コラム

ビヨンセ『HOMECOMING』に見る、歴史を継ぐ者の意志とレプリゼンテーション

ビヨンセ『HOMECOMING』に見る、歴史を継ぐ者の意志とレプリゼンテーション

テキスト
辰巳JUNK
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

メイン画像:Netflixで配信中の『HOMECOMING』 Photo Courtesy of Parkwood Entertainment

「ポップカルチャー史の転換点」と謳われる2018年の『コーチェラ』パフォーマンス

「あなたの質問は 私がそこまで執着する理由でしょ?
黒人らしさやブラック・パワーを大っぴらにしみんなを黒人文化と一体化させようとしてるのは何故かって」

これは、Netflix配信ドキュメンタリー映画『HOMECOMING』の冒頭で引用されるインタビューだ。言葉の主はニーナ・シモン、1933年アメリカに生まれた、偉大なるシンガーであり市民運動家でもあった黒人女性である。彼女の供述は映画の主人公にもピッタリ当てはまるだろう。説明不要のスーパースター、ビヨンセ・ノウルズ・カーターは、人種やジェンダーを強調する音楽表現で幾度となく物議を醸した人物なのだから。

彼女の一連のアートは「政治的」とも称されるが、言い換えれば──5thアルバム『Beyoncé』(2013年)のフェミニスト宣言にしても『スーパーボウル』におけるブラックパンサー党トリビュートにしても──彼女はずっと、黒人であること、そして女性であることを描きつづけてきたのである。本ドキュメンタリーでフォーカスされる2018年の『コーチェラ』公演、通称「ホームカミング・パフォーマンス」も、母親が一度は止めに入るほどリスクある内容だった(参考:ビヨンセがコーチェラで魅せた「Beychella」の歴史的意義。紋章を解読)。

ホームカミング」のステージはライブアルバムとしても配信されている
「ホームカミング」のステージはライブアルバムとしても配信されている Photo Courtesy of Parkwood Entertainment(Apple Musicで聴く

白人客ばかりの「楽しいお祭り」で強烈な黒人文化とフェミニズム精神を表出させ、黒人女性としての不満をも晒す……この驚きのステージには、急進的イメージで知られる公民権活動家マルコムXの演説まで挿入されている。 「アメリカで最も蔑まれているのは黒人女性だ! 最も危険に晒されているのは黒人女性だ! 最も無視されているのは黒人女性だ!!」

結果的に、「ホームカミング」は圧倒的評価のもと「ポップカルチャー史の転換点」と謳われることとなる。では、それを成し遂げた本人は何を思っていたのか? 何故、十分な地位を確立しながら、その安定を揺るがすような表現に出るのか? 表現者ビヨンセの信念が明かされるドキュメンタリー、それが『HOMECOMING』だ。

出産後の仕事復帰。「母親でありボスである女性像」の記録としての側面

『HOMECOMING』では、ビヨンセのキャリアの集大成である「ホームカミング・ステージ」とその製作過程が映されていく。大舞台までの道のりは想定を超えるほどハードだ。

予想外の妊娠をした彼女は当初予定されていた2017年の『コーチェラ』出演を延期させ、高血圧症に苦しむ。出産後はそれまでと大きく異なる心身と格闘しながら、プロデューサーとしてもその場を取り仕切ってゆく。その過酷さはビヨンセをして「二度とあんな無茶はしない」と言わしめるほどだが、その一方、これらの記録は、産後女性の労働、そして「母親でありボスである女性」像の発信として価値があるだろう。舞台の上のビヨンセも、こう叫んでいる。 「いっしょに歌って、ガールズ! 母なる地球を回しているのはこの私たちよ!」

『HOMECOMING』はビヨンセが産後に体型を戻そうと努力する姿や、「ボス」として舞台裏でクルーを指揮する様子も捉えている Photo Courtesy of Parkwood Entertainment
『HOMECOMING』はビヨンセが産後に体型を戻そうと努力する姿や、「ボス」として舞台裏でクルーを指揮する様子も捉えている Photo Courtesy of Parkwood Entertainment

「黒人/女性」の代弁者たる、「歴史」に重きを置いたステージ。目標は「自分の人生より長く残るものの創造」

『HOMECOMING』で重視される要素は「歴史」だ。第一に、ニーナ・シモンやマルコムXなど、今や伝説化した黒人アクティビストたちの言葉がたびたび引用される。第二に、ビヨンセ自身もステージ構想において文化と歴史を徹底的に学び、プロジェクト目標を「自分の人生より長く残るものの創造」としている。そうして完成したステージは、歴史的黒人大学「HBCU」にフォーカスするかたちで、壮大な「黒人/女性のレプリゼンテーション」を敢行した。

Netflix作品『HOMECOMING』トレイラー映像

レプリゼンテーションとは「何者かを代表/代弁するアクション」を指す。「白人層が受け入れやすい表現」を求められがちなアメリカン・ポップカルチャーにおいて、黒人、とくに女性の「代弁」の欠如が問題視されてきたことは言うまでもない。ドキュメンタリーでは、HBCUの生徒を含む多くの関係者が「黒人/女性のグレイトネスを発信すること」の重要性を語っている。ゆえに『HOMECOMING』はレプリゼンテーション概念の良き教科書にもなっているのだが、ここでは、ビヨンセがクルーに語った言葉を紹介したい。

「これまで代弁者を持たなかった人たちが 舞台にいるかのように感じることが大事なの
黒人女性として 世界は私に小さな箱に閉じ込められていてほしいのだと感じてきた 黒人女性は過小評価されてるとも
ショーだけじゃなく 過程や苦難に誇りを持ってほしい
つらい歴史に伴う美に感謝し 痛みを喜んでほしい
祝福して 不完全であることを 数々の正しき過ちを
みんなに偉大さを感じてほしい 体の曲線や強気さ 正直さに
そして自由に感謝を
決まりはない 私たちは自由で安全な空間を創造することができる
私たちの誰も のけものにされない」

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

番組情報

『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』

2019年4月17日(水)からNetflixで配信

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳 1

    菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳

  2. 川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート 2

    川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート

  3. 清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場 3

    清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場

  4. Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演 4

    Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演

  5. アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも 5

    アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも

  6. 『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載 6

    『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載

  7. 大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る 7

    大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

  8. ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演 8

    ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演

  9. アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も 9

    アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も

  10. 『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves” 10

    『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves”