団東京乾電池に所属後、1998年に女優を引退するが、2002年に復帰。その後は舞台を中心に、映画やドラマ、CMなどに出演していた。『カメラを止めるな!』後にエイベックス・マネジメントへ移籍した。ビートたけしが審査委員長を務める『第28回東京スポーツ映画大賞』で新人賞を受賞。『カメラを止めるな!』では「ポン!」が印象的。『金曜ロードSHOW!』副音声解説に参加予定。

女優・松本逢花役 秋山ゆずき

​女優・松本逢花役の秋山ゆずき ©ENBUゼミナール
女優・松本逢花役の秋山ゆずき ©ENBUゼミナール

1993年生まれ。アソビシステム所属。2008年からアイドルとして活動。『カメラを止めるな!』では「よろしくでーす」の決め台詞が印象的。『カメラを止めるな!』後、CMにも出演。『金曜ロードSHOW!』副音声解説に参加予定。

​『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール
『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール

俳優・神谷和明役 長屋和彰

俳優・神谷和明役の長屋和彰 ©ENBUゼミナール
俳優・神谷和明役の長屋和彰 ©ENBUゼミナール

1987年生まれ。2010年から俳優活動。映画や舞台に出演していた。アルバイト先の映画館で『カメラを止めるな!』が上映され、舞台挨拶に立ったことがあるらしい。

カメラマン・​細田学役 細井学

カメラマン・​細田学役の細井学 ©ENBUゼミナール
カメラマン・​細田学役の細井学 ©ENBUゼミナール

1959年生まれ。舞台出身で、その後に岩井俊二監督作などに出演。『カメラを止めるな!』では、飲酒が印象的。

助監督・​山ノ内洋役 市原洋

助監督・​山ノ内洋役の市原洋 ©ENBUゼミナール
助監督・​山ノ内洋役の市原洋 ©ENBUゼミナール

1986年生まれ。2014年から役者として活動。『カメラを止めるな!』では、メガネと腕が印象的。

録音マン・​山越俊助役 山﨑俊太郎

録音マン・​山越俊助役の山﨑俊太郎 ©ENBUゼミナール
録音マン・​山越俊助役の山﨑俊太郎 ©ENBUゼミナール

1986年生まれ。ENBUゼミナール出身。『カメラを止めるな!』では、胃腸関係で印象的。

ラインプロデューサー・古沢真一郎役 大沢真一郎

ラインプロデューサー・古沢真一郎役の大沢真一郎 ©ENBUゼミナール
ラインプロデューサー・古沢真一郎役の大沢真一郎 ©ENBUゼミナール

1977年生まれ。2002年に映画デビューし、その後も映画やPVなどに出演。

テレビプロデューサー・笹原芳子役 竹原芳子(どんぐり)

テレビプロデューサー・笹原芳子役の竹原芳子(どんぐり) ©ENBUゼミナール
テレビプロデューサー・笹原芳子役の竹原芳子(どんぐり) ©ENBUゼミナール

1960年生まれ。裁判所などで働いていたが、50代で芸人「どんぐり」としてデビュー。吉本興業に所属していたが、『カメラを止めるな!』後に映画24区へ移籍した。

​『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール
『カメラを止めるな!』 ©ENBUゼミナール

AD・吉野美紀役 吉田美紀

​AD・吉野美紀役の吉田美紀 ©ENBUゼミナール
​AD・吉野美紀役の吉田美紀 ©ENBUゼミナール

1982年生まれ。自らも映画監督として活動している。『カメラを止めるな!』では、帽子が印象的。

AD・​栗原綾奈役 合田純奈

​AD・​栗原綾奈役の合田純奈 ©ENBUゼミナール
AD・​栗原綾奈役の合田純奈 ©ENBUゼミナール

1994年生まれ。『カメラを止めるな!』で演劇に初挑戦。『カメラを止めるな!』ではお団子ヘアが印象的。『カメラを止めるな!』撮影後、同志社大学を卒業して朝日新聞記者に。

撮影助手・​松浦早希役 浅森咲希奈

​撮影助手・​松浦早希役の浅森咲希奈 ©ENBUゼミナール
撮影助手・​松浦早希役の浅森咲希奈 ©ENBUゼミナール

1995年生まれ。広島で15歳からローカルアイドルとして活動。『カメラを止めるな!』撮影時は慶應義塾大学に在学していた。『カメラを止めるな!』では「ダサいのがかっこいいんですよ」のセリフが印象的。

監督&キャストコメント。スピンオフ『ハリウッド大作戦!』AbemaTVで再放送も。

上田慎一郎監督とキャスト陣は、『金曜ロードSHOW!』放送について番組オフィシャルサイトで下記のようにコメント。

上田慎一郎監督のコメント
なんと「カメラを止めるな!」が金曜ロードSHOW!で放送されることになりました! まさかまさかの早くも地上波ということで、新たな方々に作品が届くことを本当に嬉しく思っております。この映画はお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで笑って楽しめるゾンビ映画…なのか!?になっております。ぜひ見てください!

濱津隆之のコメント
みどころはやはり冒頭の37分ワンカットです。ゾンビで、コメディで、あとは…とにかく最後まで見て頂けたら嬉しいです。(すみません、何を言ってもネタバレになってまうのでこれ以上何も言えないです。)

真魚のコメント
前半のワンカットで感じた違和感を忘れずに、そのまま後半に突入してくだされば楽しんでもらえると思います!とにかく最後まで観てください!

しゅはまはるみのコメント
40分ちゃんと観てくれたらそのあとは少しずつ面白くなります!ワンカット中2、3分でゾンビに変身するのも注目して欲しい。エンドロールがこの作品の全てです。

秋山ゆずきのコメント
ゾンビは出てきますがホラー映画ではないので、怖いのが苦手な方にも見て頂きたいです!よろしくお願いします!

なお同作のスピンオフ『ハリウッド大作戦!』が3月2日にAbemaSPECIAL2で放送された。見逃し配信には対応していないが、再放送が本日3月8日23:10から、3月9日22:00からAbemaTVで実施。3月10日からネスレアミューズで公開される。

Page 1

番組情報

『カメラを止めるな!』

2019年3月8日(金)21:00~23:04に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も 1

    NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も

  2. ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面 2

    ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面

  3. 石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている 3

    石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

  4. Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く 4

    Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

  5. 志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開 5

    志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開

  6. サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM 6

    サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM

  7. 日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く 7

    日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く

  8. NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城 8

    NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城

  9. 上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表 9

    上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表

  10. 映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開 10

    映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開