特集 PR

寺尾紗穂と再び東東京へ。辿り着いた、あるドイツ人宣教師の痕跡

寺尾紗穂と再び東東京へ。辿り着いた、あるドイツ人宣教師の痕跡

BLOOMING EAST
テキスト
大石始
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

前回のリサーチから浮かびあがった、ある一人のドイツ人宣教師

「BLOOMING」という言葉は「花の咲いた~ / 花盛りの~ / 咲きほこる~」などの意味を持つ。2015年からスタートした「BLOOMING EAST」は、東京の東側における音楽の役割を探りながら、その言葉どおり「新たなる音の花」を同地に咲かせようというプロジェクトだ。このなかで重要視されてきたのが地域のリサーチと地域住民との対話。これまでにコムアイ(水曜日のカンパネラ)やコトリンゴを招いて、リサーチとフィールドワークを重視したプロジェクトを実施してきた。(参考記事:コムアイの東東京開拓ルポ 多国籍な移民との出会いから始まる調査

変わりゆく東京の風景を見つめ、今まさに消えつつある声に耳を傾けること。そのなかで音楽は何ができるのか、可能性そのものを探ること。「BLOOMING EAST」はそうした地道な積み重ねの延長上に何かを見い出そうという、リサーチ型のアートプロジェクトである。

今回のリサーチでのひとコマ
今回のリサーチでのひとコマ

その「BLOOMING EAST」の一環として、昨年より東東京のリサーチを続けているのが寺尾紗穂だ。彼女はシンガーソングライターであると同時に、『原発労働者』や『あのころのパラオをさがして ~日本統治下の南洋を生きた人々』などの著作で知られるジャーナリスト / 文筆家でもある。2018年3月、CINRA.NETでも「BLOOMING EAST」と寺尾によるリサーチに同行したが(参考記事:寺尾紗穂が東京の東エリアを探訪。見えなくなった過去を調査する)、その後も活動を継続。この約1年の間も、継続して取材を重ねてきたという。

前回リサーチより。東京都慰霊堂にて
前回リサーチより。東京都慰霊堂にて

そうしたなかで浮き上がってきたのが、ゲルトルード・キュックリヒという一人のドイツ人宣教師の存在だった。関東大震災が発生した1923年(大正12年)の前年に宣教師として来日したキュックリヒは、「日本の幼児教育の祖」ともいわれる人物。

墨田区鐘ヶ淵の紡績会社である鐘淵紡績(のちのカネボウ)の敷地内に日本初と言われる託児所や保育園を開設し、工場で働く女工たちをサポートしたほか、同所に教会を開いて墨田区北部にキリスト教の信仰心を伝えた。そうした活動から、鐘ヶ淵の人々からは(本名は発音しにくかったため)「キックリーさん」と呼ばれて親しまれていたという。

前回リサーチより。墨田区社会福祉会館・館長の新田さんから話を聞く
前回リサーチより。墨田区社会福祉会館・館長の新田さんから話を聞く

戦後になると、キュックリヒは埼玉県加須市に移って戦災孤児のための施設「愛泉寮」を設立。同施設は現在も児童養護施設や特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人「愛の泉」として存続しており、寺尾は2度に渡って加須での取材も行った。彼女はキュックリヒに惹かれる理由をこう説明する。

寺尾:一番は戦災孤児の問題に外国人として取り組んだという点において興味をひかれましたが、彼女の人生自体もまた揺るぎない信念に貫かれていて、福祉に生きた人という感じがします。ほとんどの宣教師が戦争の進行とともに帰国したり、最後は母国に帰国しているのに、彼女は加須で死ぬことを選んだ。こういう人の存在があまり知られておらず、墨田区の歴史のなかでも省みられていないんです。

寺尾紗穂 / 今回のリサーチからのひとコマ
寺尾紗穂 / 今回のリサーチからのひとコマ

戦災孤児とドイツ人宣教師を巡る、東東京の知られざる歴史を浮かび上がらせること。現段階において「BLOOMING EAST」のリサーチはそうしたテーマを持って進められてきたが、戦災孤児を巡るデリケートなテーマのため、取材は難航。「BLOOMING EAST」を主催するNPO法人トッピングイーストの清宮陵一はこう話す。

清宮:前回のリサーチのあと、取材対象者にアポイントが取れない時期が半年間ぐらいあったんです。初めてお会いする方に「戦災孤児にまつわるリサーチを行いたい」という意図を伝える作業が難航しました。なぜそんなことをしたいのか、何度も聞かれましたし、答えたものの、納得してもらえなかったり訝しがられたり。その連続でしたね。

そうした試行錯誤を続けるなかで、「BLOOMING EAST」の活動に賛同する協力者が少しずつ増えてきた。点と点が繋がり、線と線が結ばれるなかで、地元住民のあいだでも忘れ去られつつあった東京イーストサイドの歴史がふたたび躍動し始めたのだ。

今回のリサーチからのひとコマ
今回のリサーチからのひとコマ
Page 1
次へ

イベント情報

「BLOOMING EAST x 寺尾紗穂 リサーチ」

本リサーチは、これからも続きます。今後も東東京を軸にして、多様な価値観や文化と出会いながらプロジェクトを進めていくにあたって、お話を伺わせていただける方や訪問場所についての情報を募集しています。主に東京の東側で、戦災孤児に関する情報、戦前からあるキリスト教教会に関する情報をお持ちの方は、メールにてお寄せください。

プロフィール

寺尾紗穂
寺尾紗穂(てらお さほ)

1981年11月7日生まれ。東京出身。大学時代に結成したバンドThousands Birdies' Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」の主題歌を担当した他、CM、エッセイの分野でも活躍中。2014年11月公開の安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演)に主題歌を提供している。2009年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。10年続けることを目標に取り組んでいる。著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「愛し、日々」(天然文庫)「原発労働者」(講談社現代文庫)「南洋と私」(リトルモア)「彗星の孤独」(スタンド・ブックス)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」