特集 PR

10万人の食卓風景から考える現代の食事 映画『聖者たちの食卓』

10万人の食卓風景から考える現代の食事 映画『聖者たちの食卓』

小林英治
イベント写真提供:アップリンク

インドのシク教総本山にあたる「黄金寺院」とも呼ばれるハリマンディル・サーヒブでは、毎日10万食が巡礼者や旅行者のために、すべて無料で提供されている。自らも移動式キッチンのシェフとして腕をふるうベルギーのフィリップ・ウィチュスとヴァレリー・ベルト夫妻は、この途方もない規模の食事が誰の手によってどのようになされるのか、その準備から片付けまでの全貌をカメラに収め、ドキュメンタリー映画『聖者たちの食卓』を作り上げた。食事をとることと、その食事がどのように食卓に届けられているかが切り離されがちな現代社会において、この映画は厨房の圧巻の風景に焦点を絞ることで、見る者に「食」という人間の営みを改めて考えるきっかけを提供する。

上映に先がけ、9月18日にカレー付きの先行上映をプロデュースした、インド料理を研究する日印混合料理集団「東京スパイス番長」のメンバーのトークも交えながら、我々の日常とは異なる、1つの食の在り方に迫ってみたい。

500年以上続く、10万人分の食事提供の舞台裏

インドと聞いて、どんなイメージを思い浮かべるだろう? ガンジス川での沐浴、世界中から集まるバックパッカー、急成長する経済発展、独特の訛りのインド英語、歌って踊るボリウッド(インド・ムンバイの映画産業)の娯楽映画……など、その印象は人によって様々かもしれない。しかし誰もが連想するイメージの1つが、カレーをはじめとしたスパイスをふんだんに使ったインド料理ではないだろうか?

多民族多宗教が混在し、20以上の公用語があるといわれるインドでは、その料理も地方によってさまざまなバリエーションがある。日本でも街を歩けばさまざまなインド料理のお店を見つけることができるし、書店の料理コーナーに行けばたくさんのレシピ本を手にすることができるだろう。とは言っても、その料理が現地でどのような場所で作られ、どのように食べられているのかは、実際にインドに行ってみなければ分からないし、同じ料理でも、街中の屋台と高級レストランの厨房と家庭の台所とではまた異なる。

映画『聖者たちの食卓』は、パキスタンと国境を接するパンジャーブ州の都市アムリトサルにあるシク教の聖地「黄金寺院」で、500年以上にわたって受け継がれているある食事提供の舞台裏を、初めて映像でとらえたドキュメンタリー作品だ。

『聖者たちの食卓』 ©Polymorfilms
『聖者たちの食卓』 ©Polymorfilms

「すべての人は平等である」という教義を形にした無料食堂

シク教とは、ヒンドゥー教が80%近くを占めるインドにおいて、主にパンジャーブ地方の人々を中心に全人口の約2%が属している。「ターバンを巻いている」というインド人男性に対するイメージは、実はこのシク教徒のものだ(ちなみにプロレスラーのタイガー・ジェット・シンもシク教徒)。16世紀に始まった比較的新しい宗教で、ヒンドゥー教とイスラム教の融和をはかったといわれ、儀式や偶像崇拝を禁じ、カーストや出家を否定している。そのシク教徒にとって、「黄金寺院」と呼ばれるハリマンディル・サーヒブはもっとも神聖な寺院であり、白い壁に取り囲まれた人工の四角い池に浮かぶ石造りの孤島で、文字通り金色の輝きを放っている。

『聖者たちの食卓』 ©Polymorfilms
『聖者たちの食卓』 ©Polymorfilms

徐々に観光スポットとしても知られつつある「黄金寺院」では、ここを訪れる人々に対して、毎日10万食もの食事が無料で振る舞われているという。グル・カ・ランガル(共同食堂)と呼ばれるこの習慣は、「宗教、カースト、肌の色、信条、年齢、性別、社会的地位に関係なく、すべての人々は平等である」というシク教の根幹をなす教義を守るために考案されたもので、シク教徒以外のインド人だけでなく、定められたルールを守れば世界各地から訪れた観光客も区別なく腹を満たすことができる。しかも、その調理の担い手はすべて無償で働くボランティア。ベルギーから訪れた映像作家のフィリップ・ウィチュスとヴァレリー・ベルト夫妻は、何世紀にもわたって続くこの「聖なるキッチン」のコンセプトに感銘を受け、映画の制作を決意した。

1度に5,000人がとる食事はどのように作られているのか? 自ら移動式キッチンのシェフとしても腕をふるうという監督は、完成した料理そのものではなく、それを成り立たせている舞台裏を1か月かけてくまなく撮影。あらゆる差別や偏見を超えて、同じ鍋のご飯を食べる巨大な団らんを、65分間の映像にまとめあげた。

Page 1
次へ

作品情報

『聖者たちの食卓』

2014年9月27日(土)から渋谷アップリンクほか全国順次公開
監督:フィリップ・ウィチュス、ヴァレリー・ベルト
配給:アップリンク

プロフィール

東京スパイス番長(とうきょうすぱいすばんちょう)

インド料理を研究する日印混合料理集団。出張料理ユニット「東京カリ~番長。」の調理主任を務める水野仁輔、インドアメリカン貿易商会3代目のシャンカール・野口、アナンコーポレーション3代目のメタ・バラッツ、日本最初のインド料理専門店「ナイルレストラン」3代目のナイル喜己の四人組ユニット。スパイス界のサラブレッド集団として、インドを軸にしたスパイス料理の探究と普及に取り組んでいる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも