特集 PR

鈴木おさむ、日産を舞台にソーシャルメディアに本気で挑戦

鈴木おさむ、日産を舞台にソーシャルメディアに本気で挑戦

杉浦太一(CINRA)
撮影:佐々木鋼平

しかし、涙もろくなったよなぁ。

この雑感、宴もタケナワになってくると、けっこうな頻度で会話に顔を出してくるようになった。三十路を直前に迫ったわたくし、いよいよ涙腺の弱さがこの上ない状態です。どれくらいかと言えば、テレビ朝日の深夜番組『お願い!ランキング』の人気コーナー『美食アカデミー』で、ほぼ100%の確率で涙腺が決壊します。

「これまで毎日、がんばってメニュー開発してきて、ほんとに、よかったね。うぅ……。」

毎度毎度、このパターンだ。「おいおい、どこもかしこも30点満点なんて、本当なわけないじゃん」とか言う外野、ほんとうるさい。日々おいしいメニューを開発しようと奮闘し続けてきた彼らが30点満点を獲得したときの喜び様は、もうひたすらに感動的で、また次回も、めでたく盛大に決壊すること間違いなしだ。

この涙に理由なんてない、と潔く終わらせてしまいたいところだ。しかし、当の『お願い!ランキング』の生みの親である放送作家の鈴木おさむ氏に取材をした際、この決壊の理由が、意図もかんたんに解けてしまったのは、嬉しくもありつつ、正直に言えば、ちょっとショックでもあった。

鈴木おさむ、日産ソーシャルメディアプロジェクトの編集長に就任。

去る6月28日、「日産自動車の本気の新しいチャレンジ」と銘打たれたソーシャルメディアプロジェクトの編集長に鈴木おさむ氏が就任するということで、その記者会見に伺ってきた。言わずもがな、鈴木おさむ氏は、『SMAP×SMAP』『お試しかっ!』『お願い!ランキング』など、超人気テレビ番組を生み出す、引っ張りダコの放送作家だ。そんな鈴木氏と日産自動車がタッグを組んだこのプロジェクト。facebookやTwitter、Youtubeなどをフル活用し、日産に関心が薄い人たちやクルマ離れしている若者に真正面から本気で向き合っていくというもの。 日産ソーシャルプロジェクト 日産の本気の新しいチャレンジが、始まります。

写真左から:日産自動車・塚原隆彰、鈴木おさむ、高見郁里、日産自動車・柳信秀
写真左から:日産自動車・塚原隆彰、鈴木おさむ、高見郁里、日産自動車・柳信秀

ちなみに、日産が事前に行なった「『ワクワク』に関する独自調査」では、「クルマにワクワクを感じていない人」は実に61.1%……。時代も変わったものだよなぁと思いつつ、こんなことを自動車メーカーが自社の記者会見で発表して、一体どうかしてしまったのかとも思えるが、まさにこの問題に真っ正面から向き合っていくのがこのプロジェクトの目的なのだという。

会場のスクリーンに映し出された「『ワクワク』に関する独自調査」

そしてこのソーシャルメディアプロジェクト『にっちゃん』の編集長に任命されたのが、鈴木氏というわけだ。「メーカーの宣伝は、どうしても独りよがりになってしまいがち。だからこそ、鈴木おさむさんと共に、良いところも悪いところも全部ひっくるめて考えて、『今までになかったワクワク』をカタチにしていきたい」と同社の販売促進部部長の貴田晃氏は意気込む。

貴田晃

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催