コラム

The StrokesやD・グローヴァー…米大統領選候補の誰を支持した?

The StrokesやD・グローヴァー…米大統領選候補の誰を支持した?

テキスト
辰巳JUNK
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

ついに2020年大統領選挙における指名候補がジョー・バイデンに実質的に決定したアメリカの民主党。本命が中々定まらなかった指名争いはカオスの様相だったが、民主党派が多いセレブ界にしても、支持対象にはバラつきがあった。ギルティプレジャーな試みだが、歌手やラッパー、ハリウッドスターなど有名人を通してアメリカ社会を探る4月30日発売の自著『アメリカン・セレブリティーズ』(スモール出版)にあわせて、「セレブ支持者から見る民主党候補者」の個性をザックリ見ていこう。

(メイン画像:ジョー・バイデンのTwitterより)

Bon Iver、The Strokes、Vampire Weekend……「2020年最大のインディロック・ギグ」とも称された、サンダースの支持集会

ミュージシャンなどの人気セレブたちからの支持が最も目立っていたのは、前回の大統領選挙である2016年度の指名争いでも活躍したセカンドランナーのバーニー・サンダースだった。特に熱かったのは、ヒラリー・クリントンと最後まで指名争いをした2016年度からバックアップしてきたインディロック勢だろう。アイオワ州ではBon IverにVampire Weekend、ミシガン州ではジャック・ホワイトといった具合に、全国を巡る応援集会は「2020年最大のインディロック・ギグ」と呼ばれるほど音楽公演が多かった。

ニューハンプシャーでの集会に参加したThe Strokesのフロントマン、ジュリアン・カサブランカスの声明は、熱狂の理由を簡潔に表現している。「企業に取り込まれていない唯一の候補者として、バーニー・サンダースは我々が持つたった一つのチャンスを象徴している。企業パワーを打倒し、アメリカの民主主義を取り返す機会を」。最低賃金の引き上げや公立大学の学費無料化、国民皆保険、富裕層への増税を掲げる「民主社会主義者」サンダースは、民主党主流のエリート政治家とは言えない。左寄りの思想を長らく貫いてきた「信念の人」だ。その反エスタブリッシュメント性、「草の根」運動っぽさもインディロックと重なるところかもしれない。

The Strokesは2020年2月にバーニー・サンダースの集会でパフォーマンスを行なった

サンダースを支持する理由を語るジュリアン・カサブランカス(The Strokes)

The Strokesと共にニューハンプシャーの集会に参加したバンド・Sunflower Beanのジュリア・カミングとジェイコブ・フェイバーは「信念の人」同士としての意見を述べた。「インディミュージックの人々は、ビッグなロックスターのように豪邸には住んでいない。やることをやって、自らの真実を追求する」「アートと政治の問題には共通点がある。人々は真実に飢えている。バーニーは(それを潤す)唯一の候補だ」。

Sunflower Beanはニューハンプシャーの集会で、The Who “My Generation”をカバー

アリアナ、ホールジー、そしてハーレイ・クインも。ポップカルチャーにおけるサンダース現象

2020年には、メジャー中のメジャーである若手ポップスターもサンダースを厚く支持した。1990年代アメリカ生まれのアリアナ・グランデやホールジーのみならず、デュア・リパもイギリスから応援を送り、架空キャラクターであるハーレイ・クインすら新作映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』にて「バーニーに投票した」と語った。

アリアナ・グランデのTwitterより。サンダースとのツーショット

サンダースへの支持を表明するホールジー

このポップカルチャーにおける現象は、サンダース支持層の一面を反映している。彼の重要な支持基盤は若年層なのだ。『ワシントン・ポスト』の出口調査によれば、2020年3月のミシガン州予備選では、18~29歳層のなんと76%がバーニーを支持。同世代におけるバイデン支持は20%にも満たなかった。候補者のなかでも高齢となる1941年生まれの78歳が若者から支持を集めたことは、アメリカのユースにおける進歩主義人気の象徴だとする声もある。

しかし、候補争いでのサンダースの敗因の一つもこの層にあった。『ウォール・ストリート・ジャーナル』は予備選の結果を受けてシビアなオピニオンを提示している。黒人層や学位を持たない白人層を十分に掴めなかった同陣営が期待する票田はミレニアル世代であったが、30代に入った2016年当時のサポーターは彼から離れていったという。サンダースをかねてより支持してきたスターの中には「音楽と同じくらい生活費の支払いについて情熱を燃やしてる」とマネー論を語る20代ラッパー、カーディ・Bがいる。貯蓄を持たない若者にお金の重要性を語る彼女は、「バーニー・ブランド」にぴったりだった。しかし、カーディ風に言うなら、アメリカの元・若者たちは、子育てや家賃の支払いにもがくあまり、社会的使命への情熱を薄れさせていったのかもしれない。

サンダースと対談するカーディ・B

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

書籍情報

『アメリカン・セレブリティーズ』
『アメリカン・セレブリティーズ』

2020年4月30日(木)発売
価格:1,870円(税込)
発行:スモール出版

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」