コラム

『異端の鳥』に描かれる自由とカオス、不自由と暴力の普遍性

『異端の鳥』に描かれる自由とカオス、不自由と暴力の普遍性

テキスト
真鍋厚
編集:矢澤拓

※本記事は『異端の鳥』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

今年一番の話題作と言っても過言ではないチェコ・スロバキア・ウクライナ合作の映画『異端の鳥』(監督:ヴァーツラフ・マルホウル)。ポーランド出身の作家イェジー・コシンスキの小説を映像化したもので、第二次世界大戦中にホロコーストを逃れるために、両親に疎開させられた少年を襲う悲喜劇を描く問題作だ。すでに『ヴェネチア国際映画祭』で「ユニセフ賞」を受賞し、『アカデミー賞』の「国際長編映画賞」チェコ代表にも選出されている。

映画『異端の鳥』予告編

暴力=生きるもの全てが、生きるために他者に影響を与えること。「暴力の普遍性」を主題とした映画

まず、観客は徹底したリアリズムで展開される残虐行為の数々に息を呑むことだろう。冒頭からそれは主人公の少年(ペトル・コトラール)が抱えていた動物を、複数の少年たちが取り上げて焼き殺すシーンに十分過ぎるほど表れている。海外では各地で途中退場者が続出したと報じられており、筆者が東京都内の映画館で鑑賞した際も何人かが退席して戻らなかったが、ぜひ最後まで目を覆う惨状にひるむことなく観通す勇気を持ってほしい。なぜなら、これは単なる露悪趣味の映画ではないからだ。

原作者はもとより、監督のヴァーツラフ・マルホウルが意図しているのは、「暴力が特殊なものではなく普遍的なものである」という世界観を体験させることに尽きる。もっと言えば、それは決して殺傷行為だけに留まらない。性行為はもちろんのこと、視線、表情、言葉遣い、仕草、匂い、雑音、これらすべてが物語が進行するにつれて暴力の相貌を帯び始めるのだ。ただし、この場合の暴力とは、生命活動そのものの影響力を指す広義の暴力のことである。ホロコーストに関するエピソードがあるが、それは実はこの映画のメインテーマではない。

©2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ
©2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ

他人と色が違うこと=記名性というラベリング。それが失われたとき、何が待ち受けているのか

主人公の少年の黒い髪と黒い目は、ユダヤ人とジプシーの特徴といえるもので、彼は劇中で色を塗ったことにより群れに突き殺される鳥(『異端の鳥』の原題がThe Painted Bird)のように、各地で民衆による差別と迫害にさらされ、放浪を余儀なくされる立場に陥ってしまう。その先々で出会う人々に導かれる数奇な運命が物語を引っ張っていく。

とはいえ、少年が本当にユダヤ人やジプシーであるかはさして重要な問題ではない。ただ他と色が違う異質なものであるというところに本質がある。色とはわたしたちにとってラベリング(ラベルを貼ること)と同義と言える記名性のことであり、記名性は「自分が何者であるか」を明確にするが、同時に「よそ者」をも明確にする。だが、本作における思考はそこで終わらない。記名性が失われることによるカオス(混沌)、つまり境界や秩序がなくなった世界をも描き出すからだ。

©2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ
©2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ
Page 1
次へ

作品情報

『異端の鳥』

2020年10月9日(金)からTOHOシネマズシャンテほか全国で公開中

監督・脚本:ヴァーツラフ・マルホウル
原作:イェジー・コシンスキ『ペインティッド・バード』(松籟社)
出演:
ペトル・コラール
ステラン・スカルスガルド
ハーヴェイ・カイテル
ジュリアン・サンズ
バリー・ペッパー
ウド・キアー
上映時間:169分
配給:トランスフォーマー

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは