特集 PR

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』をdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』をlivedoorクリップに追加 康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』をlivedoorクリップに追加 twitterでつぶやく

文:橋本倫史 撮影:西田香織

3. 時間とともに変化する芸術家のモード

青木繁には、画塾で知り合った福田たねという名の恋人がいました。

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

《女の顔》1904年、個人蔵(大阪市立美術館寄託)《女の顔》1904年、個人蔵(大阪市立美術館寄託)

「このポーズ、首がつりそうになりますね。たねさん、ポージングをするの大変だったと思う。『まだ?』って言ってそうな表情ですもんね(笑)」

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

完成された絵画だけでなく、スケッチもたくさん並ぶこの展示。康本さんが気になったのは、青木繁が手がけたカルタ。「カルタも描いてるんだ! カルタが好きで、自分のカルタを作りたくなっちゃったのかな。青木さん、字も上手いですよね。達筆すぎて私には読めないけど、形なんかがとても面白い」

中には「漫画風顔」と題された以下のような作品も。

《自画像》1904年《自画像》1904年

「力の抜けた感じで面白い! どう考えても、思いついたままに描いてるもんね。かと思えば、写実的なスケッチもある。画家の人って、そのときごとにモードが変わるんでしょうね。その日の気分によって『このタッチで描きたい』って思ったり」

そのあたりは、絵画とダンスでジャンルは違えど共感する部分があるそうです。「日によって変わるとまではいかないですが、一年経てば身体が変わっちゃいますよね。だから昔の作品で『いまは踊りたい気分じゃないなぁ』っていうことは結構ありますね」

絵画の色彩から、ダンス創作のインスピレーションを受けることもあるという康本さん。ブリヂストン美術館では、作品にあわせて壁の色が変化していきます。朱色の部屋から水色の部屋にダイブ!

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

4. 描かれた神話の世界

青木繁は、『古事記』に登場する神話などをモチーフとした作品を多く描いています。『大穴牟知命』と題したこの作品も、『古事記』がモチーフとなっているそう。

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

《大穴牟知命》1905年、石橋財団石橋美術館《大穴牟知命》1905年、石橋財団石橋美術館

思わず、倒れている男の人を助けようと、ポーズを取ってくれる康本さん。「これ、かなりのけぞってますね。悶えてる感じがすごく出てる。でも、そんな大変なときに、右の人はこっちを見てますよ(笑)。女の人って、どんなときでも見られていることを意識するんですよね。『救わなきゃ』と思ってるんだけど、『救う自分を美しく見られたい』と思っているんじゃないかな?」

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

《わだつみのいろこの宮》1907年、石橋財団石橋美術館《わだつみのいろこの宮》1907年、石橋財団石橋美術館

今回展示された作品の中でもとびきり大作なのが、『わだつみのいろこの宮』です。『古事記』や『日本書紀』に登場する「海幸彦と山幸彦」のエピソードが元になったこの作品。井戸のほとりで山幸彦と豊玉毘売が出会い、二人は恋に落ちる――そんな甘酸っぱい場面です。「彼、ちょっと中性的な顔立ちをしてますね。あんまり俗っぽくないというか…。でも、日本の神話なのに、あんまり日本っぽくない感じもします」

青木は自信を持って、この作品を東京勧業博覧会に出展しました。しかし、結果は三等末席。憤慨した青木は、美術雑誌に抗議を書き連ねています。その原稿を見た康本さん、「よっぽど自信があったんですね。でなきゃこんなこと書けないでしょう」

康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

青木繁の作品には未完のものも多くありますが、『わだつみのいろこの宮』は完成度の高い作品でした。それも青木が自信を持った一つの理由だったのかもしれません。「完成させないっていうと、描いてる途中で飽きちゃうのかな? 絵は一度描いちゃったら取り返しがつかないし、いつまでも手を加えられるから、どこでやめるのかって難しいですよね。ダンスの振付なら、いくらでも修正がきくから、何十回も作り替えます。でも、そうすると考え過ぎちゃって、『やっぱり最初の振り付けがよかった』っていうことがよくありますね」

橋本倫史

1982年東広島市生まれ。ライター。07年、リトルマガジン『HB』創刊、編集発行人を務める。『en-taxi』(扶桑社)、『マンスリーよしもとPLUS』(ヨシモトブックス)等に寄稿。向井秀徳初の著書『厚岸のおかず』(イースト・プレス)制作にも携わる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進