コラム

『この世界の片隅に』NHKで地上波初放送。のんら「奇跡」の声優陣にも注目

『この世界の片隅に』NHKで地上波初放送。のんら「奇跡」の声優陣にも注目

佐伯享介(CINRA.NET編集部)

2016年公開、国内外で数々の映画賞に輝いた記念碑的作品が、初の地上波放送

アニメーション映画『この世界の片隅に』が、8月3日21:00からNHK総合で放送される。

2016年に公開された『この世界の片隅に』。2007年から2009年にかけて『漫画アクション』で連載されたこうの史代の漫画を原作に、映画『マイマイ新子と千年の魔法』やテレビアニメ『名犬ラッシー』、『BLACK LAGOON』シリーズなどを手掛けた片渕須直がアニメ化したもの。

2016年11月の公開当初からSNSを中心に大きな評判を呼び、徐々に公開規模を拡大。『第41回アヌシー国際アニメーション映画祭』長編部門審査員賞、『第21回文化庁メディア芸術祭』アニメーション部門大賞、『第40回日本アカデミー賞』最優秀アニメーション作品賞など、国内外のアニメ映画賞に輝いた。日本アニメ映画史を塗り替えた記念碑的な作品である。

すでにNetflixやAmazon Prime Videoといった動画配信サービスでも観ることができるが、地上波での放送は初めて。「すずさん」たちの戦時下における生活を丹念に、生き生きと描いた同作。全国各地の視聴者と共にリアルタイムで、生活に密着したテレビという媒体を通して鑑賞する体験には、格別なものがあるはずだ。同時に、この作品の受容のされ方が新たな局面に入ることも意味するだろう。

『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

主人公・すずの声はのん。「すずさんに命を吹き込んでくれて感謝の気持ちでいっぱい」

公開から3年が経った作品なので、すでに数多くの評が出ている。6年をかけた長い制作期間、資金調達に苦慮したことからクラウドファンディングに活路を見出し、3千人を超えるサポーターから3900万円以上の制作資金を集めたという逸話。呉や広島の戦時中の風景を細やかに再現した徹底した取材、主人公・すずの年表、日々の生活を思い描いた日記まで創作したという執念すら感じさせるほど強固な調査など、制作にまつわるエピソードは枚挙にいとまがない。

『この世界の片隅に』の主演声優を務めたのん(2016年8月、キャスト発表時の写真) ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』の主演声優を務めたのん(2016年8月、キャスト発表時の写真) ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

主人公・すずの声を演じたのんの起用は、発表当時に話題となったトピックだ。所属芸能事務所からの独立騒動の影響から、本名「能年玲奈」を芸名として使うことができなくなったのん。芸名を「のん」に変え、表舞台に少しずつ復帰しはじめたタイミングでのアニメ映画の主演声優への抜擢だった。2016年8月の主演声優発表時、片渕須直監督は次のようにコメントしている。

6年前「この世界の片隅に」をアニメーションにしようと思ってからずっと、すずさんの声を探していました。監督補の浦谷さんと互いに誰が良いかを考えていたところ、2人とも同じ声を思い描いていました。ご縁に恵まれて、のんさんの声をマイクを通して聞いた時、何年も前から自分たちが想像してきた声が、すずさんとなって現れました。その時、のんさん以外のすずさんは考えられないと確信しました。すずさんに命を吹き込んでくれて感謝の気持ちでいっぱいです。この作品は本当に幸運に恵まれたと思います。

NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍国民的な人気を博したのん。『この世界の片隅に』地上波初放送の局がNHKであるということも、里帰りのような、なにか運命的なストーリーを感じさせる。

『この世界の片隅に』の主演声優を務めたのん(2016年8月、キャスト発表時の写真) ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』の主演声優を務めたのん(2016年8月、キャスト発表時の写真) ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

細谷佳正、小野大輔ら声優陣にも注目。「まさしく奇跡のようでした」

のん以外の声優陣の好演にも注目したい。すずの夫・周作役を細谷佳正、すずの幼馴染・水原哲役を小野大輔、周作の姉・径子役を尾身美詞、径子の娘・晴美役を稲葉菜月、すずの年子の妹・浦野すみ役を潘めぐみ、周作の父・円太郎役を牛山茂、周作の母・サン役を新谷真弓、遊女・リン役を岩井七世、すずの父・十郎役を小山剛志、すずの母・キセノ役を津田真澄、すずの兄・要一役を大森夏向、すずの祖母・イト役を京田尚子が演じている。広島弁の方言指導は、広島出身の新谷真弓、呉出身で憲兵役の栩野幸知が行なったという。

『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

片渕須直監督は、CINRA.NETで実施した西川美和との対談で、のんをはじめとする声優陣について以下のように語っていた。

『この世界の片隅に』に関しては、音楽もそうですけど、特に声を担当してくれた役者さんたちが、あまりにも自分たちの思ったとおりの声で演じてくれたんですよね。

自分たちの夢の世界というか、自分たちの想像力のなかから直接出てきたような声で演じてくれて。それは僕だけではなく、実際に絵を描いているスタッフたちも、同じことを言っていましたね。だから、それは本当に得難い感じというか、まさしく奇跡のようでした。
CINRA.NET>片渕須直×西川美和対談 盛り上がる日本映画とその未来を語る

NHKでは「#あちこちのすずさん」プロジェクトを進行。特番には八乙女光、伊野尾慧、広瀬すずらが出演

NHKでは地上波放送の翌週、8月10日にNHKスペシャルの特番『#あちこちのすずさん』を放送。スタジオゲストとして片渕監督、八乙女光(Hey! Say! JUMP)、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、広瀬すず、千原ジュニアが出演する。NHKの各番組やSNSで募った「#あちこちのすずさん」のエピソードを片渕監督のバックアップのもと、MAPPAがアニメ化する企画も進行している。

特設サイトでは「#あちこちのすずさん」のエピソードをもとにしたイラストが公開中。今後も継続してほしい企画だ。

『#あちこちのすずさん』ビジュアル ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『#あちこちのすずさん』ビジュアル ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

また8月3日16:20からは、『この世界の片隅に』の主題歌と音楽を手掛けたコトリンゴのドキュメンタリー番組『“この世界の片隅に”コトリンゴの映画音楽-完全版-』がNHK総合で再放送される。

様々な場所で上映されてきた『この世界の片隅に』。9月に東京国立博物館での無料上映、12月には新バージョンも

『この世界の片隅に』は劇場公開終了後も、様々な場所で上映されている。

今年1月にはのんが登壇した無料上映イベントが広島、岡山、愛媛で開催されたし、8月6日には広島・広島、8月11日に茨城・土浦セントラルシネマズ、8月15日に東京・テアトル新宿、新宿ピカデリーで片渕須直監督の登壇を予定した上映会を実施。8月17日には東京・池袋の新文芸坐で開催されるオールナイト上映イベント『新文芸坐×アニメスタイル セレクションvol. 118 「この世界の片隅に」三度目の夏』、9月20日と21日に東京・上野の東京国立博物館で開催される『博物館で野外シネマ』において上映される。

『博物館で野外シネマ』ビジュアル
『博物館で野外シネマ』ビジュアル

加えて、12月20日には『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が全国で公開予定。これは『この世界の片隅に』に昭和19年秋から昭和20年春にかけてのエピソードを中心とした、約30分間の新規映像を追加した新バージョンとなる。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の「応援チーム」は現在も受付中。詳細は同作のオフィシャルサイトで確認しよう。

AbemaTVがNHK放送と連動。解説コメンタリー音声番組を生配信

地上波放送当日は、AbemaTVでコメンタリー音声番組『この世界の片隅に 地上波連動コメンタリー【解説編】』をNHKと同時放送。これはBlu-ray、DVDに特典として収録されていた音声を放送するもので、片渕須直監督をはじめ、氷川竜介、藤津亮太らが時代背景や描かれている生活などを解説するもの。もう何度も観たという視聴者はこちらをあわせて楽しむのいいかもしれない。

Page 1

番組情報

『この世界の片隅に』

2019年8月3日(土)21:00~NHK総合で放送

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催