特集 PR

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展

田島太陽
撮影:大槻正敏
2011/01/12

2010年、映画を中心として大きな盛り上がりを見せた「3D」。家庭用テレビや小型ゲーム機でも対応型が登場するなど、大きな注目を集めています。しかしこの「立体視」という技術、テレビも写真もなかった時代からあった表現方法だということは知っていますか? その起源はなんと、170年も昔に遡ります。そんな奥深い立体視の歴史を探る展示が、写真・映像分野を中心に所蔵する東京都写真美術館にて2月13日まで行われています。立体視を巡る様々な工夫や試みを多角的に紹介し、最新の技術を駆使した現代表現も併せて展示した企画展です。今回会場を一緒に回りレポートして頂くのは、作家・イラストレーターのD[di:]さん。『アリス・イン・ワンダーランド』を観て以来3D映画の大ファンだそうで、「初めて観た時は、あまりにも3Dという効果が面白くて衝撃を受けました。高級なアトラクションに2時間どっぷりひたれるって、なんて贅沢なんだろうって。去年映画館に観に行った映画のほとんどは3Dだったほど、大好きなんです」という愛着ぶり。それでは3Dの歴史と新しい表現に触れるべく、さっそく会場に入ってみましょう。

PROFILE

D[di:]
小説、漫画、イラスト、音楽など多彩なジャンルで活躍するアーティスト。多摩美術大学在学中に、『ファンタスティック・サイレント』でデビュー。宮崎駿氏が推薦文を寄せたことでも話題を呼ぶ。昨年はデビュー10周年の個展を原宿、福岡、沖縄の3ヶ所で開催。『借りぐらしのアリエッティ』公式ガイドブックにも作品提供も行った。作品集やグッズなど多数発売中。
D[di:] official web site
CINRA.NET > D[di:]のデビュー10周年締めくくり、隠れ家カフェが舞台の個展

「その場所で見ているような」100年前のステレオ写真

会場は、東京都写真美術館の地下1階展示室。立体視にまつわる品々が、さっそくズラリと並んでいます。

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展


最初に展示されているのは、1900年前後にアンダーウッド社が販売していた「ステレオ写真」です。さっそくレンズを手に写真を覗き込むD[di:]さんからは「わぁーなにこれ! ウソみたい!」と驚きの声が。

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展

撮影角度に微妙な差をつけた2枚の写真が並んでいるため、レンズで覗くと立体に見えるという初歩的な原理ですが、テレビもラジオもない時代にその手法で商品化されていたことはやはり驚き。当時は世界の状況を伝える手段として重宝されており、特に戦争写真の人気が高かったそうです。

「小さいレンズで覗く感じだから迫力はあまりないかもしれないけど、距離感や奥行きがすごくリアルですね。実際にその場所で見た感覚に近いです。旅行に行って遺跡を見たりすると興奮しますけど、2Dの写真だとそのダイナミックさとか距離感とかは伝えきれないですよね。でもこの写真を見せながらなら、お土産話に花が咲きそう! 旅行のパンフレットに使ったりしたら流行るんじゃないでしょうか!」

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展
展示ではこのレンズを覗いて写真を立体的に楽しみます


立体視が初めて発表されたのは1838年。当時はまだ写真もなく、イラストや図形で研究が行われていました。その翌年に、世界で初めての写真「タゲレオタイプ」が登場。すぐに立体視の研究にも使われるようになります。しだいに写真技術が発達し、安価で複製・流通が可能になったことから、アンダーウッド社がステレオ写真とスコープをセットにした訪問販売を開始。貴族階級を中心に普及していきました。

「スコープのデザインも装飾的でお洒落で、いかにもブルジョアの楽しみって感じですね。両脇にあるのはロウソクを立てるところですよね? そこまでして見たいって、すごいなぁ。昼間見ればいいのに(笑)。夜のオトナの楽しみだったんでしょうかね」

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展

実はステレオ写真にはエロティックなイメージが使われることもあり、男性たちの密かな楽しみだったのかも。

続いて登場するのは、巨大な2枚のスクリーンに映されたクリスタル・パレス(第1回ロンドン万博の際に建てられた建造物)。スコープで覗く立体視、という原理は昔ながらのものですが、手元にあるハンドルで視点を変えることができるのが特徴。CGで再現されたクリスタル・パレスを自由な角度で立体的に鑑賞できる作品です。

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展

アーティスト・D[di:]と行く!『3Dヴィジョンズ』展

制作したのは津島岳央さん。フェルメールの絵画をCGで三次元的に変換し、作品空間の中を覗ける『Allegory of Media Art』で評価を高めた29歳の若手作家です。

「すごくリアルにできているし、昔からの原理を追求する姿勢がかっこいいですよね。こういう技術をどこで勉強したのかが気になりますね」と、熱心にスコープを覗き込むD[di:]さん。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影