特集 PR

10周年のロロに寄せて。新作を目撃した、彼らを愛する5人が綴る

10周年のロロに寄せて。新作を目撃した、彼らを愛する5人が綴る

ロロ『四角い2つのさみしい窓』
テキスト・編集
川浦慧(CINRA.NET編集部)

2019年、ロロは10周年を迎えた。旗揚げメンバーが誰一人欠けることなくその歩みを進めてきた10年、ロロは客席に座る私たちになにを見せてきただろう。三浦直之が青春時代に受容したポップカルチャーへの偏愛やユーモアと、その奥にある懐かしさや切なさが共存し、いつかの自分の記憶までも呼び戻されるような感覚――。その正体はなんなのだろう。

今年1月から上演が始まり、現在ツアー真っ最中の新作『四角い2つのさみしい窓』においてもそのバランス感覚はありつつ、しかし、その視線は「その先」をみつめているようだった。それは、これまでロロが掲げ続けてきた「ボーイ・ミーツ・ガール」で出会った登場人物たちの、出会った「その先」を描いているような。人が出会って一緒に何かをし、寄り添ったり衝突したりしながら、続いていく関係性。それはもしかしたら、ロロとして活動するメンバー自身が向き合っていることにも繋がるのかもしれない。出会って10年以上が経ったいま、それぞれが異なる考えや事情を抱えながら劇団を続けていく、そのために向き合うその先の時間。そんなふうに、メンバー自身の時間とともにロロの物語は紡がれているように感じる。

本記事では、ロロや劇団メンバーと親交のある、夏目知幸(ミュージシャン)、金子大地(俳優)、新田章(漫画家)、谷口菜津子(漫画家 / イラストレーター)、柴崎友香(小説家)の5人のテキストから、新作『四角い2つのさみしい窓』、そして、ロロがこの10年私たちに見せてきたものの正体に迫りたいと思う。

(撮影:三上ナツコ)

「『失ってきたもの』を思い出す」 テキスト:新田章(漫画家)

ロロを観ると、私はいつもそうです。例えば、小学生のときの情景です。あのときのふとした感情、景色、誰かとのやり取り。私の経験と劇の内容は全く違うのに、です。きっと三浦さんが人間の「普遍的な想い」を根底に、物語を作っているからだと思います。感情とは違う、「花はきれい」のような反射的、且つどこか前向きな「想い」です。それは、ストーリーのなかでじわじわ伝わってきます。演者さんたちは気取らず、舞台美術にはファンタジーさもあるので、私のなかにイメージとして膨み、いろんな記憶の琴線に触れます。

ロロ<br>劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団。2009年結成。古今東西のポップカルチャーをサンプリングしながら既存の関係性から外れた異質な存在のボーイ・ミーツ・ガール=出会いを描き続ける作品が老若男女から支持されている。15年に始まった『いつ高』シリーズでは高校演劇活性化のための作品制作を行うなど、演劇の射程を広げるべく活動中。主な作品として『LOVE02』(2012年)、『ハンサムな大悟』(2015年)、『BGM』(2017年)など。『ハンサムな大悟』は第60回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。(撮影:三上ナツコ)
ロロ
劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団。2009年結成。古今東西のポップカルチャーをサンプリングしながら既存の関係性から外れた異質な存在のボーイ・ミーツ・ガール=出会いを描き続ける作品が老若男女から支持されている。15年に始まった『いつ高』シリーズでは高校演劇活性化のための作品制作を行うなど、演劇の射程を広げるべく活動中。主な作品として『LOVE02』(2012年)、『ハンサムな大悟』(2015年)、『BGM』(2017年)など。『ハンサムな大悟』は第60回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。(撮影:三上ナツコ)

そして、二度と戻らない瞬間や感情、それは確かにあったと思い出させられ、毎度心臓がキュゥとします。『マジカル肉じゃがファミリーツアー』(2018年)は、自分でも引くほど泣いてしまいました。こんな感じで、私にとってロロは基本、切ないです。でも、ポップで素朴で音楽もよくて笑いもあって、とても良質な切なさです。

ロロ『マジカル肉じゃがファミリーツアー』(2018年)メインビジュアル。
ロロ『マジカル肉じゃがファミリーツアー』(2018年)メインビジュアル。ロロのインタビュー記事はこちら

そういえば、三浦さんが脚本を手掛けたドラマ『デリバリーお姉さんNEO』(2017年 / テレビ神奈川及びGYAO!共同制作)も、たまにのんびりと観返したくなります。楽しくてちょっと寂しい。あの3人は不変であってくれと願ってしまいます。

『デリバリーお姉さんNEO』(2017年 / テレビ神奈川及びGYAO!共同制作)
『デリバリーお姉さんNEO』(2017年 / テレビ神奈川及びGYAO!共同制作)

新作『四角い2つのさみしい窓』は、10周年に相応しい名作でした。特に凄いなと思ったのは、東日本大震災を扱ったこと。『あまちゃん』以来だ、よくぞやってくれた! と思いました。現実の「残された人」をなるべく傷つけないような演出でありながら、拭えない喪失感は伝わってきます。

私はこの震災を東京で、親戚は東北で、友人の1人は福島で体験し、これが起こる前と後では「もしも……」に対する考えが自分のなかで明らかに変わりました。自分も物語を描く側の人間として、作品のなかで何かできたらと考えることがあります。でも、どうしてもできない。思い出すと未だに息が詰まる、あの絶望に対して私に何が言える、と、ドラゴンボールの神龍のように、自分のキャパを超える事象に立ち入れないでいました。

しかし三浦さんは自分なりの切り口を見つけ、悲しいだけではない人間たちを見せてくれました。本当に笑ったし、楽しく切なく、希望もあり、素晴らしい演目でした。

ロロの舞台はいつもこちらに想像の余白をくれるのですが、今回はその余白の量と質が、本当に調度よいなと感じました。たくさんの人に観てほしい、たくさんの媒体で取り上げられてほしいです。これからも、ロロの皆々様の活躍が楽しみです!

Page 1
次へ

作品情報

ロロ『四角い2つの寂しい窓』
ロロ
『四角い2つのさみしい窓』

脚本・演出:三浦直之
出演:亀島一徳、篠崎大悟、島田桃子、望月綾乃、森本華

徳島公演
2020年1月19日(日)
会場:徳島県 阿南市情報文化センター コスモホール

東京公演
2020年1月30日(木)~2月16日(日)
会場:東京都 こまばアゴラ劇場

福島公演
2020年4月25日(土)〜4月26日(日)
会場:福島県 いわき芸術文化交流館アリオス 本館4階 小劇場

*新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、開催延期となりました。詳細は特設サイトをご覧ください。

三重公演
2020年5月9日(土)~5月10日(日)
会場:三重県総合文化センター 三重県文化会館 小ホール

*新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、開催延期となりました。詳細は特設サイトをご覧ください。

ロロ『窓辺』
ロロ
『窓辺』

ロロの生配信企画始動!
ビデオ電話で交流する人々を描く連作短編通話劇シリーズ。

第1話『ちかくに2つのたのしい窓』
脚本・演出:三浦直之
出演:亀島一徳、篠崎大悟
2020年4月19日(日)より配信開始

プロフィール

ロロ
ロロ

劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団。2009年結成。古今東西のポップカルチャーをサンプリングしながら既存の関係性から外れた異質な存在のボーイ・ミーツ・ガール=出会いを描き続ける作品が老若男女から支持されている。15年に始まった『いつ高』シリーズでは高校演劇活性化のための作品制作を行うなど、演劇の射程を広げるべく活動中。主な作品として『LOVE02』(2012年)、『ハンサムな大悟』(2015年)、『BGM』(2017年)など。『ハンサムな大悟』は第60回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。(撮影:三上ナツコ)

新田章
新田章(にった あきら)

青森県出身。漫画家。『恋のツキ』『あそびあい』『パラダイス新田章作品集』発売中。

谷口菜津子
谷口菜津子(たにぐち なつこ)

漫画家・イラストレーター。著書に『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』、『彼女と彼氏の明るい未来』、『スキマ飯』など。

金子大地
金子大地(かねこ だいち)

1996年9月26日、北海道出身。「アミューズオーディションフェス2014」にて俳優・モデル部門を受賞しデビュー。以降、映画、ドラマ、CMに多数出演。ドラマ『おっさんずラブ』(2018 / EX)にて演じた栗林歌麻呂役が注目を集め、翌年『腐女子、うっかりゲイに告る。』(2019 / NHK)でテレビドラマ初主演を務める。ゲイの高校生役を繊細に演じコンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞。そのほか近年の出演作に、ドラマ『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』、映画『家族のはなし』『どすこい!すけひら』『殺さない彼と死なない彼女』など。W主演した映画『猿楽町で会いましょう』は6月5日公開。

夏目知幸
夏目知幸(なつめ ともゆき)

東京を中心に活動するオルタナティブギターポップバンドシャムキャッツのボーカル、ギター、作詞作曲。2016年、自主レーベル「TETRA RECORDS」を設立し、リリースやマネジメントも自身で行なっている。近年はタイ、中国、台湾などアジア圏でのライブも積極的。個人では弾き語り、楽曲提供、DJ、執筆など。

柴崎友香
柴崎友香(しばさき ともか)

小説家。2000年に初の単行本『きょうのできごと』を刊行(のちに行定勲監督により映画化)。2007年『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、2014年『春の庭』で芥川賞受賞。2010年に野間文芸新人賞を受賞した『寝ても覚めても』が濱口竜介監督により映画化。『わたしがいなかった街で』『パノララ』『千の扉』『よう知らんけど日記』『公園へ行かないか? 火曜日に』『待ち遠しい』『かわうそ堀怪談見習い』など著作多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子