特集 PR

コムアイの東東京開拓ルポ 多国籍な移民との出会いから始まる調査

BLOOMING EAST
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:江森康之 編集:山元翔一、宮原朋之
コムアイの東東京開拓ルポ 多国籍な移民との出会いから始まる調査

コムアイが東東京の魅力を開拓。多国籍な移民との出会いと交流をルポ

2月の寒空の下、しかし心温まる交流を楽しむコムアイ(水曜日のカンパネラ)の姿が、そこにはあった。

もともと劇場やライブハウスといった施設の少ない東京の東側を広大なキャンパスに見立て、アーティストと共に音や音楽で街を花開かせていこうとするアートプロジクト「BLOOMING EAST」。そのコラボアーティストの一人として選ばれたコムアイが、外国人旅行者の集うホステル、エチオピア人やジャイナ教徒のインド人が営むレストランといった東東京のスポットを訪ね歩いたプロジェクトの初日だった。晴れやかな彼女の表情からは、来たるべき東京の姿が見えてくる。まるで春を呼ぶ風のように、人と、そして街と語り合った、コムアイの一日のルポルタージュをお届けしよう。

コムアイ
コムアイ

 

 

 

「数年先の東京」を考えるコムアイ×移民や難民が数多く暮らす東東京

コムアイ:今日は、ここから数年かけて、東京で何をしていったらいいのかを考える最初のサーヴェイ(調査)の日なんです。いろんな方向性が考えられるけれど、何も決めずに、まずはそこにいる人たちのリアルな話を聞いてみたいな、って。

一日の小さな旅の途上で、コムアイはふとこんな言葉を口にした。彼女が今回携わることになった「BLOOMING EAST」は、これまでも、音楽家のコトリンゴが公園と地下街のためのサウンドトラックをプロデュースするなど、東東京をフィールドに、どのように公共空間に音楽を展開していけるかをリサーチする活動を行ってきた。

2016年度の活動の模様
2016年度の活動の模様(サイトを見る

「BLOOMING EAST」は、音楽が街中でできることを拡張していくことを目指すNPOトッピングイーストが仕掛けるプロジェクト。街に音や音楽が浸み出すことで、空間の温度が、人々の体温が、ふっと上がるような場をつくりたい。そのためのリサーチからアーティストと共に考えていくという取り組みだ。

そんな試みを始めていくにあたり、コムアイが真っ先に興味を持ったのが、東東京に住む異国の人々である。後に触れるように、この地ではいくつもの国々からやってきた移民や難民の人々が暮らしを営んでいる。様々な見方はあろうが、それはもはや絶対的な事実だ。しかし一方で、私たちはあまりにも彼らのことを知らないし、そうしたこれまでとは異なる東京の息吹をきちんと感じ取ることができているかどうかもわからない。

ただ、何も身構えることはない。コムアイは、そうした異国の空気が流れる東京のほうが安心するという。最近では、外国人が集う都内のホステルに泊まることもあるという彼女が、その心地よさについて語ってくれた。

コムアイ:日本人同士でいると、気を遣いすぎたり、みんな共通理解がありすぎたり、逆に居心地が悪いというか、身動きをとりづらいように感じることが多いんですよ。

中央区八丁堀のホステル『WISE OWL HOSTELS』で宿泊客とともに
中央区八丁堀のホステル『WISE OWL HOSTELS』で宿泊客とともに(サイトを見る

コムアイ:高校生の頃から、新大久保の「イスラム横丁」によく行っていたんです。両親がタンドリーチキンを作ったりするような家庭で育ったから、よくスパイスとかを買いに、そのあたりの食材屋さんに行っていて。お店のなかは完全に異国。

ネパール人しかいなくて、みんなが音楽に合わせて勝手に踊っているようなカレー屋さんとかも超好き。すごく楽になれるんです。香港やロサンゼルスみたいな外国人の活気で満ちている港のような都市が好きなのも、似たような理由かも。あの大雑把さがいいんですよね。

コムアイにとって心地よい場所。それはきっと、私たちの軽やかな「未来」を示唆してくれる場所に違いない。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

BLOOMING EAST x コムアイ サーヴェイ

本サーヴェイは、これからも続きます。今後も東東京を軸にして、多様な価値観や文化と出会いながらプロジェクトを進めていくにあたって、お話を伺わせていただける方や訪問場所についての情報を募集しています。現在東京に住まわれている(または過去に住んでいたことがある)外国にルーツを持つ方、様々な文化や背景を持つコミュニティ、外国籍の方々と一緒にプロジェクトを実践されている方、関連するイベント情報など、メールにてお寄せください。

プロジェクト情報

BLOOMING EAST

「BLOOMING EAST」は、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、NPO法人トッピングイーストの三者共催により「東京アートポイント計画」の一環として実施されています。

プロフィール

水曜日のカンパネラ(すいようびのかんぱねら)

2012年の夏、初のデモ音源“オズ”“空海”をYouTubeに配信し始動。「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから……と言う理由と、それ以外にも、様々な説がある。当初グループを予定して名付けられていたが、現在ステージとしてはコムアイのみが担当。「サウンドプロデュース」にKenmochi Hidefumi、その他、「何でも屋」のDir.Fなどが、活動を支えるメンバーとして所属。以降、ボーカルのコムアイを中心とした、暢気でマイペースな音楽や様々な活動がスタートしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年