コラム

映画『キャプテン・マーベル』は何と戦い、何を打ち破ったのか?

映画『キャプテン・マーベル』は何と戦い、何を打ち破ったのか?

テキスト
Casper(Shut Up Kiss Me Records)
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

アンナ・ボーデン監督の作家性と、1990年代の名曲たちに彩られたサウンドトラック

過去・現在・未来をつなぐ要素として、音楽も重要な役割を果たす。『キャプテン・マーベル』の監督アンナ・ボーデン、そしてパートナーであり共同監督のライアン・フレックは、これまでも音楽が鍵を握る作品を撮ってきた。

『なんだかおかしな物語』(2010年)ではBroken Social Scene、コモン、ファラオ・サンダース、The xxからBlack Sabbathまで多種多様なアーティストの楽曲を用いつつ、劇中で「Vampire Weekendのライブに誘う」「Queen & David Bowieの“Under Pressure”を演奏する」なんてシーンもある。過去の名曲と現行シーンで光る楽曲を絶妙なセンスで取り合わせ、かつ、使用楽曲に演出上の大きな意味を持たせる作家である。

『なんだかおかしな物語』より、“Under Pressure”の演奏シーン

一般にサウンドトラックは、その映画のために作曲された劇伴音楽を使用する場合と、すでに存在するポピュラー音楽を挿入する場合で大まかに分けられる。書き下ろされた劇伴音楽がその作品に寄り添うようにある一方で、映画に挿入されるポピュラー音楽は、フィクションと現実を行き来する存在にもなる。その楽曲がもともと現実に存在していた以上、物語自体とは関係なく、個々の観客や世界の記憶を呼び起こし、作家の意図を超えた受け取られ方をされ得るからだ。

『キャプテン・マーベル』の監督ふたりは、過去の映画製作からそのことを十分に認識したうえで、本作でも(劇伴は用いつつ)同様の手法を取った。No Doubt、Hole、TLC、Elastica、Garbage、デズリー……第三波フェミニズムの起りともリンクした1990年代の、女性たちが歌う名曲で全編が彩られ、時代のムードと本作のメッセージをこれ以上なく結びつける。

『キャプテン・マーベル』のオフィシャルプレイリストを聴く(Spotifyを開く

それだけはない。2019年のわたしたちは、これらの90’sアンセムの先にある、ビヨンセの『Coachella Festival 2018』でのパフォーマンス『HOMECOMING』を知っている。ビリー・アイリッシュのライブでの大合唱と熱狂を知っている。アリアナ・グランデがこの映画ともつながるようなスタイルで、2000年代の女性映画の数々を引用して作った“thank u, next”(2018年)のミュージックビデオを知っている。『キャプテン・マーベル』における過去の召喚は、単なる郷愁のためではなく、今、そしてこれからにそのまま呼応し得るポリフォニーとして立ち現れる。

Nirvana“Come As You Are”がもたらす違和感とその意味

そんなサントラのなかで特に肝となる曲、それはNirvanaの“Come As You Are”(1991年)だ。なぜなら、本作内における数少ない男性の歌う曲であり、時系列からしても違和感があるから。当時地球にいなかったキャロルは、1991年に発表されたこの曲を知らないはずだ。もちろんキャロルがどこかで耳にした可能性はあるが、そのことは描かれない。重要なのは、この曲が相手によって見た目を変える高度な生命体スプリーム・インテリジェンスとの邂逅の場で流れること、そして、わざわざ幻想のターンテーブルが表出し、ダイエジェティック──物語世界のなかでキャロルに聴こえる──な音だと強調されるということである。

スプリーム・インテリジェンスが「人間時代」のキャロルが尊敬し慕っていたウェンディ・ローソンの姿になるならば、その後ろで聴こえる“Come As You Are”も彼女にとって精神上大きな存在と言える。“Just A Girl”が流れるシーンでは他に200曲は候補を考えたという監督だ。時系列、筋書きの「自然さ」から逸脱したこの選曲に、意味を見出さないほうが難しい。

アネット・ベニング演じるウェンディ・ローソンこと、マー・ベル
アネット・ベニング演じるウェンディ・ローソンこと、マー・ベル

カート・コバーンのフェミニストとしての横顔

「もし、どんな形であれ、同性愛者や自分と肌の色が違う人、あるいは女性のことを憎む者がいるならば、頼むから俺たちのことをほっといてくれ!ライブに来ないで欲しいし、レコードも買わないでくれ」

これはアルバム『Incesticide』(1992年)のライナーノーツでカート・コバーンが記した言葉だ。1992年、オレゴン州で「同性愛を容認しない」趣旨を含む内容の是非を問う住民投票が行われた際には、Nirvanaは抗議・反対キャンペーンのライブを行った。

彼らの代表曲“Smells Like Teen Spirit”(1991年)のタイトルは、カートの友人であり、ライオットガールの先駆Bikini Killのキャスリーン・ハンナがカートの住むアパートの壁に記した落書きから取られた。「Kurt smells teen spirit.(カートはティーン・スピリットの匂いがする)」――これは当時カートが交際していたBikini Killのトビ・ヴェイルが、キャスリーンとともにTeen Spiritというデオドラントを揶揄したことから生まれたジョークだった。

フェミニズムを身近に感じ、寄り添おうとしていた彼にとって、“Smells Like Teen Spirit”の想定外の大ヒットは重荷となる。この曲はそれまでNirvanaを流していたラジオ局だけでなく、メタル / ハードロック中心のラジオ局でもヘビーローテーションとなった。

「カートはレーベルがメタル寄りのプッシュをすることに困惑していた。彼は知っていた。メタルファンは圧倒的に男性が多く、フェミニストや同性愛者の権利への彼の理解に共感するものがほとんどいないことを」。当時のNirvanaのマネージャー、ダニー・ゴールドバーグは自著『Serving the Servant: Remembering Kurt Cobain』(2019年)でそう回想する。

本来アルバムからの先行シングルとしてリリースされるはずだったのは、“Smells Like Teen Spirit”ではなく“Come As You Are”だったという。意図せず社会から押しつけられたイメージと、自身の感情との乖離。望まぬ形で呪いとなった“Smells Like Teen Spirit”に対する、“Come As You Are(ありのままで)”。この曲が流れた意味が見えてくる。

Page 2
前へ 次へ

作品情報

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

2019年6月28日(金)から全国公開
監督:ジョン・ワッツ
脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ
原作:スタン・リー、スティーヴ・ディッコ
出演:
トム・ホランド
サミュエル・L・ジャクソン
ゼンデイヤ
コビー・スマルダーズ
ジョン・ファヴロー
J・B・スムーヴ
ジェイコブ・バタロン
マーティン・スター
マリサ・トメイ
ジェイク・ギレンホール
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

リリース情報

『Epitaph』(CD)
『キャプテン・マーベル MovieNEX』

2019年7月3日(水)発売
価格:4,536円(税込)
監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
出演:
ブリー・ラーソン
ジュード・ロウ
サミュエル・L.ジャクソン
クラーク・グレッグ

『Epitaph』(CD)
『キャプテン・マーベル 4K UHD MovieNEX』

2019年7月3日(水)発売
価格:8,640円(税込)
※2019年6月5日(水)より先行デジタル配信中
(C) 2019 MARVEL

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表