特集 PR

ザ対談小屋・東京カランコロン食堂!第1回:ファンタジスタ歌麿呂
メンバー全員即答で「avex traxがいい!」って決めたんです。だって、派手だし、一番面白いでしょ? バブル全盛みたいなイメージで。(いちろー)

―「フユ盤」のコンセプトも夏の時点からあったんですか?

いちろーいやいや、なかったですよね? 突如でしたよね? 歌磨呂さんの思いつきでしたよね?(笑)

ファンタジスタ歌麿呂「ナツ盤」のときのアイデアって、さっき話したようにちょっとテクニカルなことだったんですよ。で、冬盤のときに最初に出したアイデアも、撮影した素材をミニチュアにしてホームパーティーみたいにして撮影するっていう、やっぱりテクニカルなもので。でも、テクニカルなテイストでイメージを限定させると見る人もそれに慣れて見方に観念が生まれてしまうと思って、180度回転させてもっと感覚的な言葉では説明しきれないような方向にしてもいいかもって思って。それで、「思いっきりトレンディドラマみたいのにしませんか?」みたいなことを言ったら、「いいね!」ってなった(笑)。

せんせい歌磨呂さんが「別のアイデア思いついた!」とか言って、鉛筆で私ら5人がこういう風に立ってるイラストを作ってきて。見た瞬間「これいい!! これにしよう!」って(笑)。

いちろーもう、絵の感じがやばかったっすね(笑)。

『きらめき☆ドラマティック』2012年11月21日リリース

せんせいもうそのままでもいいぐらい。めちゃくちゃよかった。

ファンタジスタ歌麿呂90年代初頭のトレンディドラマみたいな格好をして立ってるだけなんだけど、ヌケがあって、「おおっ!」みたいになるんですよね。今の時代だからこそできるものだし。エンドのテロップで、「つづき」って書かないで「To Be Continued」って綴っちゃう、みたいな90年代初頭のトレンディ感はやっぱり胸に突き刺さるんですよね。

―いちろーさんは、この頃のインタビューで「バブリーな感じ」ということをよく言ってましたよね。それともリンクしたアートワークだったと思います。

いちろーバブリー感は出していきたいと思ってましたね。エイベックスというレーベルにもそういうイメージがあるじゃないですか? で、僕らがもともといたシーンというか、DIYだったりインディペンデントな感じでやってるバンドのシーンの人たちって、お客さんが潔癖なんですよ。お金をかけたり、派手にやることに対して嫌悪感を抱くというか。俺、メジャーデビューしてそこが一番びっくりしたとこだった。「そんなに!?」みたいな。お客さんの反応から知った、エイベックスに対する悪いイメージ(笑)。

せんせいすごかったよね(笑)。

いちろー「そんな悪い!?」と思って。だって、俺はレキシとか、氣志團とか、the pillowsとか、いいアーティストが沢山いるの知ってるから。

ファンタジスタ歌麿呂そんなにだったんだ(笑)。

せんせいさん

いちろーでもエイベックス内でレーベルの名義を選べるって話をされたときに、メンバー全員即答で「avex traxがいい!」って決めたんです。だって、派手だし、一番面白いでしょ? バブル全盛みたいなイメージで。

ファンタジスタ歌麿呂経費使いまくってるみたいな?(笑)

いちろーそうそう(笑)。どうせメジャーに行くなら、全部を派手にやりたいっていうのがあって。ほんとこの2枚はそれが如実に出ててよかったなって思ってますね。

―ここまで吹っ切ってやると逆に痛快さに変わるっていうね。

いちろー思いっ切り出しちゃうのが驚きとか、ギャグになり始めてる。うちらの思い描いてたことに、ようやくなってきてる感がありますね。それは本当にこのアートワークのおかげもあるし、やってよかったなって思います。これだけいいものができて、この2枚のクオリティーと遊び心がちゃんとお客さんに伝わったから、ちょっと状況が変わったと思うんです。これがヘボいやつだったらやばかったですよ(笑)。

―「思わず笑っちゃう感じ」を大事にするって、東京カランコロンのバンドの主張としてあるじゃないですか。それって以前からあったものなんですか?

東京カランコロン

いちろーわりとあるよね?

せんせいうん。でも別に私らは「このバンドはこういう風な感じでいこう」と話し合って決めたわけじゃなくて。自分たちが楽しくなかったらやる意味ないし、楽しくないならやめるっていう気持ちで取り組んでるから、自然とそうなった感じだと思う。

ファンタジスタ歌麿呂見てるとみんな、めっちゃ仲いいですもんね。

いちろーツアーとかでも、5人でいたらぺちゃくちゃずっと喋ってますね(笑)。「なんか食べに行こう」とかそんなんばっかり言って。

せんせい確かに。ウチらは5人が一緒にいるんですよね。みんなが気を遣って仲良くしてるわけじゃなくて、ちゃんと言いたいことも言うし。でも、それを引きずらないんですよね。

PAGE 1 > 2 > 3 > 4

『ザ対談小屋・東京カランコロン食堂!』連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年