特集 PR

ザ・ローリング・ストーンズの伝説を、5人の偉人とともに紐解く

ザ・ローリング・ストーンズの伝説を、5人の偉人とともに紐解く

The Rolling Stones『HONK』
テキスト
柴那典
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

(メイン画像:Credit Kevin Westenberg)

50年以上現役で、第一線で輝き続けるロックンロールバンド。比肩する存在はどこにもいない

The Rolling Stonesがいかに偉大なバンドであるか。彼らの鳴らすロックンロールがどんな風に格好いいのか。どんな名曲の数々があって、どんな風にロックの歴史を形作ってきたのか。

そういうことについては、この原稿では書こうとは思っていない。すでにいろんな人がそれを言葉にしている。音楽評論家だけでなく、幅広い世代のミュージシャンが「The Rolling Stonesのどんなところに憧れたのか」を語っている。その中にはTHE BAWDIESやGLIM SPANKYやOKAMOTO'Sのような若い世代のバンドもいる。そのヒストリーを詳しく解説した本やムックもある。なにより、彼らの鳴らした音を聴けば、きっとそのエネルギーがダイレクトに伝わる。

4月19日には最新ベスト盤『HONK』もリリースされた。The BeatlesやQueenやLed Zeppelinなど歴史に語り継がれるバンドは他にもたくさんいるが、50年以上現役で、第一線で輝き続けるロックンロールバンドとして、彼らに比肩する存在は世界のどこにもいない。

The Rolling Stones『HONK』ジャケット
The Rolling Stones『HONK』ジャケット(Amazonで見る
The Rolling Stones『HONK』を聴く(Apple Musicはこちら

なにより、今も彼らは世界中をツアーしステージに立っている。3月には、FLORENCE AND THE MACHINEのフローレンス・ウェルチをフィーチャーした“Wild Horses“の昨年5月のライブ映像がYouTubeにも公開された。ベスト盤『HONK』のCD3枚組デラックス・エディションのボーナスディスクに収録されるライブ音源からの1曲だ。

The Rolling Stonesは「今」のロックバンドであり続けている。彼らが体現しているのはノスタルジーではなく、その伝説は2019年の現在も日々更新されている。だから、結局のところ「彼らの鳴らすロックンロールがどんな風に格好いいのか」については、言葉を連ねるより、それを体感するのがいちばんいい。

アート、デザイン、映画、ファッション、テクノロジーの歴史との密接な結びつきを体感する展覧会

ここで書こうと思っているのは、The Rolling Stonesが、アート、デザイン、映画、ファッション、そしてテクノロジーの歴史と密接に結びついてきた、ということ。彼らの魅力は音楽そのものだけにとどまらず、さまざまなクリエイターを巻き込み、コラボレーションを繰り広げ、そうしてひとつの文化を作り上げてきたところにあった、ということだ。

2019年3月15日から5月6日まで、TOC五反田メッセで『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』が開催されている。筆者がそこを訪れて強く感じたのも、そういうことだった。

『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』の様子
『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』の様子
『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』の様子
『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』の様子
『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』の様子

同イベントは、2016年4月ロンドンを皮切りに世界主要都市で開催されてきたThe Rolling Stones初の大規模な世界巡回展。メンバーの使用楽器やステージ衣装などファン垂涎のアイテムも多数展示されていたが、とても興味深かったのは、そこを通して「ポップアートの歴史としてのThe Rolling Stones」に触れることができる、ということだった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

『HONK』デラックス盤(3CD)
The Rolling Stones
『HONK』デラックス盤(3CD)

2019年4月19日発売
価格:4,968円(税込)
UICY-78934/6

[CD1]
1.スタート・ミー・アップ
2.ブラウン・シュガー
3.ロックス・オフ
4.ミス・ユー
5.ダイスをころがせ
6.ジャスト・ユア・フール
7.ワイルド・ホース
8.愚か者の涙
9.悲しみのアンジー
10.ビースト・オブ・バーデン
11.ホット・スタッフ
12.イッツ・オンリー・ロックン・ロール
13.ロック・アンド・ア・ハード・プレイス
14.ドゥーム・アンド・グルーム
15.ラヴ・イズ・ストロング
16.ミックスト・エモーションズ
17.ドント・ストップ
18.ライド・エム・オン・ダウン

[CD2]
1.ビッチ
2.ハーレム・シャッフル
3.ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー
4.ラフ・ジャスティス
5.ハッピー
6.ドゥー・ドゥー・ドゥー…(ハートブレイカー)
7.ワン・モア・ショット
8.リスペクタブル
9.ユー・ガット・ミー・ロッキング
10.レイン・フォール・ダウン
11.ダンシング・ウィズ・ミスターD
12.アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト
13.エモーショナル・レスキュー
14.友を待つ
15.セイント・オブ・ミー
16.アウト・オブ・コントロール
17.ストリーツ・オブ・ラヴ
18.アウト・オブ・ティアーズ

[CD3]
1.一人ぼっちの世界–ライヴ・アット・プリンシパリティ・スタジアム/カーディフ 2018/6/15
2.ダンシング・ウィズ・ミスターD–ライヴ・アット・ヘルレドーム/アーネム(オランダ) 2017/10/15
3.ビースト・オブ・バーデン with エド・シーラン–ライヴ・アット・アローヘッド・スタジアム/カンサス 2015/6/27
4.シーズ・ア・レインボー–ライヴ・アット・Uアリーナ/パリ 2017/10/25
5.ワイルド・ホース with フローレンス・ウェルチ–ライヴ・アット・ロンドン・スタジアム 2018/5/18
6.夜をぶっとばせ!-ライヴ・アット・マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ 2018/6/5
7.デッド・フラワーズ with ブラッド・ペイズリー–ライヴ・アット・ウェルズ・ファーゴ・センター/フィラデルフィア 2013/6/18
8.シャイン・ア・ライト(ライトを照らせ)- ライヴ・アット・アレナ/アムステルダム 2017/9/30
9.アンダー・マイ・サム– ライヴ・アット・ロンドン・スタジアム 2018/5/22
10.ビッチ with デイヴ・グロール– ライヴ・アット・ザ・ホンダ・センター/アナハイム 2013/5/18

『HONK』通常盤(2CD)
The Rolling Stones
『HONK』通常盤(2CD)

2019年4月19日発売
価格:3,888円(税込)
UICY-15816/7

[CD1]
1.スタート・ミー・アップ
2.ブラウン・シュガー
3.ロックス・オフ
4.ミス・ユー
5.ダイスをころがせ
6.ジャスト・ユア・フール
7.ワイルド・ホース
8.愚か者の涙
9.悲しみのアンジー
10.ビースト・オブ・バーデン
11.ホット・スタッフ
12.イッツ・オンリー・ロックン・ロール
13.ロック・アンド・ア・ハード・プレイス
14.ドゥーム・アンド・グルーム
15.ラヴ・イズ・ストロング
16.ミックスト・エモーションズ
17.ドント・ストップ
18.ライド・エム・オン・ダウン

[CD2]
1.ビッチ
2.ハーレム・シャッフル
3.ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー
4.ラフ・ジャスティス
5.ハッピー
6.ドゥー・ドゥー・ドゥー…(ハートブレイカー)
7.ワン・モア・ショット
8.リスペクタブル
9.ユー・ガット・ミー・ロッキング
10.レイン・フォール・ダウン
11.ダンシング・ウィズ・ミスターD
12.アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト
13.エモーショナル・レスキュー
14.友を待つ
15.セイント・オブ・ミー
16.アウト・オブ・コントロール
17.ストリーツ・オブ・ラヴ
18.アウト・オブ・ティアーズ

イベント情報

『Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展』
『Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展』

2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
会場:東京都 TOC五反田メッセ

プロフィール

The Rolling Stones
The Rolling Stones(ざ ろーりんぐ すとーんず)

1962年、ロンドンで結成。翌63年にシングル「カム・オン」でデビュー。当時のメンバーはミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、ブライアン・ジョーンズ(G)、ビル・ワイマン(B)、チャーリー・ワッツ(Ds)。「サティスファクション」「黒くぬれ」「夜をぶっ飛ばせ」等、ブルース/R&Bに根差したワイルドなサウンドと不良っぽいイメージで、ビートルズに対抗する世界的なバンドとなる。 1968年の「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」以降は、よりルーツに根差した泥臭いサウンドを展開。翌年にジョーンズが脱退、ミック・テイラーが加わると、2本のギター・アンサンブルを軸とするルーズでヒップな”ストーンズ風R&R”を確立、「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」等、後のステージの定番となる代表曲を次々と生み出す。1976年、ギタリストがテイラーからロン・ウッドに交代した後も、変わらぬスタイルに流行も巧みに取り入れつつ、「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」等のヒット曲を連発。1990年には初来日公演が実現、1993年にビル・ワイマンが脱退するも、大規模なワールド・ツアーをコンスタントに実施するなど、半世紀に亘りシーンの第一線に君臨し続けるロックの代名詞的な存在である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも