特集 PR

ビリー・アイリッシュらが代弁する「絶望の世代」の実態と心の内

ビリー・アイリッシュらが代弁する「絶望の世代」の実態と心の内

ビリー・アイリッシュ
テキスト
竹田ダニエル
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

ジェネレーションZ、つまり「Z世代」についての定義に厳密なものはなく、Wikipediaには「2010年代から2020年代に掛けて社会に進出する世代」と記載がある。そしてそこには併せて「真のデジタルネイティブ世代としては最初の世代」という説明も添えられている。

マーケティング的にも、Z世代の価値観や消費行動をいかに把握するかが今後ますます重要視されると見込まれるわけだがそもそも文化的な傾向やムーブメントを「世代」という大きな言葉で語ることへの疑問は尽きない。しかし、と言うべきか、とはいえ、様々なことが複雑に作用し合うがゆえに容易には読み解き難い2020年におけるポップカルチャーの先端を言語化してみたいーーそんな欲求から企画に至ったが本稿である。

「Z世代と孤独」をテーマに、ビリー・アイリッシュをはじめとするアーティストの楽曲、ジェネレーションZという世代がシェアする文化的・時代的背景の関係性について、その当事者としてアメリカに暮らす竹田ダニエルに分析・執筆してもらった。

自らを「絶望の世代」と呼ぶZ世代がシェアする時代背景。そしてその代弁者であり、象徴的な存在である、ビリー・アイリッシュ

Z世代当事者たちは、たびたび自虐と皮肉を込めて自分たちのことを「絶望の世代」や「最後の世代」と呼ぶ。「Z世代」とは1990年代半ばから2010年前後の間に生まれ、テロ、学校での銃乱射事件、大不況などの事件や環境問題による影響を大きく受けた世代を指すとされる。これらの暗い出来事は、Z世代に「不安」や「憂鬱」を与えたと同時に、「世界を変えるための責任感」を与えたことも確かである。

また、テクノロジーの進化とともに育ったZ世代の音楽消費行動は、それ以前の世代と比べて全く新しいものへと変化している。インターネットの誕生、そして発展とともに幼少期を過ごし成長してきたZ世代にとって、音楽との出会いも同様に変化し続けた。YouTubeから配信サービスが誕生する移行期もリアルタイムで体験している彼らにとって、音楽とはジャンルで区切られるものではなく、「バイブス」や音像をもとに、気分に合わせて聴くものなのだ。

同時に、ストリーミングの爆発的普及とともに、ジャンルや国籍を超えた「ムード系プレイリスト」が重要性を持つようになり、アーティストは必ずしも自身の音楽をひとつのジャンルに集約させる必要がなくなった。独自性を打ち出したうえで多様なジャンルから影響を受けた音楽が当たり前となり、近年、生まれてくる音楽を取り巻く状況、あるいはそのあり方自体も日々めまぐるしく変化している。

7月30日にリリースされたビリーアイリッシュの新曲“my future”は、落ち着いた哀愁が漂うサウンドでありながら曲の途中でスピード感を増し、歌詞では<私は自分の将来に恋をしている、将来の自分に会うのが楽しみで仕方がない。恋をしているけど、他の誰とでもない。ただ自分のことを知りたいだけなんだ(筆者訳)>と、自分の将来の希望を未来へ託している。

ビリー・アイリッシュ“my future”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

新曲“my future”のリリース日にファンたちへ送ったメールで、ビリー・アイリッシュはこのように綴った。

今、未来は不確実でクレイジーに感じられるけど、今こそ力を合わせて努力をするべきだし、そうすれば未来に向けて希望や楽しみを抱くことができる。未来は私たちのものだということを自分自身に言い聞かせ続けなければならないし、世界中の人々のために、そして世界そのもののために、それをよりよいものにするために、私たちができることをすべてやっていきたいとみんなが思っていることを、私は知ってる。

私たちの周りで何が起こっているのか、自分自身を教育し、常に学ぶ姿勢を持ち、前を向き続ける必要がある。正義のために戦い続ける必要がある。投票する必要がある。地球を大切にする必要がある。すべての黒人の命のために戦う必要がある。そして、私たちはただ、人として向上する必要がある。今の状況を変えるのは私たち次第。私たちのためだけでなく、将来の世代のために。安全でいて。健康でいて。マスクをして。水を飲んで。希望を持って。

ビリー・アイリッシュがファンに送ったメールより(筆者訳)

この文章には、同世代のリスナーにとって到底手に届かない憧れのセレブスターではなく、イケてる価値観の友達のような感覚であるビリー・アイリッシュだからこその説得力があり、親友から送られた手紙のような親密ささえ感じられる。これはSNSが生活の大きな、そしてもっともリアルな部分を占めているZ世代だからこそ重要なポイントで、彼らにとってはテレビやラジオなどの「権威」によって作られたポップスターよりも、SNSのなかで出会った「共有できる価値観」のアーティストを友達感覚として応援するほうがよほど自然なのである。

これからの不安定な未来を背負うのは「Z世代」だ。そしてビリー・アイリッシュはそんな彼らの代弁者であり、象徴的な存在なのである。

Page 1
次へ

リリース情報

ビリー・アイリッシュ
『my future』

2020年7月30日(木)配信

コナン・グレイ
『Kid Krow』

2020年3月20日(金)配信

ジェレミー・ザッカー
『supercuts』

2020年7月24日(金)配信

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開