特集 PR

トラフ建築設計事務所と行く『桑原甲子雄の写真』展

トラフ建築設計事務所と行く『桑原甲子雄の写真』展

タナカヒロシ
撮影:菱沼勇夫

1930年代から約70年にわたり、アマチュア写真家として東京のありのままを撮り続け、2007年に惜しくも亡くなった写真家・桑原甲子雄(くわばら きねお)。数々のカメラ雑誌で編集長を歴任し、荒木経惟や東松照明を見出した名編集者としても知られる彼の足跡を辿った展覧会『桑原甲子雄の写真 トーキョー・スケッチ60年』が、世田谷美術館で開催されています。

戦前の東京の街や風俗などをごく自然に写し取ったその作品は、歴史的資料としても貴重なものばかりですが、それらを「ごく私的な記念写真」と語り、あくまでアマチュア写真家としての姿勢を崩さなかった桑原が見た東京とはどんな世界だったのでしょうか? 今回は、建築設計から、チェルフィッチュなどの舞台美術、さらには『空気の器』などのプロダクトデザインまで手がけるトラフ建築設計事務所代表・鈴野浩一さんとともに、建築家 / デザイナーの視点から、桑原甲子雄の写真、そして移りゆく東京の姿を鑑賞してきました。

都内でも有数の大緑地、砧公園の中にある世田谷美術館。館内に入り、陽光が差し込む廊下を抜けた先、斜めに壁が配置されたところから展示室は始まります。鈴野さんはトラフ建築設計事務所として、自身も『文化庁メディア芸術祭』など展覧会の会場デザインを手がけるだけあって、早速この壁の絶妙な角度が気になった様子。「壁に導かれるようで高揚感がありますね」と言いながら展示室に足を踏み入れていきました。

鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)
鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)

あのアラーキーを見出した、普通の写真好きなおじいさん

展示は意外にも写真作品ではなく、短い映像作品からスタートします。この映像は21年前の1993年、同じ世田谷美術館で行われた『ラヴ・ユー・トーキョー 桑原甲子雄・荒木経惟写真展』に際して、当時79歳だった桑原さんが、実際に渋谷の街で写真を撮り歩く様子を収めたもの。コンパクトカメラを手に歩きながら、気になるシーンを見つけてはパシャリ。映像のすぐ横には23歳の若き桑原さんの姿も展示されていましたが、服装や見た目こそ違っても、映像のような撮影スタイルは生涯一貫して変わらなかったそうです。

鈴野:あのアラーキーを見出した方と聞いていたので、勝手に巨匠みたいなイメージを持って身構えていたんです。でも、この映像の姿を先に見て、だいぶ印象が変わりました。どこにでもいそうな普通の写真好きなおじいさんというか(笑)。展示の最初にこういった作家の姿を見ることができると、その後の作品の見方にも急に親しみが湧いてきて良かったです。

展示室風景

隣の壁に目を移すと、今展のメインビジュアルでもあり、桑原さんの代表作品の1つとして知られている『麹町区馬場先門 二・二六事件当時(千代田区)』が、1メートルを超える大きなサイズで展示されています。陸軍将校によるクーデター「二・二六事件」の翌日、戒厳令が敷かれていた最中、好奇心に駆られた桑原さんは街に繰り出し、見張りの憲兵に気付かれないよう、こっそり懐にカメラを忍ばして撮影したそう。急遽張り巡らされた鉄条網からも、当時の物々しさが伝わってきます。

鈴野:「今、何が起きているんだろう?」と、その先が知りたくなる写真ですね。しかも、この大きなサイズだと、ちょうど自分もこの写真の場所に立っているような気持ちになって、すごく不思議な感じがします。

『東京昭和十一年』より『麹町区馬場先門 二・二六事件当時(千代田区)』 1936年 ゼラチン・シルバー・プリント 世田谷美術館蔵
『東京昭和十一年』より『麹町区馬場先門 二・二六事件当時(千代田区)』 1936年 ゼラチン・シルバー・プリント 世田谷美術館蔵

戦前の東京をリアルに写し撮った「ごく私的な記念写真」

その鈴野さんの感覚は、この先どんどん強まることになっていきます。イントロダクションとして初期の代表作を展示した最初の空間を過ぎ、次の展示室では1930年代に撮影された写真が並びます。当時20代前半だった桑原さんは、家業を継いで質屋の若旦那をしていたものの、どうしても仕事が性に合わず、暇を見つけては東京の街の日常を撮り歩いていました。ここでは地元の上野、当時は銀座と並ぶ繁華街だった浅草、そしてなぜか肌に合ったという荒川周辺の様子を収めた、戦前の東京の貴重な写真が展示されています。

鈴野:実家も東京なのに、戦火でも焼けずによく残っていましたよね。戦後日本とはまた違った東京や日本人の姿が映し出されていて、どの写真もすごく興味深いです。最初の映像でも思いましたけど、桑原さんって写真を撮るときに変に構えていないというか、パッと何気なく自然に撮りますよね。撮られている側も全然気にしていない自然な姿で、周囲の匂いや音まで感じられるようで距離感もすごく近い。そんな感じがこの時代の写真からも伝わってきます。

展示室風景
展示室風景

たしかに鈴野さんの指摘のとおり、まだまだカメラは高価だった1930年代に撮られた写真であるにも関わらず、写っている人々の視線やポーズには気負いが一切感じられません。街を歩く桑原さんの瞬間の眼差しがそのままプリントに焼きついたかのような写真は、一見何気ないスナップショットのようでありながら、独特の個性を放っています。

綺麗な景色や決定的な瞬間を切り取った作品性の高い写真ではなく、下町をはじめとする猥雑な街並みを好んだという桑原さん。当の本人はあくまで「ごく私的な記念写真」という意識で撮影していたと後に語っていますが、街を歩く人の服装や看板の文字1つとって見ても、資料的価値の高い記録写真として貴重なものでもあることは明らか。日常光景を偽りのない姿でとらえた写真は、ジャーナリズムの根幹をあらためて考え直させるものでもあります。

『東京昭和十一年』より『浅草公園六区(台東区浅草二丁目)』 1937年 ゼラチン・シルバー・プリント 世田谷美術館蔵
『東京昭和十一年』より『浅草公園六区(台東区浅草二丁目)』 1937年 ゼラチン・シルバー・プリント 世田谷美術館蔵

それが如実に現れていたのが、「支那事変ニュース」と書かれた看板が写った1枚。歴史的には戦争前夜ともいえる時期の写真ですが、街を歩く人たちの表情はとてものどか。悲壮な表情をした人が写っていたほうが、作品やドラマとしてはインパクトがあったかも知れませんが、これも「ごく私的な記念写真」だからこそ撮れた1枚なのかもしれません。桑原さんが目指していたのは「匂と潤ひのある」写真だったと言います。

Page 1
次へ

イベント情報

『桑原甲子雄の写真 トーキョー・スケッチ60年』

2014年4月19日(土)~6月8日(日)
会場:東京都 世田谷美術館 1階展示室
時間:10:00~18:00(最終入場は17:30)
休館日:月曜(ただし5月5日は開館、5月7日は休館)
料金:一般1,000円 65歳以上800円 大高生800円 中小学生500円
※障がい者の方は500円(介助の方1名まで無料)、大学生以下の障がい者の方は無料

『TAKEO PAPER SHOW 2014「SUBTLE」』

2014年5月25日(日)~6月1日(日)
会場:東京都 東雲 TOLOT / heuristic SHINONOME
時間:11:00~20:00
参加作家:
石上純也
色部義昭
上田義彦
葛西薫
田中義久
冨井大裕
トラフ建築設計事務所
中村竜治
ノイズ
服部一成
ハム・ジナ
原研哉
三澤遥
皆川明
宮田裕美詠
寄藤文平
和田淳
料金:無料

プロフィール

鈴野浩一(すずの こういち)

2004年に禿真哉(かむろ しんや)と共にトラフ建築設計事務所を設立。建築の設計をはじめ、ショップのインテリアデザイン、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。主な作品に『テンプレート イン クラスカ』『NIKE 1LOVE』『港北の住宅』『空気の器』『ガリバーテーブル』など。『光の織機(Canon Milano Salone 2011)』で、『エリータデザインアワード最優秀賞』を受賞。2011年『空気の器の本』、作品集『TORAFU ARCHITECTS 2004-2011 トラフ建築設計事務所のアイデアとプロセス』(ともに美術出版社)、2012年絵本『トラフの小さな都市計画』(平凡社)を刊行。武蔵野美術大学非常勤講師、多摩美術大学非常勤講師、京都精華大学客員教授。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加