コラム

『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

テキスト
島貫泰介
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

主に「女の一生」を描いてきたNHK朝ドラの保守的な家族像や女性像

NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)が苦手だ。1961年の放送開始以来、朝ドラが描いてきたのは基本的に「女の一生」で、いくつかある男性主人公の作品(次回作の『エール』は、窪田正孝演じる作曲家・古関裕而と二階堂ふみ演じるその妻・古関金子の二人の物語を描く)でも主要なテーマになるのは、いささか保守的すぎる「家族」のあり方だからだ。

時代が進むにつれ、『私の青空』(2000年)で初めてシングルマザーが描かれ、『あまちゃん』(2013年)などでは恋愛・結婚を重視しない主人公がフィーチャーされるようになり、多様な生き方が示されるようになったが、それでも「成長→恋愛→結婚→出産→子育て→子どもの自立→老い」という、社会一般が抱いている理想の家族像・女性像のステレオタイプを打ち破るまでには至らない。

いろんな意味で問題作だった北川悦吏子脚本の『半分、青い。』(2018年)が、主人公の鈴愛(すずめ)の、漫画家→100円ショップ店員→実家の五平餅屋→起業家と、まともに計画も立てないまま職業をとっかえひっかえして「でたらめに生きる(生きられる)自由」を肯定的に描いたことに筆者は密かに喝采を挙げていたのだが、SNSなどでの評価は散々で、その次の『まんぷく』(2018年)がチキンラーメンの創始者である安藤百福を献身的に支える妻・仁子(まさこ)をモデルにした夫婦物語で好評を得たことを思うと、視聴者もNHKも、多様な生き方を謳歌することにけっして甘くはない。

2018年放送、永野芽郁主演の『半分、青い。』

『半分、青い。』のような例外的な逸脱をときに許容しつつも、大きくは日本の「家族」や「国家」の共同幻想を強化・維持し、そしてそのなかに女性を留め置く装置として朝ドラはあるとも言えるだろう。逆に、NHKのもう一枚の大看板である大河ドラマが主に「男たちの歴史」を追認するものであることを思えば、月曜から土曜までの朝と日曜夜にお茶の間に届けられる家族と国家の物語によって、日本人は「女らしさ」や「男らしさ」の規範を植えつけられてきたとも言える。

しかし、ここまで書いておいてなんなのだが、筆者があらゆるテレビドラマのなかでもっとも見続けてきたのも他ならぬ朝ドラである。先述した『あまちゃん』では、アイドルに憧れながらも故郷の北三陸市を離れないことを選ぶ足立ユイの立ち位置に批評性を見出し、『ちりとてちん』(2007年)では落語家一門の疑似家族的性質に惹かれ、小説家・田辺聖子の半生を描いた『芋たこなんきん』(2006年)ではアクの強い関西人の群像劇に大笑いした。朝ドラが描く家族像の保守性を嫌う一方で、そこから目を離すことができずにいる自分自身の矛盾は、やがて「私にとっての家族とは何か?」を問う契機ともなる。かくして、このコラムも最新作の『スカーレット』(2019年)へと筆を移すことになる。

主人公の陶芸作家としてのキャリアと、個人としての人生を同時に追いかけていく『スカーレット』

今週で最終回を迎える『スカーレット』が題材としてきたのは、戸田恵梨香演じる信楽初の女性陶芸作家・川原喜美子の半生だ。

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』
NHK連続テレビ小説『スカーレット』

敗戦の混乱収まらぬ1947年。家族と一緒に夜逃げ同然に滋賀県・信楽に移り住んだ喜美子は、負けん気の強いガキ大将として成長し、やがて女中として働きに出た大阪で絵画の道を志す。しかし、生活能力に欠ける父・常治(ジョージ)にその道を断たれて信楽に連れ戻され、地元の主産業である陶業の絵付け師の見習いとしての生活を始めることになる。物語は、喜美子がいかにして陶芸の道を究め、作家として自立していくかを描くと同時に、先輩陶芸家・八郎との結婚と離婚、家族との死別、自分を追いかけるようにして陶芸家を志す一人息子・武志の成長、そして白血病を発症した武志と過ごす最後の日々……つまり芸術家としてだけでない個人としての人生も追いかけていく。脚本の水橋文美江は『スカーレット』を特集したシナリオ専門誌『ドラマ』(映人社)のインタビューでこう語っている。

陶芸を描くのではなく、あくまでも川原喜美子という女性の人生を描いていく、その過程で女中から絵付け師、陶芸家になるということです。陶芸のノウハウを伝えるドラマではなく、人間を描くということで、そこは気を付けました。

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』
NHK連続テレビ小説『スカーレット』

モデルとなった陶芸家・神山清子。骨髄バンクの発足に奔走するなどのエピソードも

同インタビューでは語られていないが、喜美子にはモデルとなる実在の人物がいる。劇中に登場する陶芸作品の提供者でもある、陶芸家・神山清子だ。信楽を拠点とする神山は、自宅に穴窯を自ら築き、失われていた古来の製法「自然釉」を甦らせ、男性中心だった陶芸の世界に新風を起こした芸術家である。だが、それに留まらない生き方を選んできた人でもある。

ドラマで描かれている白血病になった武志のエピソードはほぼ事実で、神山の実子・神山賢一は29歳のとき慢性骨髄性白血病の宣告を受けている。息子の発病を受けて、神山は当時日本にはまだなかった骨髄バンクの発足に奔走し、わずか1年で骨髄移植推進財団(現在の「日本骨髄バンク」)の設立を実現させた。このほかにも、平和憲法を守る市民活動に参加し、陶芸の文化史において日本と深いつながりを持つ韓国との国際交流に力を入れるなど、芸術と日々の営みの連続性のなかで生きてきた人物が、『スカーレット』の喜美子のモデルである。芸術の深奥に挑む個としてのストイックさを持ちながら、女性として、母として、子としての生き方にも開かれた人間としての喜美子は、このような背景を持って描かれているのだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

番組情報

2019年度後期 連続テレビ小説
『スカーレット』

2019年9月30日(月)~2020年3月28日(土)にNHKで放送
脚本:水橋文美江
演出:中島由貴、佐藤譲、鈴木航ほか
主題歌:Superfly“フレア”

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄