特集 PR

映画監督「ジム・ジャームッシュ」が描き続けるもの

映画監督「ジム・ジャームッシュ」が描き続けるもの

森直人

1980年代初頭のデビュー以来、ニューヨークを拠点に活動を続け、いまや米インディペンデント界最大の巨匠と呼ばれる映画監督ジム・ジャームッシュ。彼の新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』は、デトロイトとタンジールを舞台に、現代に生きる吸血鬼のカップルを描いた異色ラブストーリーだ。軽やかなユーモア、知的遊戯、ディープな音楽愛など、その固有のスタイルにはますます磨きが掛かりつつ、同時に混迷の21世紀をサバイブするための葛藤や模索が見られる。常にハリウッドからは距離を置き、30年もの長いキャリアにわたって「小さな映画」を撮り続けてきた男は、今、何を考えているのか? オフィシャルインタビューとして取られた本人の発言をもとに、新作に込められた彼のアティチュードを読み解いてみよう。

ジム・ジャームッシュ本来のスタンスを自己言及するかのような傑作

もし映画が一切の商業的制約から解放され、資金の調達、完成後のプロモーションなど煩わしい現実を必要としなかったら、ジム・ジャームッシュという監督は隠遁者としてマイペースに映画を撮り続けたかもしれない。きっとカメラを回さない日は、彼のシネエッセイ的な短編連作『コーヒー&シガレッツ』(86年〜03年)のように、気の合う仲間たちと詩や音楽について、とりとめのない話を交わしながら――。

ジャームッシュの4年ぶりの長編となる新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』は、そんな彼の精神的ありよう、本来のスタンスを自己言及するかのような傑作に仕上がった。主人公のアダム(トム・ヒドルストン)は、米デトロイトの街の片隅でひっそり暮らすアンダーグラウンドミュージシャン。年代物のギターをつま弾き、匿名で音楽を発表する。彼の作品は高感度のマニアたちを熱狂させているが、ごく親しい者以外、正体は誰も知らない。まさに「生ける伝説」だ。しかも活動は夜間のみ。なぜなら彼は、吸血鬼だから。そんな彼のアパートに、同志たる永遠の恋人イヴ(ティルダ・スウィントン)が遥か遠いタンジールから久しぶりに訪ねてくる……。

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』より
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』より

ヒット路線とはまったく無関係な「ヴァンパイア映画」

最近の吸血鬼映画といえば、ティーン向けのベストセラー小説を映画化した『トワイライト』シリーズや、『モールス』の題でハリウッドリメイクされたスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』など、思春期〜青春物の人気ラブストーリーが数々ある。しかしジャームッシュは「今のコマーシャルなヴァンパイア映画はあまり観たことがないんだ」と笑う。その流行の以前、約7〜8年には既に脚本が用意されていたという『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』は、大人の姿をした吸血鬼の男女が再会し、文化や歴史についてチェスなどに興じながら語り合う日々を過ごすだけの内容――つまり現在のヒット路線とはまったく無関係な作品だ。むろんこれまでのジャームッシュ映画と同じく、派手なVFXや特殊メイクも使われていない。

ジャームッシュ:それでも僕はヴァンパイア映画の歴史全体に愛情を持っているし、たくさんの素晴らしい作品を知っている。ティルダ・スウィントンと僕はこの映画を作ろうとずっと話をしていて、ジョン・ハート演じるキャラクターも最初から出来ていた。制作への道のりは険しかったけれども、この二人はどんなことがあってもこの企画から離れず、気長に待っていてくれたんだ。

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』より
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』より

メインストリームから外れたアウトサイダーたちを賞賛?

ジョン・ハートのキャラクターとは、中世英国の劇作家・詩人クリストファー・マーロウ(1564〜93)である。歴史上では29歳の若さで刺殺されたとされる伝説の人物だが、その没年にシェイクスピアがデビューしていることから、実はマーロウがシェイクスピアの正体ではないか? との大胆な仮説も存在する。ジャームッシュはこの文学史スキャンダルに着目し、実はマーロウは吸血鬼であり、老いた姿で今も人知れず生き永らえている設定を創作したのだ。ちなみにマーロウの戯曲をデレク・ジャーマン監督が映画化した『エドワードII』(91年)において、ヒロインのイザベラ・オブ・フランス役を、他ならぬティルダ・スウィントンが演じていたことも押さえておく必要があるだろう。

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』より
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』より

以上のことを踏まえると、ジャームッシュにとって吸血鬼とは反俗的存在の象徴、孤高のアウトサイダーのメタファーだと捉えるのが最も腑に落ちるのではないか。アダムとイヴ、そして彼らのカルトヒーローであるマーロウのように、人間界の表舞台に浮上しないオルタナティヴな天才。また劇中では、セルビア人の電気技師・発明家ニコラ・テスラ(1856〜1943)についても言及される。トーマス・エジソンと対立し、「歴史に消された科学者」と呼ばれることもある稀代の奇才だ。彼もまた実は吸血鬼で、どこかに現存しているのかもしれない……?

「答えはすべて映画の中にあるから、自分で説明したり、分析するつもりはない」と断ったうえで、ジャームッシュはこう続ける。「この映画の中にはアウトサイダーたち、メインストリームではないロックミュージシャンという概念、そして科学や文学といったすべての才能に対する称賛が込められている。なぜなら彼らは鬱屈を抱え、人間がする多くのことを嘆いているから」。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

2013年12月20日(金)からTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、大阪ステーションシティシネマほか全国公開
監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:
トム・ヒドルストン
ティルダ・スウィントン
ミア・ワシコウスカ
ジョン・ハート
配給:ロングライド

プロフィール

ジム・ジャームッシュ

1953年、アメリカ、オハイオ州アクロン出身。作家を目指してコロンビア大学に入学し英文学を専攻。その後、ニューヨーク大学大学院映画学科に進み、卒業制作で手掛けた『パーマネント・バケーション』(80)で注目を集め、第2作目となる『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(84)では独創性、新鮮な演出が絶賛され、84年カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞し世界的な脚光を浴びる。以後もネイティブ・アメリカンの死生観をジョニー・デップ主演で描いた『デッドマン』(95)、ビル・マーレイ主演で中年男の悲哀を描いた『ブロークン・フラワーズ』(05)、制作に18年をかけ“コーヒー”と“タバコ”にまつわるエピソードを綴った短編集『コーヒー&シガレッツ』(03)など話題作を発表。長年インディペンデント映画界において、独創性に富み影響力のある人物として認められ、その作品は一貫して社会のアウトサイダー達を見つめ、独特のオフビートな作風で世界中の映画ファンを魅了し続けている。本作は監督自身が7年間温めていた企画で、4年ぶりの新作となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場