特集 PR

アートになった「快感のオブジェ」TENGA展レポート

アートになった「快感のオブジェ」TENGA展レポート

宮崎智之(プレスラボ)
2011/08/16

「オナニーに革命を」をキャッチフレーズに、アダルトグッズ界に旋風を巻き起こし続けている「TENGA」。8月5日〜7日に、新製品「TENGA 3D」をテーマにしたアート展『TENGA展 〜TENGA 3D MUSEUM OF ART〜』が原宿で開催され、写真家の荒木経惟さんらが作品を出品して話題になった。「なぜ、TENGAがアート展を?」と思うかもしれないが、TENGA 3Dは保管する際の外観にもこだわった「快感のオブジェ」として、荒木さんも「アートそのものだろ!」と太鼓判を押すほどの造形美を誇る商品。TENGAをモチーフにしたアート展が開かれたのは、ある意味自然な成り行きだったのかもしれない。ということで、今回は開催に先立って行われたオープニングセレモニーに参加し、TENGA 3Dが持つアート性について探ってみた。

「内側は外観である」という発想の転換

まず、TENGAについての基礎知識から。詳しい使用方法は割愛するが、TENGAは男性がマスターベーションの際に用いる商品で、いわゆる「オナホール」の一種。世界40か国以上で、年間100万個以上の売り上げがあるそうだ。

アートになった「快感のオブジェ」TENGA展レポート
TENGA 3D ※クリックで拡大

今回発売された新作のTENGA 3Dは、使用後に洗い、裏返して乾かすという一連の流れを念頭に置いたうえで、「保管中も楽しめるように」と内側部分に美しい造形をほどこした商品。松本光一社長がオープニングセレモニーで、「『これまで内部形状だった内側はむしろ外観である』という発想の転換は、TENGA 3Dに美しい彫刻のような外観をもたらしました」と話したように、アダルトグッズをアート作品の域まで高めた意欲作だ。

ちなみにTENGA 3D には「スパイラル」、「モジュール」、「ゼン」、「ポリゴン」、「パイル」の5種類があり、形状によって「使用感」が違うそう。当然、使用感には個人差があるうえ、文章で表現することが難しいセンシティブな問題も含まれているので、こればかりは「実際に購入して試して下さい」としか言えそうにない。

オープニングセレモニーでは荒木さんのほか、出品アーティストである美術家の椿昇さん、映像ディレクターでOff-Nibroll主宰の高橋啓祐さん、フラワーデザイナーの角浩之さんがステージ上に登壇。松本社長からTENGA 3Dが贈呈され、ご満悦の表情でマスコミによる写真撮影に応えた。

アートになった「快感のオブジェ」TENGA展レポート
左から、高橋啓祐、角浩之、松本社長、椿昇、荒木経惟 ※クリックで拡大

「TENGAはアートそのもの」の真意

それでは、いよいよ具体的に出品作品を見ていこう。まずは、荒木さんによる写真作品から。

アートになった「快感のオブジェ」TENGA展レポート
※クリックで拡大

被写体になったのはコラムニストの辛酸なめ子さんやヨーガ講師の千葉麗子さん、漫画家の内田春菊さん、美術家のヴィヴィアン佐藤さん、ダンサーの伊藤キムさんの5人。

辛酸さんは撮影のためスタジオ入りした際に、置いてあったTENGAをおしぼりと間違えたエピソードを取材陣に披露。男性を虜にするアダルトグッズとしての機能だけではなく、造形美を兼ね備えたTENGA 3Dに対しては「女性にとっては手強いライバル」と警戒心をあらわにしていた。

また千葉さんは「息子が小学校6年生で、性に目覚めてくる時期なのでTENGAにとても興味があります。使わせないですけど」と笑顔。

アートになった「快感のオブジェ」TENGA展レポート
左から、辛酸なめ子、千葉麗子、荒木経惟 ※クリックで拡大

セレモニーの壇上でTENGA 3Dを「アートそのもの」と評価した荒木さんに、懇親会でその真意を尋ねると、以下のようなコメントが返ってきた。

「人間は『俗』から離れて生きたら駄目なんだよ。最近はコンセプトとか観念とか言い過ぎているけど、アートというものは本来、人間っぽさを引き出すものでなくてはいけないと思うんだ。そういう意味ではアートそのものだろう? テンガは」(荒木さん)

確かに、TENGAは「俗」っぽさと「美」が結びついた存在であり、そこに荒木さんはアートを見出したのだろう。アラーキーならではの視点に感銘を受けつつ、続いて美術家の椿昇さんにお話を伺った。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催