特集 PR

下水道をポップに映像化。ポイントは、主人公の設定・描き方

下水道をポップに映像化。ポイントは、主人公の設定・描き方

「東京地下ラボ by東京都下水道局」
テキスト
村上広大
撮影:前田立 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

普段、気づかないシステムへの気づきを与える。クリエイティブの力

「自慢をする人って好かれないですよね。でも、自慢したい。だから、嫌われないための魔法が必要です。それを実現できるのがクリエイティブなんです」

そういったのは、CMディレクターの中島信也だった。2019年、夏。首都大学東京の一室で行われたワークショップでのひとことだった(参考:CMディレクター中島信也の「想像心」で、下水道を魅せる)。その場に居合わせた学生たちは、この中島の言葉を足掛かりに「下水道」をテーマにした30秒の動画制作に挑むことになった。

2018年度から取り組んでいる東京都下水道局によるプロジェクト「東京地下ラボ」。本プロジェクトは、公募で集った学生たちが、学生ならではの視点で下水道の魅力を再発見することを目的にしている。そして、2019年のテーマとなったのが「動画」だった。

主人公の存在が、表現をキャッチーにさせる。中島信也のアドバイス

2月12日。暖冬の影響もあってか、例年よりも穏やかな気候の中で発表会は開催された。場所は東京都庁。審査員の中にはワークショップで講師を務めた中島信也の姿もあった。

審査員を務めた中島信也。学生たちの制作した動画を真剣に観る。
審査員を務めた中島信也。学生たちの制作した動画を真剣に観る。

発表された作品は5作。いずれも下水道の魅力を発信しようという気概に溢れたユニークな作品だった。その中で栄誉ある「グランプリ」を受賞したのは、『水にアツいよ!下水番長!』。マンホールがついたリーゼントに、長ランのスタイルが印象的な男性を主人公にした作品だ。

『水にアツいよ!下水番長!』の動画を見る

原田:最初はストーリー仕立てにする予定だったんです。番長と彼女がイチャイチャしながらラーメン屋に入るみたいな(笑)。でも、それだと本当に伝えたいことが伝わらないんじゃないかっていう話になって。それから番長が水を浴びたり、敵と戦ったりというシーンが決まっていったんです。

そう話してくれたのは、制作チームで代表を務めた武蔵野美術大学3年生の原田季和さん。撮影は12月に実施し、それまではずっとアイデアを練る時間に充てたという。

グランプリ受賞の『水にアツいよ!下水番長!』を制作したFチーム
グランプリ受賞の『水にアツいよ!下水番長!』を制作したFチーム

この作品は、下水道が果たしている役割をワンシーンずつナレーションつきで解説していく流れが非常にわかりやすく、そしてなにより主人公がとても印象的なことが大きく評価された。それについて中島は、講評で次のように話していた。

中島:各班ともにアイデアがユニークで、やろうとしていることは評価できました。問題は演出。アイデアがみんなにきちんと伝わるように工夫をする。これが足りない班が多かった気がします。

では、ここでいわれている「演出」とはなんだろうか? 中島は言葉を続ける。

中島:大きなポイントは、主人公をはっきりさせること。これは意外と忘れられがちなんですが大事なことです。僕もCMを制作する際には、主人公をどう描いていくかを一番に考えます。『水にアツいよ!下水番長!』は、それがすごくわかりやすかった。

 
制作された動画を観る様子
制作された動画を観る様子

確かに、どのチームも素晴らしかった。が、その中でも「下水番長」というキャラクターのキャッチーさは絶大だった。「下水道」という文字的にも固く、じめじめしたイメージが漂うものを擬人化してしまうことで(しかも番長!)、視聴者にも親近感を持って捉えられるようになるわけだ。ちなみに、「グランプリ」受賞作以外の作品も非常にユニークなので、ぜひともこの機会に視聴してみてほしい。

『地下組織「東京都下水道局」』を見る

『名前変えます宣言』を見る

『干せない日』を見る

『アンダーグラウンドワールド』を見る

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロジェクト情報

『東京地下ラボ by東京都下水道局』

下水道の新たな可能性や魅力を発信する東京都下水道局主催のプロジェクト。昨年度の東京地下ラボは、「下水道の魅力を『編集』の力で若者が再発見」をテーマに、参加学生が各グループで雑誌(ZINE:ジン)を制作。今年度は『クリエイティブ』の力をテーマに、30秒の動画を制作し下水道の魅力を発信する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る