特集 PR

秋山黄色、「脱落者」の歌に見る希望と「僕たち」へのまなざし

秋山黄色、「脱落者」の歌に見る希望と「僕たち」へのまなざし

秋山黄色
テキスト
天野史彬
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

「脱落者」を掲げた1stアルバムでメジャーデビュー

音楽家・秋山黄色が、3月4日に1stフルアルバム『From DROPOUT』をリリースする。アルバムタイトルを直訳するならば「脱落者より」といったところか。確かに、素面と酩酊を行ったり来たりするような視点で綴られる歌詞の世界観からは、世間から「外れて」しまった人間の不安と退屈を感じる。アルコールからの影響も大きいようだ。

時間を金に変えた
金をお酒に変えた
もうなんもなくて笑えた
面白いけど楽しくないって普通かい?(『From DROPOUT』収録“夕暮れに映して”より)

「ドロップアウト」という言葉から、私が真っ先に思い浮かべたのはカニエ・ウェストの1stアルバム『The College Dropout』だった。タイトルが似ているからといって無闇な比較はナンセンスだが、「大学中退」という自身の人生経験と重ねながらストーリーを綴ったカニエと、どこか「脱落者」のような視点で音楽を紡ぐ秋山。共通しているとすれば、それが本人の人生上の事実であれ、巧みに作られたペルソナであれ、「音楽的な真実」として、作品を通してひとつの人物像が創造されていることだろう。

秋山黄色“夕暮れに映して”PV。昨年8月に配信リリースされた

インディーズ時代は「現役ニート」を自称していた秋山。彼の実際的な人生がどんなものであれ、彼はその音楽を通して、脱落者の視点から、「こんな人間がいるのだ」ということを誰かに伝えたいと思ったのだろう。そして、それを実行している。ここに、秋山黄色の作家性があるといえる。

『けいおん!』の影響でベースを始め、高校生の頃から自作曲をインターネットに投稿

秋山黄色は1996年生まれ、栃木県宇都宮市出身。「黄色」は本名ではなく、本人にとっては「嫌いな色」だそうだ(参考:2019年1月21日『TOPPA!』掲載インタビュー)。中学生の頃にアニメ『けいおん!』の影響でベースを始め、その後、ギターを手に入れると、高校生の頃からは自作曲を制作、YouTubeやSoundCloudに自作曲をアップし始めた。高校時代にはNirvanaのような海外の音楽も聴き始める。もちろん、ニコニコ動画やボーカロイドカルチャーも通ってきているという、とても現代的なバックグラウンドを持ったアーティストである。

秋山黄色“やさぐれカイドー”PV

高校1年生の頃に、米津玄師の1stアルバム『diorama』にリアルタイムで出会っているという、言わば「米津玄師以降」の世代。自分ひとりで曲を作り、完成させ、それを動画投稿サイトやSNSで発信することを自然と成立させてきた。楽曲制作だけでなく、イラストや映像も自分でやる。しかし、そこから徐々に認知と活動視野を広げていき、2019年1月にリリースされた初のミニアルバム『Hello my shoes』では、ドラムに松下敦(ZAZEN BOYS)、ベースになかむらしょーこ(SMOKY & THE SUGAR GLIDER)を迎え、屈強なバンドサウンドを展開。(雑な言い方だが)「ネットのパーソナルスペースから、他者とより直接的なつながりを持った表現へと展開されていった」という点も含めて、米津玄師やヒトリエ、あるいは「ネット発」ではないものの、個の内省と表現欲求がミックスカルチャー的な手法も通じて世界に開かれていくという点で、精神性としてはamazarashiも加えていいだろう、そうした先達たちが切り開いてきた道を、秋山黄色は今、歩いているといえる。

2019年1月にリリースされた秋山黄色の1stミニアルバム『Hello my shoes』(Apple Musicはこちら

連続ドラマ『10の秘密』の主題歌に抜擢。次のステップへの道筋を予感させる“モノローグ”

そんな秋山にとって、『From DROPOUT』はメジャーデビュー作となる。インディーズ時代より大規模なフェスへの出演経験もあり、既に大きな話題性を持っているアーティストだが、本作の導入として最も大きなトピックとなっているのが、アルバム2曲目に配置された“モノローグ”だ。この曲は現在放送中のドラマ『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系)の主題歌として書き下ろされ、アルバムのリード曲として先行配信された1曲。リリースされるやいなや、iTunesロックチャートで1位を獲得し、YouTubeに公開されたミュージックビデオは、この記事を書いている2月19日時点で300万回再生を突破している。

音楽性としても、リフ主体のグルーヴィなロックサウンドを得意としてきた秋山にとって、“モノローグ”は、よりスケールの大きなポップスへと挑戦した1曲といえるだろう。この曲を入口にして秋山の作品世界に入ってきたリスナーも多いだろうし、また、この曲が秋山のこの先の行く道を照らす大きな灯りのひとつになることは間違いない。

秋山黄色“モノローグ”PV。向井理主演の連続ドラマ『10の秘密』主題歌

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

秋山黄色『From DROPOUT』初回生産限定盤
秋山黄色
『From DROPOUT』初回生産限定盤(CD+DVD)

2020年3月4日(水)発売
価格:3,700円(税込)
ESCL-5360/1

[CD]
1. やさぐれカイドー
2. モノローグ
3. クラッカー・シャドー
4. スライムライフ
5. chills?
6. Caffeine
7. 猿上がりシティーポップ
8. 夕暮れに映して
9. ガッデム
10. エニーワン・ノスタルジー

[DVD]
1. “やさぐれカイドー”MUSIC VIDEO
2. “猿上がりシティーポップ”MUSIC VIDEO
3. “ドロシー”MUSIC VIDEO
4. “クソフラペチーノ”MUSIC VIDEO
5. “クラッカー・シャドー”MUSIC VIDEO
6. “夕暮れに映して”MUSIC VIDEO

秋山黄色
『From DROPOUT』通常盤(CD)

2020年3月4日(水)発売
価格:3,100円(税込)
ESCL-5362

1. やさぐれカイドー
2. モノローグ
3. クラッカー・シャドー
4. スライムライフ
5. chills?
6. Caffeine
7. 猿上がりシティーポップ
8. 夕暮れに映して
9. ガッデム
10. エニーワン・ノスタルジー

プロフィール

秋山黄色
秋山黄色(あきやま きいろ)

1996年3月11日生まれ。栃木県宇都宮市出身。中学生の頃、TVアニメ「けいおん!」に影響されベースを弾き始め、高校1年生の時に初のオリジナル曲を制作。その後、YouTubeやSoundCloudなど、ネット上で楽曲を発表をするところから音楽キャリアをスタートさせた。2017年12月より宇都宮と東京を中心にライブ活動をスタート。2018年6月に自主レーベルBUG TYPE RECORDSより第1作目となる“やさぐれカイドー”を配信リリース。Spotifyバイラルチャート(日本)で2位にランクインをして注目を集めた。夏には「出れんの!?サマソニ!?」枠で『SUMMER SONIC 2018』へも出演を果たす。2019年2月には、Spotify『Early Noise 2019』として、今年大きな飛躍が期待される新進気鋭の国内アーティスト10組のうちの1組として、King Gnu、中村佳穂、ずっと真夜中でいいのに。等と共に選出された。2019年1月23日(水)には1st mini ALBUM 『Hello my shoes』をリリース。8/9(金)『夕暮れに映して』を配信リリース。その後、「SPACE SHOWER RETSUDEN NEW FORCE 2019」や「JFL presents FOR THE NEXT 2019 supported by 日本セーフティ J-WAVE推薦“NEXT BREAK ARTIST”」に選出される。国内ロックフェス『VIVA LA ROCK 2019』、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』、『SUMMER SONIC 2019』へ立て続けに出演し、9月には、TSUTAYA O-Crestにて秋山黄色 1st ONE MAN LIVE『登校の果て』を成功させ、2020年2月28日には渋谷WWWにて秋山黄色 ONE MAN LIVE『登校の果て.W』の開催が決定。12/14放送のNHK「SONGS」尾崎豊特集にて尾崎豊“シェリー”を自らアレンジ、そして生演奏をし、Twitterトレンド入りとなった。2019年の躍進を締めくくるに相応しい国内最大級のロックフェス『rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 19/20』へ初出演を果たした。2020年1月放送開始のTVドラマ「10の秘密」の主題歌に抜擢され、初めて書き下ろしをした新曲“モノローグ”が収録の1stフルアルバム『From DROPOUT』がEPIC Records Japanより3月4日にリリースとなる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催