特集 PR

音楽を、やめた人と続けた人 第5話:ターニングポイント

連載『音楽を、やめた人と続けた人』  〜PaperBagLunchbox 空白の5年とその後〜 第5話:ターニングポイントをdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 連載『音楽を、やめた人と続けた人』  〜PaperBagLunchbox 空白の5年とその後〜 第5話:ターニングポイントをlivedoorクリップに追加 (2011/01/11)

第2話で書いた通り、メジャーレーベルとの契約話が白紙になり意気消沈していたPBLを奮い立たせ、因縁のセカンドアルバムへ再び目を向かせた加藤だったが、すぐにアルバム制作を始めるわけではなかった。虎視眈々とPBL再起のシナリオを描き、新しいPBLを打ち出すための楽曲制作期間を設けたのだ。

加藤孝朗

その際、「PBLのサウンドをよりダンスミュージックに近づける」という提案をバンドに行ったのも加藤だった。それまで恒松のキーボードとナカノのギターで構築されていたPBLのサウンドアレンジに変化を加え、ナカノを極力歌に専念させると共に、恒松がその才能をより発揮しやすいよう、ギターの音数を減らして隙間を用意した。それに対し恒松は、水を得た魚のように隙間のできた空間を自由自在に泳ぎ回っては、これまでにない斬新なアレンジを生み出していく。その頃からPBLはライブにシンク(事前に作っておいたカラオケのこと。これに合わせてバンドが生演奏を重ねていく)を導入し、最初は難色を示したドラムの伊藤も、何度かライブを重ねるうちに、シンクとの相性の良さに気づいていった。

2010年2月、PBLは自主企画『MEKON!』でこの新しいライブスタイルを本格的にスタートさせ、冒頭に書いた7月の10周年記念ライブではすでに形になりつつあった。これによって、ナカノの歌に恒松のキーボードというPBL独自の個性が際立ち、加藤の描いたシナリオの下準備が整った。

そして加藤は、2011年1月にセカンドアルバムをリリースすることを決め、その事前プロモーションを兼ねた『イチから出直しツアー』を10月から11月に行うための仕込みも完了させる。だが、それにも関わらず、加藤は8月に入ってからそのシナリオを大幅に書き換えたのだ。新たなシナリオで、空白の5年間に作りためた楽曲でセカンドアルバム『Lost & Found 〜2006-2010〜』を作り、10月からのツアーで手売り販売することが決まり、そしてさらに、新機軸の楽曲をまとめたサードアルバムを、当初予定していた1月にリリースすることが決まった。

PaperBagLunchbox

しかしこれは、無謀なシナリオだと言わざるを得なかった。どう考えても、スケジュールのつじつまが合わない。シナリオ変更を決定した時点で、セカンドのレコーディングをスタートさせてから、ツアーが始まるまで、すでに残り1ヶ月しか時間がない。CDプレス期間を考えると、2週間ほどでアルバムのレコーディングからミキシング、マスタリングの全行程を行わなければならないのだが、これは普通、どんなに急いでも1ヶ月はかかる作業行程だ。しかも、一度は作ろうとして挫折した因縁のセカンドアルバムを、そんな急ピッチで仕上げられるとは思えない。そして、もしそれが作れたとしても、今度はツアーをしながらサードアルバムを作らなければならないのだ。ツアーのためのリハーサルをする時間もない。

そして肝心のサードアルバム。事前プロモーションを行うために、完成した作品をメディアやお店に配る必要があるため、これもやはり1ヶ月前後という短期間で作り上げる計算になる。それなのにサードアルバムは、どの曲を収録するか決まってもいないのだ。最終的にはアルバムのタイトル曲でオープニング曲になった"Ground Disco"も、加藤はアルバムには入れないつもりでいたくらい、何にも決まっていない。そんなスケジュールで、ツアーをしながらアルバムを作るなど、端からみれば無謀というか、自殺行為にしか思えないシナリオだった。

PAGE 1 > 2 > 3

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影