特集 PR

音楽を、やめた人と続けた人 第5話:ターニングポイント

連載『音楽を、やめた人と続けた人』  〜PaperBagLunchbox 空白の5年とその後〜 第5話:ターニングポイントをdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 連載『音楽を、やめた人と続けた人』  〜PaperBagLunchbox 空白の5年とその後〜 第5話:ターニングポイントをlivedoorクリップに追加 (2011/01/11)

第2話で書いた通り、メジャーレーベルとの契約話が白紙になり意気消沈していたPBLを奮い立たせ、因縁のセカンドアルバムへ再び目を向かせた加藤だったが、すぐにアルバム制作を始めるわけではなかった。虎視眈々とPBL再起のシナリオを描き、新しいPBLを打ち出すための楽曲制作期間を設けたのだ。

加藤孝朗

その際、「PBLのサウンドをよりダンスミュージックに近づける」という提案をバンドに行ったのも加藤だった。それまで恒松のキーボードとナカノのギターで構築されていたPBLのサウンドアレンジに変化を加え、ナカノを極力歌に専念させると共に、恒松がその才能をより発揮しやすいよう、ギターの音数を減らして隙間を用意した。それに対し恒松は、水を得た魚のように隙間のできた空間を自由自在に泳ぎ回っては、これまでにない斬新なアレンジを生み出していく。その頃からPBLはライブにシンク(事前に作っておいたカラオケのこと。これに合わせてバンドが生演奏を重ねていく)を導入し、最初は難色を示したドラムの伊藤も、何度かライブを重ねるうちに、シンクとの相性の良さに気づいていった。

2010年2月、PBLは自主企画『MEKON!』でこの新しいライブスタイルを本格的にスタートさせ、冒頭に書いた7月の10周年記念ライブではすでに形になりつつあった。これによって、ナカノの歌に恒松のキーボードというPBL独自の個性が際立ち、加藤の描いたシナリオの下準備が整った。

そして加藤は、2011年1月にセカンドアルバムをリリースすることを決め、その事前プロモーションを兼ねた『イチから出直しツアー』を10月から11月に行うための仕込みも完了させる。だが、それにも関わらず、加藤は8月に入ってからそのシナリオを大幅に書き換えたのだ。新たなシナリオで、空白の5年間に作りためた楽曲でセカンドアルバム『Lost & Found 〜2006-2010〜』を作り、10月からのツアーで手売り販売することが決まり、そしてさらに、新機軸の楽曲をまとめたサードアルバムを、当初予定していた1月にリリースすることが決まった。

PaperBagLunchbox

しかしこれは、無謀なシナリオだと言わざるを得なかった。どう考えても、スケジュールのつじつまが合わない。シナリオ変更を決定した時点で、セカンドのレコーディングをスタートさせてから、ツアーが始まるまで、すでに残り1ヶ月しか時間がない。CDプレス期間を考えると、2週間ほどでアルバムのレコーディングからミキシング、マスタリングの全行程を行わなければならないのだが、これは普通、どんなに急いでも1ヶ月はかかる作業行程だ。しかも、一度は作ろうとして挫折した因縁のセカンドアルバムを、そんな急ピッチで仕上げられるとは思えない。そして、もしそれが作れたとしても、今度はツアーをしながらサードアルバムを作らなければならないのだ。ツアーのためのリハーサルをする時間もない。

そして肝心のサードアルバム。事前プロモーションを行うために、完成した作品をメディアやお店に配る必要があるため、これもやはり1ヶ月前後という短期間で作り上げる計算になる。それなのにサードアルバムは、どの曲を収録するか決まってもいないのだ。最終的にはアルバムのタイトル曲でオープニング曲になった"Ground Disco"も、加藤はアルバムには入れないつもりでいたくらい、何にも決まっていない。そんなスケジュールで、ツアーをしながらアルバムを作るなど、端からみれば無謀というか、自殺行為にしか思えないシナリオだった。

PAGE 1 > 2 > 3

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄