特集 PR

村上隆すらも敵に回した希代の批評家・黒瀬陽平が語る日本アート

村上隆すらも敵に回した希代の批評家・黒瀬陽平が語る日本アート

友川綾子
撮影:豊島望

東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の『絵画の在りか』展は、24作家、101点の作品というボリューム感で、次代を担う若手アーティストの絵画を俯瞰できる展覧会。しかし、そもそも「現代絵画」とは何なのでしょうか? 写真や映像、CGなど、さまざまな視覚表現が溢れ返る「現代」において絵画を描く意味とは?

そんな展覧会に、若い出展アーティストたちと世代も近い、美術批評家・キュレーターの黒瀬陽平さんとご一緒し、「同じフィールドにいるプレイヤー」ならではの、作品に対する率直なお話をうかがいました。カオス*ラウンジ(黒瀬陽平や、美術家の梅沢和木、藤城嘘を中心とした現代美術グループ)での活動を始め、現代アートに対する各所での歯に衣着せぬ発言で知られる黒瀬さんは、この現代絵画の現状をどう見ているのでしょうか。アーティストや絵画に対する愛憎をベースにした、黒瀬さんの批評という名の叱咤激励。「会場にすでに足を運んだ」または「これから行きたい」という方は、ぜひご自身の感想と照らし合わせ、楽しんでみてください。

アメリカという巨大な束縛から「自立する」ために脚がついた絵画?

今展は、101点の日本の若手作家の現代絵画を集めた意欲的な展覧会とのことで、一部の作品はロビーも使って展示されています。そんな展覧会で一番初めに紹介されていたのは、蛍光ピンクに着色され、2本の脚で立っている大きな作品。南川史門による『4つの絵画と自立するための脚』です。キャンバスに描かれ、展示室の壁に掛けられているのが絵画であるという一般的な価値観を、のっけから気持ち良くうち砕いてくれます。

南川史門『4つの絵画と自立するための脚』©Minamikawa Shimon
南川史門『4つの絵画と自立するための脚』©Minamikawa Shimon

黒瀬:すごく懐かしい感じがします。1930年代くらいに生まれて、戦後に活躍した人たち――赤瀬川原平さんや篠原有司男さんのような、攻撃性を持った戦後アヴァンギャルドの世界観を思い出します。あの世代の人たちは、アメリカという巨大な束縛から自由になりたかったんだと思うんです。だから、欧米からやってきたアートの制度や因習など、既成のものをとにかく破壊しようとした。もちろん、今になってそんな素朴な振る舞いを繰り返すことに意味はないですが、失われてしまった過去のアヴァンギャルドを懐かしく思ったり、カッコいいと憧れる気持ちはあるでしょう。言ってみれば南川さんの作品は、『ALWAYS 三丁目の夕日』みたいな、懐かしい時代のアートをシミュレーションしているように見えますね。

「自立する」ために脚がついた絵画。初めは鮮やかな蛍光ピンクにばかり目を奪われていましたが、黒瀬さんのお話を聞いた後では、その作品タイトルからも、たしかにいろんなイマジネーションが広がっていく感じがしました。長い歴史が紡いできた絵画という表現は、モチーフや技法、コンセプト以外に、絵画史のどの文脈を参照して制作しているのかという点も、その作品の個性に繋がっているのです。

出会いの経験が刻まれない、自分だけの風景画

黒瀬さんが次に目を留めた作品は、「風景の記憶」をテーマとする竹崎和征の『三縄』。デジタルノイズのような細かい紙片のコラージュに覆われた画面を観て、「これが風景?」と思われた方、おそらくあなただけではありません。この作品はアーティストが旅先で描いた200枚ほどのスケッチをカッターで細かく裁断し、ランダムに張り合わせて大画面を作りあげた作品なのです。

竹崎和征『三縄』©Takezaki Kazuyuki
竹崎和征『三縄』©Takezaki Kazuyuki

黒瀬:新しいかたちの風景画を追究しているのだと思うのですが、僕が気になったのは、作品の向かう先が旅先で出会った多様な体験ではなく、1つのパターンに回収されていることなんです。旅先で知らなかった文化に接触すると、ショックを受けたり、今までになかった視野を持てたりするじゃないですか。だけど、この作品にはそういった出会いの経験が刻まれていない。旅には出たけれど、その旅の記録を自分のフォーマットで統一して、ひたすら同じ「風景」を描いている。つまり、そこで出会った人や出来事、歴史文化などに心を閉ざしているように見えてしまうんです。なぜ、そこまで強固な姿勢なのかな? と気になりますね。

黒瀬陽平
黒瀬陽平

この黒瀬さんの言葉にはドキリとさせられました。情報が溢れ返る現代社会では、もしかしたら新たな旅の道中でさえも、どこか見知った予定調和な経験をなぞることになっているのかもしれません。テクノロジーのおかげで、どこにいても自分にとって快適な環境を手に入れられる現代。アーティストの制作姿勢や作品は、もしかしたら私たち自身が、何気なく選んでしまっている生活の一部を鏡のように写し出しているのかもしれません。

Page 1
次へ

イベント情報

『絵画の在りか The Way of Painting』

2014年7月12日(土)~9月21日(日)
会場:東京都 初台 東京オペラシティ アートギャラリー
時間:11:00~19:00、金・土曜11:00~20:00(最終入場は閉館の30分前まで)
出展作家:
青木豊
厚地朋子
千葉正也
榎本耕一
福永大介
風能奈々
今井俊介
岩永忠すけ
鹿野震一郎
小西紀行
工藤麻紀子
政田武史
松原壮志朗
南川史門
持塚三樹
中園孔二
大野智史
小左誠一郎
五月女哲平
高木大地
高橋大輔
竹崎和征
八重樫ゆい
横野明日香
休館日:月曜(祝日の場合、翌火曜)、8月3日(日)
料金:一般1,000円 大・高生800円
※中・小学生以下無料

プロフィール

黒瀬陽平(くろせ ようへい)

1983年、高知生まれ。美術家、美術評論家。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻博士後期課程修了。『思想地図』公募論文でデビュー。美術からアニメ・オタクカルチャーまでを横断する鋭利な批評を展開する。また同時にアートグループ「カオス*ラウンジ」のキュレーターとして展覧会を組織し、アートシーンおよびネット上で大きな反響を呼ぶ。著書に『情報社会の情念 —クリエイティブの条件を問う』(NHK出版)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと