特集 PR

Fanfare Ciocarlia来日。世界最速ジプシーブラスから歴史を学ぶ

Fanfare Ciocarlia来日。世界最速ジプシーブラスから歴史を学ぶ

『ジャズ・ワールドビート2019』
テキスト
柳樂光隆
編集・リードテキスト:矢島大地(CINRA.NET編集部)

6月29日から来日ツアーを行い、6月30日には『大ブラス・フェスティバル!』、7月6日には『ジャズ・ワールドビート2019』に出演を果たすルーマニアのジプシーブラスバンド「Fanfare Ciocarlia(ファンファーレ・チォカリーア)」。映画『アンダーグラウンド』でも彼らの演奏する楽曲が使用されるなど、世界的に名が知られるバンドの来日に寄せて、今一度その歴史を紐解くロングライナーを贈る。

『FUJI ROCK FESTIVAL '14』にも出演したことのあるFanfare Ciocarliaの音楽は、ヨーロッパのみならず、日本の土着音楽とも接続する。ルーマニアの小さな村で冠婚葬祭に寄り添うささやかなものとして生まれた音楽は、いかにして世界を旅するものとなったのか。小さく狭い生活と世界を繋ぐ、ロマンティックな道のりがそこにはあった。

ルーマニアの小さな村からジプシーブラスが世界へ広まった背景

Fanfare Ciocarliaと言えば、「超高速ブラスバンド」みたいなコピーと共に売られていたのを思い出す。ルーマニア北西部のゼチェ・プラジニという村で活動していた彼らは、もともとはルーマニアの村の冠婚葬祭などで演奏していたローカルなブラスバンドだったが、1990年代に世界的なグループになっていった。

2014年の『FUJI ROCK FESTIVAL』でのライブ 撮影:石田昌隆<br>Fanfare Ciocarlia(ふぁんふぁーれ ちぉかりーあ)<br>ルーマニア北東部の寒村ゼチェ・プラジーニ出身。映画『アンダーグラウンド』(1995年カンヌ映画祭パルムドール)や『黒猫・白猫』(1998年ベネチア国際映画祭銀獅子賞)で注目されたジプシー・ブラス・スタイルで、伝統音楽からポピュラー音楽までを、強烈な疾走感・壮快感に満ちた演奏を聴かせる。2000年に初来日を果たし、2014年には『FUJI ROCK FESTIVAL』にも出演した。2019年6月末から6度目となる来日ツアーが予定されており、6月30日は『大ブラス・フェスティバル!』、7月6日には『ジャズ・ワールドビート2019』に出演する
2014年の『FUJI ROCK FESTIVAL』でのライブ 撮影:石田昌隆
Fanfare Ciocarlia(ふぁんふぁーれ ちぉかりーあ)
ルーマニア北東部の寒村ゼチェ・プラジーニ出身。映画『アンダーグラウンド』(1995年カンヌ映画祭パルムドール)や『黒猫・白猫』(1998年ベネチア国際映画祭銀獅子賞)で注目されたジプシー・ブラス・スタイルで、伝統音楽からポピュラー音楽までを、強烈な疾走感・壮快感に満ちた演奏を聴かせる。2000年に初来日を果たし、2014年には『FUJI ROCK FESTIVAL』にも出演した。2019年6月末から6度目となる来日ツアーが予定されており、6月30日は『大ブラス・フェスティバル!』、7月6日には『ジャズ・ワールドビート2019』に出演する

元々はチョチョクと呼ばれるバルカン半島の音楽がベースにあり、そのルーツをオスマントルコの軍楽隊のメフテルなどに持っているため、その編成はトランペット、テノールホルン、バリトン、チューバ、クラリネット、サクソフォーンの管楽器を中心に、バスドラム、パーカッションの打楽器が加わるかたちだ。

そんな村のブラスバンドをドイツ人のプロデューサーのヘンリー・エルネストが発見し、バルカンブラス / ジプシーブラスとして紹介され、1998年の『Radio Pascani』や翌1999年の『Baro Biao』で世界に広まったわけだ。この2枚は彼らが昔から地元で演奏していた馴染みの曲を録音したもので、『Baro Biao』に関しては地元で演奏していた結婚式用の定番曲が集められている。

Fanfare Ciocarlia『Radio Pascani』を聴く(Apple Musicはこちら

村のバンド達。各々が自由に音楽を楽しむ中でブラスバンドが形成されていく。右から3番目はFanfare Ciocarliaの初代リーダー、イオン・イヴァンチャ(1940-2006)
村のバンド達。各々が自由に音楽を楽しむ中でブラスバンドが形成されていく。右から3番目はFanfare Ciocarliaの初代リーダー、イオン・イヴァンチャ(1940-2006)

エミール・クストリッツァによる映画『アンダーグラウンド』と『黒猫・白猫』の大きな影響

ただ、Fanfare Ciocarliaのようなジプシーブラスが一気に広まったのは、同時代に活躍した映画監督の影響も無関係ではなかった。それが旧ユーゴスラビアのサラエヴォ出身の映画監督エミール・クストリッツァ監督だ。

彼の代表作とも言えるナチスドイツ占領下のセルビアを舞台にした1995年の『アンダーグラウンド』、ジプシーを主人公にした1998年の『黒猫・白猫』は映画としても傑作とされているが、映画としての部分だけが称賛されているだけではない。1996年に『カンヌ国際映画祭』でパルムドールを受賞した『アンダーグラウンド』では旧ユーゴスラビア出身の作曲家ゴラン・ブレゴビッチが音楽を手掛けていて、映画の中でジプシーブラス的なサウンドも含めた旧ユーゴスラビアの音楽も高い評価を得ていた。

映画『アンダーグラウンド』の一幕。この映画の音楽で全編ジプシーブラスが使用され、世界中で注目された

ただ、ジプシーブラスの名を世界に知らしめるほどのきっかけを作ったのは何と言っても『黒猫・白猫』だろう。映画ではエミール・クストリッツァ自身が率いるブラスバンド、The No Smoking Orchestraの音楽が全編で流れているからだ。そのうえ、クストリッツァは『黒猫・白猫』のサウンドトラックをリリースしてヒットさせるだけでは飽き足らず、2000年には「Emir Kusturica & The No Smoking Orchestra」名義でオリジナルアルバム『Unza Unza Time』を発表して、これもまたヒットさせている。Fanfare Ciocarliaと同時期にクストリッツァがこういった動きをしたことで、世界的なジプシーブラスブームが起きていた、というような状況があったわけだ。

デビュー当時のFanfare Ciocarlia
デビュー当時のFanfare Ciocarlia
Page 1
次へ

イベント情報

『ジャズ・ワールドビート2019』

2019年7月6日(土)
会場:東京都 めぐろパーシモンホール
出演:Fanfare Ciocarlia、ジェントル・フォレスト・ジャズバンド、たをやめオルケスタ、他

『大ブラス・フェスティバル!』

2019年6月30日(日)
会場:神奈川県 よこすか芸術劇場
出演:Fanfare Ciocarlia、ジェントル・フォレスト・ジャズバンド、たをやめオルケスタ、他

来日ツアー『Fanfare Ciocarlia』

ゲストダンサー:Nourah(7/8大阪公演を除く)

2019年6月29日(土)
会場:千葉県 船橋市民文化ホール

2019年7月2日(火)
会場:宮城県 えずこホール

2019年7月4日(木)
会場:東京都 武蔵市民文化会館

2019年7月7日(日)
会場:愛知県 穂の国とよはし芸術劇場プラット

2019年7月8日(月)
会場:大阪府 Billboard Live OSAKA

2019年7月9日(火)
会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター
※完売

プロフィール

Fanfare Ciocarlia
Fanfare Ciocarlia(ふぁんふぁーれ ちぉかりーあ)

ルーマニア北東部の寒村ゼチェ・プラジーニ出身。映画『アンダーグラウンド』(1995年カンヌ映画祭パルムドール)や『黒猫・白猫』(1998年ベネチア国際映画祭銀獅子賞)で注目されたジプシー・ブラス・スタイルで、伝統音楽からポピュラー音楽までを、強烈な疾走感・壮快感に満ちた演奏を聴かせる。2000年に初来日を果たし、2014年には『FUJI ROCK FESTIVAL』にも出演した。2019年6月末から6度目となる来日ツアーが予定されており、7月6日には『ジャズ・ワールドビート2019』、6月30日は『大ブラス・フェスティバル!』にも出演する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル